ゲームAI開発最前線

イベント内容

概要

新刊『ゲームAI技術入門』の発売を記念した、出版イベントを開催します。
※30名→40名に増枠しました(9/30 13:00)
※40名→50名に増枠しました(10/01 9:00)

執筆者の三宅陽一郎さん、対談ゲストにゲームプロデューサーの宮路洋一さんをお迎えし、ゲームAI開発の最前線について幅広く語っていただきます。開発者の方やプランナーの方だけでなく、ゲームAI開発に興味のある方はどなたでも歓迎です。

※書籍の購入有無によらず、いずれの場合もご参加可能です。

タイムスケジュール

18:30〜 開場

19:00〜20:00 特別対談

20:00〜20:30 質疑応答、サイン会等

登壇者

三宅陽一郎
京都大学で数学を専攻、大阪大学(物理学修士)、東京大学工学系研究科博士課程を経て、2004年よりデジタルゲームにおける人工知能の開発/研究に従事。九州大学客員教授、理化学研究所客員研究員、東京大学客員研究員、国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。連続セミナー「人工知能のための哲学塾」を主催。著書に『人工知能の作り方』(技術評論社)など。共著に『高校生のための ゲームで考える人工知能』(筑摩書房)、『FINAL FANTASY XV の人工知能』(ボーンデジタル)など。

Web:https://miyayou.com
Twitter:@miyayou
SlideShare:https://www.slideshare.net/youichiromiyake/presentations

宮路洋一
1963年生まれ。18歳のころよりアスキーで活動。1985年に弟の宮路武氏らと株式会社ゲームアーツを設立し、パソコンや家庭用を問わず数多くの作品を企画、制作、プロデュース。メガドライブでは『ぎゅわんぶらぁ自己中心派』、メガCDでは『ルナ』シリーズや『シルフィード』、セガサターンでは『グランディア』などを制作、プロデュース。以後、2005年まで同社の代表取締役を務める。株式会社ヘッドロックの名誉顧問などを経て、現在は自身の会社ジーク ゲームズを設立。諸方面で活躍中。

関連

ゲームAI技術入門ー広大な人工知能の世界を体系的に学ぶ(技術評論社)
http://gihyo.jp/book/2019/978-4-297-10828-1

日時・会場

・日時 2019年10月4日(金)19:00〜20:30(開場18:30)
・会場 書泉ブックタワー9Fイベントスペース

注意事項

・開始時間以降に来場された場合はイベントにご参加できないことがあります。
・当日は、来場者を含む会場の様子等の動画、写真を撮影し、公開する場合があります。
・悪天候等により、運営事務局の判断にてイベントを中止する場合があります。
・貴重品の管理は各自でお願いいたします。万一盗難・紛失等の事故が発生しても、主催者は一切責任を負えません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント