スターバックス・国内大手アパレル企業で膨大な製品・店舗データから収益性分析レポートの即時作成が出来たわけを解説

参加枠申込形式参加費 参加者
TECH PLAY経由
先着順 無料 0人 / 定員10人

イベント内容

概要

18,000製品と28,000を超える店舗およびアイテムレベルの収益性分析を短期間にする為、スターバックスはデータ分析プラットフォーム「Incorta」を採用されました。

国内でも大手アパレル企業で採用され、これまで数か月かかっていた収益性レポート作成が、わずか1週間未満で作成が出来、データ分析の要求が増えつづける環境化で大きな貢献を果たしております。

導入の意思決定から数週間で結果を出せるIncortaは、データ分析に欠かせないプラットフォームとなっております。また、大量データを高速に活用すると共に、5分毎・1時間毎と最新のデータを活用出来るシステムとして、クラウド上で稼働させております。

本セミナーでは、なぜ収益性分析が短期間で必要になっているか?膨大なデータから分析がなぜ難しく、Incortaならなぜそれを解決できるのかを、ジールのIncortaパートナーである株式会社システムサポート様と共にご紹介致します。

システムサポート様は、AWS、Azureを中心としたクラウド移行に関して400件以上の豊富な実績を持っており、クラウド上でIncortaの導入提案を行って頂いております。

タイムスケジュール

15:00~15:40

なぜスターバックスをはじめ、多くの企業がIncortaを採用しはじめているのか?

店舗のPoS、会員情報など膨大な情報を収集して企業の収益性分析などに活用することが、これまで以上に重要視されております。しかしながら、ツールの難しさやレスポンス、開発に時間がかかるなどの問題があり、データ分析がユーザへ浸透しない状況が多々ありました。スマートフォンの操作感、思考の速度のレスポンス、複数のデータがあっても驚くほど短期間かつ容易に開発できる…といった特徴を持つIncortaを、小売店向けのサンプルデータを活用したデモと事例を交えてご紹介致します。これまでデータ活用に苦慮してきた多くの有名企業が、今、なぜIncortaを採用しているのかがわかります。

<講師>

 株式会社ジール ビジネスディベロップメント部 上級チーフスペシャリスト 石家 丈朗

15:40-15:50

休憩

15:50~16:30

クラウドコンサルティングから見た昨今のクラウド事情とIncortaの必要性

Azure、AWSのクラウドコンサルティングのスペシャリストが、国内大手アパレル企業にIncortaを提案した理由から実装までと、昨今のクラウド事情と合わせて、ご紹介致します。

<講師>

株式会社システムサポート  東京支社 クラウドコンサルティング事業部 シニアマネージャー 山口 正寛様

16:30~

質疑応答・個別相談会

当日は、知識・経験豊富な専任のスタッフが講師を担当しますので、掘り下げたご質問や個別のご相談にも応じることが可能です。

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

※ 競合およびパートナー企業のお申込みはご遠慮ください


 

持ち物

名刺、筆記用具

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

本イベントは終了しました

類似しているイベント