TOP

VSTSをはじめからていねいに

イベント内容

※本イベントでは、ご参加者自身のブログにて、Azure Antenna で受講いただいた体験をご紹介いただける方に、優先的に参加いただけるよう、抽選前に指名させていただきます。対象者多数の場合は、申込み先着順に指名させていただきます。

VSTSを使って開発サイクル、デプロイサイクルをパイプラインで構成するワークショップ

ソースコードマネージメントツールといえば、GitHub、Bitbucket、Gitlab。
CI/CDのためのタスク管理、パイプライン管理といえば、Jenkins, CircleCI, Gitlab。
いえいえ、Microsoft自身もVisual Strudio Team Service というCI/CD支援ツールを開発しています。
VSTSは、Windows Applicationのビルドだけではなく、Javaやnodejsのビルド/アーティファクト作成に対応しているため、多くの開発者にとって有用なツールになるでしょう。
また、Azureとの親和性も高く、アーティファクトのデプロイ、テスト、テスト環境と本番環境の用意と切り替えも簡単に行うことができます。

本ワークショップを受講することで、VSTSを使った基本的なCI/CDの実践を行うことができます。
CI/CDってよく聞くけど、何から初めて良いかわからないかた、はじめの一歩が踏み出せない方、気軽にご参加ください。

持ち物:
- ブラウザが稼働するPC
- Azure のサブスクリプション(試用でも、MSDNの特典でも、企業でご契約されているものでも構いません。リソースが作 成できるものをご準備ください)

<予定しているアジェンダ>

時間 アジェンダ
13:00-13:30 受付
13:30-14:00 前半 説明
14:00-15:00 前半 ワークショップ・適宜QA
・VSTSへのサインイン
・プロジェクトの作成
・ダッシュボードの基本操作の確認
・Gitを使ったサンプルアプリのアップロード
・ビルドパイプラインの作成と実行
15:00-15:15 休憩
15:15-15:45 後半 説明
15:45-17:00 後半 ワークショップ・適宜QA
・Azure側での準備
・リリースパイプラインの作成と実行

※アジェンダは変更になる可能性がございます

※ご参加にあたっては、Azure 無料アカウントまたはすでにお持ちの Azure アカウントとブラウザが使える PC 環境をご準備ください

◆◇ Azure Antenna 公式ハッシュタグ #aajp ◇◆

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。