TOP

Kerasで転移学習が出来るまで頑張る会 vol.11

イベント内容

今回の内容

Vol.10までは、

  • ディープラーニングの基礎、数学(行列)の基礎的なところ
  • Jupyterを使って、全結合型のニューラルネットワークを動かす
  • Colaboratoryを使って、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を動かす
  • 転移学習でよく使われる VGG 16 というモデルを Keras で動かす

と言ったところを進めてきました。
今後は、具体的な課題を設定して進めようとしています。

課題を持っている方は持ち寄って下さい。
特に課題を持っていない方も、参加者の課題を共有して一緒に考えながら学んでいきましょう。

想定している課題

主催のフリーグーフォ合同会社では、お豆腐屋さんのお手伝いもしています。 その関係で お豆腐の売上予測をしたいと考えています。

イベント概要(始まった経緯を備忘録的に)

@nuki_pon は、昨年からディープラーニングの勉強会や書籍などを読みながら一つの結論に達していました。

僕には、ディープラーニングはまだ早い。他にやるべきことがあるはず

ディープラーニングを本格的にやるには、モデルを作るところからやる必要があり、そこで使うアルゴリズム、パラメータなどまだまだ職人技が必要で、ある程度時間とサーバーリソース(≒お金)をかけてやっていく必要があると判断したためです。

今後、世界の職人さんたちがモデルを作ってくれて、それを使って転移学習ができるようになってから触ろうと考えていました。

その後、茅ヶ崎でFG-Spaceを作ることになり、 @sfujiwara さんと話をしていたら、

「金曜日なら茅ヶ崎で勉強会してもいいですよ!」

とのありがたいお言葉を頂きました!!

ということで、(@nuki_ponが)kerasで転移学習ができるようになるまで頑張る会。が立ち上がりました。

転移学習には、keras の方がやりやすい。という事で、kerasにしていますが、バックエンドではTensorFlowが使われているという事で、今後の流れ次第でTensorFlow等も対象にしていきたいと思います。

先生

Shuhei Fujiwara (@sfujiwara)

株式会社トップゲート MLマン

準備しておくとよいもの

実際に動かしてみるのに便利なので、なるべくjupyter (Cloud Datalabも可)を事前に準備してきてください。

※ 少し早めに来ていただければ導入おサポートも可能です。

Pythonは、基本的にはPython2系を使って行きますが、なるべく3系でも動くコードを用意して頂いていますので、好みに合わせて頂ければ大丈夫だと思います。

FGStudyについて

茅ヶ崎を中心に活動している、フリーグーフォ合同会社 (FreeGufo G.K.)が運営するWeb系の勉強会です。

会場について

会場は、イベント等が入っていなければコワーキングスペースとして利用が可能です。

勉強会前にコワーキングされる場合は、コワーキング料金と合わせて 1,100円 で参加が可能です。

店舗前に、自転車、バイクの駐輪が可能です。

駐車場はありません。近くのコインパーキングをご利用下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。