TOP

ディープラーニングアプリケーションをつくろう(ハンズオン形式)

イベント内容

概要

AIを使いこなす側になるか。AIに使われる側になるか。

コンセプトは、AIを使いこなせるようになろう!です。 社内で勉強会を開催している内容をアレンジして公開させていただきます。

身につくスキル

  • ディープラーニングの有用性を理解できます
  • ディープラーニングをアプリケーションに組み込むまでの流れが理解できます
  • CNNの理論を理解し、Kerasのコードを読めるようになります(TensorFlowに変更の場合があり)

対象者

  • 微分や行列の数学知識を有する人
  • 少しでもコードを書いたことがある人

対象者ではない人

  • CNNを理解している人
  • 学習済みモデルをアプリケーションに組み込んだ経験がある人

日時

  • 2018/5/6(日) 10:00-18:00(途中、複数回休憩あり)
  • 希望者は、夜、飲みに行きましょう

会場

株式会社プレジニア 渋谷区渋谷二丁目4-6 野村ビル301

カリキュラム

理論編 〜AI革命について

  • なぜディープラーニングを学ぶ必要があるのか
  • なぜAIがブームになっているのか
  • ディープラーニングで何ができるか
  • ディープラーニングとその他機械学習の違いは何か

実装編

  • データ収集
  • 前処理
  • CNN構築
  • 学習
  • 評価
  • アプリケーション化

講師プロフィール

起業家、プログラマー。松尾研究室主宰Deep Learning Course graduate. ディープラーニングの社会実装をミッションに会社を経営。上智大学理工学部卒。

持ち物

macOS搭載PC(Windowsは要相談)

費用

初回なので無料です。次回以降有料にします。

事前準備

AnacondaとKerasをインストールしておいてください

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/06(日)
10:00〜18:00
参加者
8人 / 定員8人
会場
株式会社プレジニア
渋谷区渋谷二丁目4-6 (野村ビル301)

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。