【オンライン講義】機械学習のためのPythonマスターコース

参加枠申込形式参加費 参加者
【Web決済】オンライン受講
先着順 37,400円
事前支払い
0人 / 定員4人
【銀行振込】オンライン受講(※下記詳細を必読)
先着順 37,400円
当日現金支払い
0人 / 定員1人

イベント内容

※資料や動画に視聴期限はありません。無期限で見ることが可能です。
※動画は動画講座用に撮ったものを配布いたします。動画として見やすいよう、編集がされています。
※開催日時にメールを配信いたします。メール内にてカリキュラムの動画のURLをご案内いたします。配信するメールは一通です。

事前銀行振込について

contact@avilen.co.jpまで、下記情報を記載の上、メールをお願いします。

・お名前
・ご希望の講座名
・その他
  • 前日10:00までに振り込みが確認できない場合、キャンセル扱いとなります。

概要

本コースは株式会社AVILENが提供するE資格認定プログラムの基礎講座にあたります。

E資格とは、日本ディープラーニング協会が認定するAIエンジニアの資格です。
資格取得には協会が認定したプログラムのいずれかを受ける必要があり、最新の試験においてAVILENは認定プログラムの中でも突出した 合格率94.4% を達成しました!

今回開講する基礎コースは下記の5つです。

全てのコースをご受講する場合は、全部セットとしてお得な値段で販売しておりますので 機械学習のための基礎マスターコース からお申し込みください。(オンラインのみ)

弊社のE資格認定プログラムについてはこちらでご案内しております。

コース詳細

本コースはPythonを習得するためのコースです。

なぜPythonを学ぶのか?

Python

  • YouTubeをはじめとする有名なサービスで開発に使用されている
  • 文法がシンプルで分かりやすく、初心者でも挫折しづらい
  • 機械学習のライブラリが充実している

という理由から絶大な人気を誇っています

成長も極めて速く、「日経xTECH」が公開する人気プログラミング言語ランキングでは、2018年は3位でしたが、2019年は2位へと順位を上げています。
大きなコミュニティが形成され、世界各地ではカンファレンスや交流会も開催されています。

そして、機械学習を実装する上で最も使用されるプログラミング言語もPythonです。

Pythonをマスターすることは機械学習を実装できるようになるために必須と言っても過言ではありません。

どのようにPythonを学ぶのか?

本講座ではPythonの基礎から実際の機械学習の実践演習までを体系的に学べます

最初は機械学習でよく用いられるライブラリを動かしながら、徹底的にPythonの扱い方を確認します。
理解が難しく挫折しやすいポイントである「オブジェクト指向」についても、講師が丁寧に解説するのでご安心ください。

さらに、実務を想定したモデルの作成も行い、現場で使える技術を養うところまで目指します。
体系的に学習することによって最短距離で理解できるだけでなく、修了後にはより高度な機械学習、深層学習の学習を進める上での基礎力が身につくことでしょう!

機械学習に興味を持っている方やPyhonのコーディング力を高めたい方にオススメです

内容

Day1

目的:Pythonの特徴をしっかりと理解し、基本操作を習得する。

  • Pythonの特徴
  • プログラムの実行方法(jupyter notebook)
  • 変数の扱い方
  • リスト型、辞書型
  • for文、if文
  • 内包表現

Day2

目的:ライブラリであるpandasの基本操作を習得し、Python上で自在にデータの操作ができるようになる。

  • データの読み込み
  • データの確認
  • データから情報を取り出す
  • 新たな列の作成
  • 並び替え、置換
  • データの取り出し(高度)
  • データの結合
  • 欠損値処理
  • ダミー変数化
  • 学習データと検証データへの分割

Day3

目的:NumpyとMataplotlibの操作ができるようになる。

  • Numpy編
    • 配列の作成
    • 配列の要素指定
    • 配列の関数
    • 他によく使われる関数
  • Matplotlib編
    • Matplotlibの基本操作
    • 数学グラフ
    • 棒グラフ
    • 散布図
    • 円グラフ

Day4

目的:オブジェクト指向に関する知識を理解する。

  • クラス
  • クラス変数
  • オブジェクト
  • インスタンス変数
  • クラスを使う関数
  • コンストラクタとデストラクタ
  • メソッド
  • カプセル化とPythonにおけるgetter、setter
  • 継承
  • オーバーライド
  • 関数オブジェクト

Day5

目的:分類や回帰について理解する。

  • ファイルの読み込みと可視化
  • データの前処理
  • 回帰分析(Lasso)
  • 分類-教師あり学習(SVM)
  • 分類-教師あり学習(K-means)
  • 次元削減(PCA)

Day6

目的:分類モデルや回帰モデルを実装する。

  • モデルの評価方法(回帰と分類)
  • 精度の高いモデルを作るための工夫
  • 分類モデルの作成
  • 回帰モデルの作成

ご受講に必要なもの

本講座ではPython3をインストールしたPCが必要です。
また、以下のパッケージを当講座では利用します。

  • jupyter notebook
  • pandas
  • sklearn
  • numpy
  • matplotlib

こんな人にオススメ

  • Pythonに不慣れなので、演習を通じて慣れて行きたい方
  • 正確な理論を要点だけ知っておいて、使えるようになりたい方

請求書・領収書が必要な方へ

【Stripeで事前決済の方】
クレジットカード会社が発行する明細を領収書の代わりとしてご利用ください。

【Paypalの方】
決済処理後にPaypalから送付されるメール内容、またはPaypalの取引履歴から該当項目を確認の上、「詳細」をご覧ください。それらが領収書の代わりとなります。また、クレジットカード会社発行の利用明細書も領収書としてご利用いただけます。

【上記以外で請求書・領収書発行をご希望の方】
contact@avilen.co.jpまで、下記情報を記載の上、メールをお願いします。折り返しこちらから、ご連絡いただいたアドレスまで振込先をお知らせいたしますので、講座開始日の前日10:00までにお振り込みをお願いいたします。
お振込みが確認できない場合、キャンセル扱いとなりますので、十分にご注意ください。

・宛名
・ご希望の講座名
・ご担当者名(必要であれば)
・件名(希望なければ「セミナー受講料」、別途細目は記載あり)
・その他(ご質問やご要望など)

ポータルサイト会員登録のお願い

  • 全人類がわかる統計学では、ポータルサイトを使って講座で扱う教材を受講者の皆様に共有いたします。
  • 初めて全人類がわかる統計学の講座に参加される方は、こちらより会員登録をお願いいたします。

お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせは、contact@avilen.co.jp までご連絡ください。
  • こちらで⇨LINE公式アカウントからもお問い合わせいただけます。(推奨)
  • ※日曜日は定休のため、いただいたお問い合わせについては月曜以降のご対応となります。

注意事項

  • 講座内で扱うコンテンツは全て「全人類がわかる統計学」に帰属しています。複製はご遠慮ください。
  • 個人ブログへの講義コンテンツの掲載はご遠慮ください。
  • キャンセルの場合は、開催日の4日前までのご連絡に限り、払い戻し手数料を差し引いた金額を返金いたします。それ以降は返金には応じ兼ねますのでご了承ください。

全人類がわかる統計学とは

株式会社AVILENが運営するサービスです。統計学・機械学習の学習用サイト全人類がわかる統計学を運営、管理するほか、社会人向けのAI人材やデータサイエンティスト育成のための教育事業を行なっております。
統計学や機械学習を、出来るだけわかりやすく多くの人々に届けるということを目指して活動しています。

参加費のお支払いについて

本イベントの参加費は、クレジットカードでの事前支払いとなります。
ご利用可能なクレジットカードをご用意いただき、お支払い手続きを行ってください。
本イベントは終了しました

類似しているイベント