ML in Finance Meetup #1

イベント内容

(2019/5/17) 定員に達したため80名から90名に増枠いたしました。(おそらくこれ以上は厳しそうです。)

(2019/5/14) 定員に達したため60名から80名に増枠いたしました。

イベント概要

金融×機械学習の勉強会を定期的に開催したいと思って企画しました。

第1回ということで特別に、AI運用コンペの入賞者に登壇していただきます。
今年の1月から3月までに、学生限定のイベントであるAI運用コンペティションが行われました。
詳しい概略は以下にございます。
https://ps.nikkei.co.jp/fdc2019/contents/06/

今回のAIコンペでは、審査委員長には松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科 人工物工学研究センター / 技術経営戦略学専攻 教授)を中心に、主催POL、共催milize、協賛にはアセットマネジメントOne、日本生命、ニッセイアセット、三菱UFJ信託銀行など様々な金融機関を巻き込んで大きな学生コンペティションになりました。

本イベントでは、上位入賞者によるコンペでの株価予測の手法を発表していただきます。

その他、ゴールドマン・サックス証券や野村ホールディングでクウォンツやリスク管理に携わっていたmilizeの伊藤氏にも登壇していただきます。

機械学習の金融領域での応用や株価予測に興味のある方は、ぜひご参加ください。

対象

  • 機械学習による金融領域の応用に興味がある方
  • 株価予想に興味がある方
  • 機械学習、または金融工学分野をこれから勉強したい方
  • 松尾先生が評価した優秀な学生のプレゼンを聞きたい方 など

会場案内

LEC水道橋本校(東京都千代田区神田三崎町 2-2-15 Daiwa 三崎町(受付 1 階))

タイムテーブル

時刻 発表内容 登壇者
18:40 - 19:00 受付・開場
19:00 ~ 19:10 開催の挨拶・趣旨の説明
19:10 ~ 19:50 チャート画像を用いた株価予想モデルの作成 井ノ上 雄一さん(京大)
19:50 ~ 20:00 休憩
20:00 ~ 20:25 ALife(人工生命)理論を用いた株価予測ALife(人工生命)理論を用いた株価予測 柳辺 十武さん(慶大)
20:25 ~ 20:50 経験的モード分解(EEMD)に基づいたLSTMを用いた金融時系列予測について 伊藤 優さん(milize)
20:50 ~ 21:30 懇親会・LT

発表者

井ノ上 雄一さん

所属 : 京都大学 薬学研究科 博士課程1回生
評価内容 : 画像データによる転移学習と、ソースコードの簡潔さが高く評価されました。

柳辺 十武さん

所属 : 慶応義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 4年生
評価内容 : 株価予測におけるAlife(人工生命理論)という独創性とチャレンジ性が高く評価されました。

伊藤 優さん

所属 : 株式会社milize
経歴 : ゴールドマン・サックス証券会社にて金融工学エンジニア(クウォンツ)としてキャリアをスタート。その後複数の外資系証券会社にて数理モデル開発に携わると共に、顧客のバランスシート・リスク特性の分析に基づくカスタマイズ投資戦略の提供を行った。とりわけ木島正明教授(首都大学東京)と共同開発した「コア預金モデル」について、全国の地方銀行にモデルおよびリスク管理コンサルティングの提供を行った。野村ホールディングに転職後、社内のリスク管理システムの構築に従事。3年間ロンドンに出向し、グローバル拠点でのリスク管理システム開発に参画。

LT枠について

発表時間は1人5分程度で、金融や機械学習に関わることなど(そうでもなくてもOK)、この機会に発表したい方はぜひご参加ください。
当日の飛び入りLTに関してもぜひご相談ください。

注意事項

  • 幅広い方々に参加していただきたいので、登録後に行けなくなりましたら速やかにキャンセル処理のご協力をお願いいたします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。