【初級者向け】オブジェクト指向実践編~簡単なゲーム作りをしよう~

イベント内容

JAVAでオブジェクト指向をプログラミングを使ってHangmanゲームを作成しよう!

今回は、「オブジェクト指向」を実践で使えるように、一般的なフレームワークであるMVCモデルを意識しながら オブジェクト指向プログラミングを用いて、ゲームを作ります。

Hangmanゲームとは?

簡単に言えば、「単語当てゲーム」です。

例えば、"apple"という単語を当てるときに、"○○○○○○"のように文字数だけのヒントが与えられ、どのアルファベットが入っているかを当てるゲームです。

Hangmanゲーム by wikipedia

実際、オブジェクト指向の勉強しても、いざプログラムを書こうとすると、

書けなかったり、何からてをつけていいかわからない。ということあると思います。

実際、私もそうでした。

この講座は、一般的なフレームワークの概念も学びながら、オブジェクト指向プログラミングをすることを目的にした講座です。

そもそも「オブジェクト指向」プログラミングって何?

簡単に言えばモノの概念をプログラムで表現して書くプログラミングのことです。

これをすることで見やすいかつ効率的なプログラムを書くことができます。

オブジェクト指向を学ぶメリットとは?

  • 効率で無駄のないプログラムを書くことができる
  • 誰が見ても意識しやすいプログラムをかくことができる
  • メンテナンスや機能拡張しやすいプログラムをつくることができる。

こんなあなたにオススメ

「オブジェクト指向をつかって実際アプリを作ってみたい。」

「実践的な学びと体験をしたい」

「ポートフォリオを作れるようにしたい。」

推奨レベル

本講座は、JAVAを用いて、オブジェクト指向を学びます。

初心者でも参加できるような講座となっていますが、以下のことは、できる想定で進めていきます。

  • JAVAのプログラムで、"Hello World"と表示できる。
  • JAVAのデータ型がわかる。(int,String,boolean)
  • JAVAでif文、for文が読める。
  • JAVAでメソッドの引数と戻り値について知っている。

持ち物

ノートPC(MacでもWindowsでも可能) ※事前にご連絡いただければレンタルPC(有料:1000円)も可能です。

※Javaのプログラムが動く環境を用意してください。 本講座では、Eclipseを主に使用します。 Javaの推奨バージョンは、8とします。

他、わからないことがあれば事前にお問い合わせください。

環境構築について

▪Windowsの方

https://techfun.cc/java/windows-java.html

▪Macの方

https://techfun.cc/java/mac-java.html

※環境構築がわからないorできない方は事前に相談してください。 当日少し早めにきて、一緒にやることも可能です。 その際は、お問い合わせより問い合わせください。

講師

佐々木・・・元高校教師、現役プログラマー。5年間高校生と小中学生にプログラミングを教え、現在はプログラマーとして開発現場で活躍。

くにしま・・・Web系エンジニア、毎月小中学生にプログラミングを教える活動を行なっている。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。