アジャイルプラクティスLT会 <Agile Practices Subway Tour>#1 XP編

イベント内容

Agile Developers Communityとは

Agile Developers Communityは、アジャイルについて、開発者目線で議論、相談、情報交換、実践などを行うコミュニティです。オンラインで読書会を継続的に行っています。

概要

「アジャイルプラクティス」をテーマとしたLT会&懇親会です。
LT会はZoom&YoutubeLive配信、懇親会はZoom開催です。

LT会は、Subway Map to Agile Practices のトピック縛り! という制限を設けることで、アジャイルプラクティスの具体的な内容について話される場にすることを目指します。

Subway Map to Agile Practicesは、アジャイル関連の様々なプラクティス同士の関連を地下鉄の路線図のように表現したマップです。詳しくはリンクから参照して見てください。

今回のLTでは、Subway Map to Agile Practicesの"Extreme Programming(XP)"のトピックからいずれかをテーマにしていただきます。

  • 持続可能なペース(Sustainable Pace)
  • ペアプログラミング(Pair Programming)
  • サインアップ(Sign up)
  • デイリーミーティング(Daily meeting)
  • イテレーション(Iterations)
  • ベロシティ(Velocity)
  • 頻繁なリリース(Frequent releases)
  • ユーザーストーリー(User stories)
  • コードの共同所有(Collective Ownership)
  • 継続的インテグレーション(Continuous Integration)
  • シンプルなデザイン(Simple design)
  • リファクタリング(Refactoring)
  • テスト駆動開発(TDD)

コンテンツ

LT

本編5分、質疑,前後時間5分で行います。
LT発表者の方にzoomの画面共有していただいて実施します。内容はYoutubeLiveにて同時に配信します。

懇親会

zoomのブレイクアウトルーム機能を使用して開催します。最近のzoomのバージョンアップにより、参加者がルーム間を自由に移動できるようになりました。

前半後半40分ずつにわけ、部屋ごとに上記XPのトピックを割り当てます。
(例:前半では持続可能ペース〜頻繁なリリースの各トピックで1部屋ずつ、後半はユーザーストーリー〜テスト駆動設計の各トピックで1部屋ずつ、など。参加人数によって参加)

参加者の方は自由に興味のあるトピックの部屋に移動お願いします。

参加方法

  • LT登壇者の方は、イベントページで「LT(5分)発表者」として登録いただき、以下のシートで自分の話すテーマとお名前をご記入ください。
    https://bit.ly/2M0saN1
    重複しないように選択してください。テーマは早い者勝ちになります。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント