GitLab Japan Hackathon 4Q '2020 in 日本語 Day 1

イベント内容

本イベントについて

本イベントは日本初のGitLabローカルハッカソン(GitLab Tokyo主催)であり、日本全国どこからでもまた海外からも参加可能です。

当初はGitLab公式のオンラインイベントのQ4'2020 GitLab Hackathonを日本語でオンラインで開催する予定でしたが、グローバルイベントの日程変更により本イベントは日本初のGitLabローカルハッカソンとなりました。

本イベントは、OSSであるGitLabの開発に参加するきっかけを作るための取り組みです。 OSSの開発に参加してみたいとは考えているけど、はじめの一歩をなかなか踏み出せない、そのような人の参加をお待ちしています。

本イベントでは、Merge Requestがapproveされた経験を持っていたり、過去のHackathonでGrand Prize受賞経験のあるGitLab Tokyoコミュニティメンバーが開発環境の構築からGitLabにマージリクエストを投稿できるようになるまでをサポートします。 公式イベントの期間(12月2日〜12月3日)に、投稿したマージリクエストがマージされるとGitLabから景品が贈呈されるので、ぜひ挑戦してみてください。

本イベントはGitLab Meetup Tokyo #23の一部となります。

過去のHackathon参加賞(例) from: https://twitter.com/Rena_moo/status/1275366547326775296

日時

2020年12月2日(水) 17:00〜22:00 (途中入退場可)

会場

  • Google Meet (URLは参加者への情報に書かれています。ログインした参加者のみ確認できます)
    • 開催時間帯にご参加ください
  • gitlab-jpのSlack でもサポートを受け付けています

対象者

以下のいずれかに該当する人を対象としています。

  • GitLabの本体およびそのエコシステム(ドキュメントやウェブサイトも含みます)開発に参加してみたい人
  • 普段GitLabを使用して、自分で修正できるようになりたい人

持ち物

  • ノートPC (macOS, Linux, Windows)

あると役に立つ経験

一つも経験がなくても構いません

  • ウェブアプリケーションの開発経験
  • Gitの使用経験
  • Ruby on Railsでの開発経験
  • Goでの開発経験
  • Vue.jsやCSSでの開発経験
  • Markdown編集, Middlemanの経験
  • 技術ドキュメント(英語)の編集経験

事前準備のお願い

事前にGitLab.comのアカウントを取得して、ログインできることを確認してください。 取得したアカウントは、申込み時のアンケートに記載してください。

また、登録済みGitLab.comアカウントでGitpodのアカウント作成もお願いします。

設備

無線LANは各自ご用意ください。

参加費

無料。通信費は自己負担となります。参加中の飲食物はご自身でご用意ください。

なお、参加賞の景品はGitLab Tokyoから提供できるように準備中です。GitLab, Inc.及びGitLab B.V.への問い合わせはご遠慮ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント