TOP

社会人として知っておきたい中学・高校の数学② 集合、場合の数・確率、数列 #8

イベント内容

内容概要

AI・機械学習のブームの影響もあるのか、最近数学について勉強し直したいという声を
多数いただきます。
これまで実施していた企画では『高校レベルまではなんとなくは覚えてますよね』を
前提として進めていたので、数学をそこまでやってこなかった方にとっては敷居の高い
内容となってしまっていたようです。

そのため高度な内容に入る前段階として、for Beginnersグループを作成し今後は基礎的な
内容を丁寧にやっていけたらと考えています。

今回は、中学・高校数学の数学を3回でざっくりと把握することを目標とします。
色々と整理の仕方を考えましたが、
・関数、微分、積分
・集合、場合の数・確率、数列
・ベクトル、行列、線形代数(線形代数だけ大学の内容ですが、簡単なところは同時にやる方が良いので)
が良いのではと思いまして、第二回として『集合、場合の数、確率、数列』を取り扱います。
3週に一度それぞれ打ちますので、順不同でどれから受けていただいても大丈夫です。3回終わったらまた
関数、微分、積分を打つ形となります。)

教科書通りの説明をしても退屈だと思いますので、『知ることで何が嬉しいのか』という
話もなるべく多く盛り込むようにできればと思います。
よろしくお願いいたします!!

身につく内容

・集合論について理解できます
・場合の数や確率の基本と、集合論を用いた表記について理解できます
・数列と極限のイメージを掴んで簡単な演習問題が解けるようになります
・簡単な演習問題を解くことでそれぞれの分野について実感の伴った理解が可能です

開催日程

5/13()
受付:09:5010:00
講義:10:0011:30
問題演習、質疑応答:11:3012:30 

会場

水道橋駅、神保町駅、九段下駅周辺
お申し込みいただいた方に別途ご連絡させていただきます。

カリキュラム

・講師自己紹介
・集合とは何か、記号での表現とベン図での表現
・場合の数とは、順列、組み合わせ
・数列とは何か、一般項と漸化式
・等差数列と等比数列
・Σと和の計算
・問題演習


内容の一部抜粋となっています。

対象者

・該当分野の入門者の方、初学者の方
(数学苦手な方も事前知識ゼロの方もちゃんと講師が丁寧にフォローアップできればと
思っていますので、来ていただいて大丈夫です。)

講師プロフィール

阪大大学院数学専攻卒。大阪府出身。
プログラマ、大手SIerで公共系基盤設計、医療系システムコンサルタント等を経てAIベンチャーにて
PM兼リサーチャー。大手から中小企業まで数多くのシステム開発プロジェクトで10年以上の
マネジメント経験あり。基盤設計、統計学、機械学習、深層学習、組織論、リーダーシップ論等をテーマに、
社内外で勉強会の講師の経験多数。
高校数学に関しても学生時代に塾の経営をしており、豊富な指導経験を持つ。

主催者プロフィール(教材監修)

東大工学部卒。
データ分析/AI開発の仕事の経験は5年ほどで、理論/開発/ビジネスのどれも経験があり強い。
また、多くの業界のプロジェクトに関わったためドメイン知識も豊富。
初心者向けの指導実績も多く、400名は越える。

当日のお持物

ノートとペン(板書や簡単な計算問題を元にイメージを掴んでいただければと思っています)

当日までの事前学習

なし

領収書

領収書の発行も可能ですのでご希望の方はその旨お申し付けいただければと思います。
(事務手数料として、追加500円を含んだ金額でのお支払いと発行とさせていただきます。)

備考

今後の日程に関しては基本的に日曜の10時〜12時半で毎週行なっていく予定です。
内容的に順不同ではあるので、3週おきに各テーマを打っていく形とできればと考えています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。