自分のチームの状態に合わせたスクラムマスターのバックログを作ろう

イベント内容

紹介

こんなことで、困ったりしていませんか?

研修や本を通じてスクラムについて学び、スクラムイベントは運営しているが、スクラムイベント以外の時間の過ごし方に自信がない。

・何をやればチームに貢献できるのか不明確だし自信がない
・今のスクラムマスターとしてのやり方は正しいのだろうか
・開発チームの作業を手伝っている時間が長い
・スクラムイベント以外に、スクラムマスターとしての活動する時間を確保できない

理想のイメージ

チームに貢献したり評価されるスクラムマスターになるために、多くの選択肢を知り、自分のチームに適した行動が分かれば、最高じゃないですか?
スクラムマスターとして、貢献できる時間がグッと増えて、メンバーからも顧客からも感謝されるスクラムマスターを目指しましょう。

提供するサービス

自分のチームの状態に合わせたスクラムマスターのバックログを作りましょう。

自分の所属するスクラムチームには、何が障害になっているのか一緒に考えて、何を計測し、何をすれば良いのかを明らかにしましょう。

担当コーチ

川鯉光起 永和システムマネジメント アジャイルコーチ

2019年5月から現職。それまでは、大手Web系の企業でスクラムマスター、アジャイルコーチ、組織開発などを実施していました。対話を通して問いかけることで、気付きを促すことを目標にしています。
話せるだけでも気が楽になるかもしれません。一緒に、悩みを解消しましょう。

普段は、こんなことをしています。
執筆:https://education.booth.pm/
勉強会:https://connpass.com/user/kawagoi/open/
Facebook:https://www.facebook.com/kawagoi

開催内容

zoomMuralを用いて、オンラインで通話を実施します。

Muralはユーザ登録せずに使える状態にしてシェアします。
最初の5〜10分くらいでMuralの操作をお伝えします。
自己紹介をしながらMuralに慣れていく時間もありますので、Muralを使ったことがなくても大丈夫です。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

【オンライン】Management 3.0 Gathering #18

参加者の皆様にURLを記載したリマインドメールをお送りしました。5/27 16:00以降のお申し込みの方につきましては、URLをお送りいたしますので恐れ入りますがメッセージをお願いいたします。また、当日17時以降および直前のご連絡は主催者に直接お問い合わせください。 zoom

19:30 〜21:00

Doorkeeper

5月 28 THU