機械学習 浜名湖 勉強会 ~続、数学やNNの基礎編~

イベント内容

機械学習 浜名湖 勉強会 (第8エポック目)

内容

  1. ロジスティック回帰分析のコード実行例・ハンズオン
    • ロジスティック回帰を使って、2種類のアヤメの分類をscikit-learn等のライブラリを用いず、numpyとpandasを使って実装します。時間があれば、scikit-learnを利用する方法も行います。(10/07追記)
  2. コンボリューションの解説 と Tensorflow 概論

※ 内容は都合により変更になる場合があります。

LTなど

告知やLTをしたい方は当日時間枠を設けるので是非どうぞ。

前回までのあらすじ

数学やNumpyの基礎をやったり、Google Colaboratory 上で 画像認識CNNのハンズオンをやったり、いろいろやっています。

  • Google Colaboratory の使い方
  • Keras で CNN の構築。
  • データセット CIFAR-10 等を用いて 画像認識の学習と推論
  • 画像のデータ拡張の実践。(KerasのData AugumentationのAPIを使用)
  • 転移学習の実践。
  • Colaboratory上でTensorBoard を用いて学習状況の確認。t-SNEによる表示。
  • Numpyのお勉強
  • EMアルゴリズムの詳細解説

上記の過去のハンズオンの資料や実行できるコードは、勉強会Slackにて配布しています。 次の勉強会のネタやリクエストなどありましたら、どうぞ。
また、LTなどネタの持ち込みは大歓迎です! お気軽に発表してください!

必要なもの

  • PCを持参した方が、その場で実行とかできるので良いかもしれません。
  • Slack : 本勉強会では情報交換や資料の配布などはSlackを使っています。URLなどは事前に案内します。

想定参加者

  • 機械学習とかデータ分析とかに興味のある方。
  • 参加者のレベルは、ZeroからDeepまで。

当日・会場について

  • 部屋名は「第2講座室」です。会場名は機械学習浜名湖となっています。
  • 会場の「南部協働センター」は浜松駅から徒歩15分ほどです。南部図書館の隣です。無料駐車場があります。
  • 無線LANはありません。
  • 電源はあります。
  • 勉強会の後、ファミレス等で懇親会をします。当日お気軽に参加ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント