リモートワーク、複業時代の「自分戦略」

イベント内容

リモートワーク、複業時代の自分戦略を考えてみる

1つの組織に居続けることは稀になり、所属する組織が変える…いわゆる転職…も多くの人が体験しています。
さらに最近では同時に複数の組織に属したり、複数の仕事を同時に行う”複業”する人も多くなっています。

その複業のやり方もクライアントなどの場所に赴くこともあれば、リモートワークで行うなど選択肢が多くある世の中になっています。

そんな選択肢が多い中、どの現場でどのような値打ちを出すのか?といったことを自ら考える「自分戦略」が大事になってきます。

unsplash-logoJESHOOTS.COM

こんな方はぜひお越しください

1:自分のキャリアに複業をどのように組み込もうか興味がある方
2:自分より上の世代の人がどのように自分戦略を考えているのか興味がある方

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

コンテンツ(予定)

1:セッション(各30分ずつ程度の予定)
1−1:アラカンエンジニアがたどり着いた生き方
<話し手>中村 久司

Sunvisor Lab. 代表(個人事業主)、株式会社ネットスパイス プログラマー
奈良在住のアラカンエンジニアです。
大学職員からエンジニアに転身するという変態的な経歴を持っています。
5年ほど前に「Sencha Touch 2 実践開発ガイド」という本を出しました。
現在は、株式会社ネットスパイスでプログラマーとして働くかたわら、個人事業主としての仕事をしています。
JavaScript/Sencha/Vue.js/PHP/Symfony あたりが現在の得意分野です。

<概要>
大学職員からWeb業界に転身して、
会社に所属するプログラマーと個人事業主という二足のわらじを履いている私ですが、
どうしてこうなっちゃったのかを振り返り、次のような内容で、複業とリモートワークの実際をお伝えしたいと思います。

  • 複数の仕事をすることにしたのはなぜなのか。
  • リモートでの仕事って実際どうなのか。
  • 会社と個人の事業って両立できるのか。
  • 家族と仕事の関係はどんな感じなのか。

1−2:複業に挑戦しよう。その前に!(仮)
<話し手>大西 徹(@rsummer9)

アールサマー代表(個人事業主)
高校卒業後、工業薬品メーカーに就職。研究所勤務。実験データの解析などを行うため独学でプログラムやDBを扱えるようになる → 同僚と起業を目指し退職するも1年で断念 → 個人事業主としてITサポート業を開業 → 契約社員・プログラマーとして請負常駐 → 常駐先へ転職。PM業中心生活に疲弊 → 療養、退職を決意 → 個人事業主頑張り中。
ITコンサル・サポート業、ビジネスアジリティコーチ、読書会コミュニティを営む。

<概要>
会社員と個人事業主を経験して思ったこと。
自分のビジネス、スキルのポートフォリオは?誰が協力者か?いや、そもそも何がしたいんだっけ?
複業したいと思っている人は、複業すべき。と思っているけど、ちょっとだけ注意点をお伝えします。

  • 誰もが複業すべきという仮説
  • 「業」って何なん?
  • 「エフェクチュエーション」を知ってほしい

2:ダイアログ
数人のグループで、話し手が語ったキーワードなどをインプットに話し合います。

今回のテーマの対象領域

キャリア

受付開始

19時からです。

スタッフ

中村 洋@yohhatu

ハッシュタグ

DevKan



※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は以下でお気軽にどうぞ。
1:ハッシュタグ #DevKan を付けてつぶやいていただく
2:右上の「主催者にお問い合わせ」からメールを送る

DevLOVE関西のFacebookグループはコチラ!ぜひご参加下さい。
DevLOVE関西

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。