Tech-on MeetUp Online#07「人の行動を理解する、行動変容を促すAIの活用」

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加
先着順 無料 49人 / 定員100人

イベント内容

Tech-on MeetUp Online#07「人の行動を理解する、行動変容を促すAIの活用」

本編、懇親会共にoViceでの開催を予定しています。URLはイベントページに開始時間までに掲載します。
PCからブラウザのみで参加でき、お近くの方と会話もできます。スマホからは動作が安定しないためPCで参加ください。
oViceでの開催が安定しないなどの問題が生じた場合は、Zoomでの開催に切り替える場合もありますのでご了承ください。

Tech-on 〜Networking for E-Techies. Change through the community〜について

『技術者同士を、人と人とのネットワーキングで繋ぐ』

技術のトレンドは非常に早い流れで移り変わるのがいまのIT業界の理です。 ナレッジをきれいなドキュメントに起したり、それを閉じた組織のなかで共有しているだけでは この早い流れについていくことは絶対にできません。

「Tech-on」とは、日本のエンタープライズで働く人たち(E-Techies)が、自身と自社の変化への対応を加速するために、取り入れたい技術、手法を学ぶ集まり(コミュニティ)です。

「ホンモノのナレッジは人と人の緩い繋がりの中にこそある」を信条に 同じテーマに興味をもつ技術者同士を繋げ、自らが持っているナレッジを自分の組織の外に 出し合うことで、お互いがこれまで発見できなかった新しい知的創造を生み出せる 「場」を提供していきます。

Tech-onのこれまでの活動実績はこちら

Tech-on MeetUp Online #07

ナッジナジにされてませんか?

あなたはレジ前の床に足跡マークが描かれていたら、その上で順番を待っていませんか?
足跡マークが適度に離れていたら、その分、間を開けて並んでいませんか?
踏むと音がなる、ピアノの鍵盤模様の階段があったら、つい登ってしまいませんか?
このように強制されてなくてもついつい自発的にしてしまう仕組みや考え方を「ナッジ(Nudge)」といいます。

様々なAI(データや機械学習など)を、この「ナッジ」と組み合わせることで
いつの間にか私たちの行動は変えられているかもしれません。

そんなナッジナジになるような(行動変容を促すような)AIの活用を今回のTech-on MeetUpではお話しいただきます!

タイムスケジュール

本MeetUpでは本編の後に振り返りパネルディスカッション、オンライン懇親会を予定しています。
ぜひ懇親会までご参加ください!

時間 内容
19:30〜19:40 オープニング/ oViceお試しタイム
Tech-on事務局
19:40〜20:05 KDDI総合研究所・多屋さん
20:05〜20:30 ホロラボ・中村さん
20:30〜20:55 Beatrust・白川さん
20:55〜21:00 本編クロージング/記念撮影
21:00〜22:00 振り返りトークセッション
オンライン懇親会

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

セッションのご紹介

image

「心理学を活用した行動変容とAI(仮)」
KDDI総合研究所・多屋優人 Alt text

<セッション内容>
KDDI総合研究所で取り組んでいる行動変容研究の事例と、ユーザが心地よく選択・行動することを支援することを目指して開発した行動変容のためのAIをご紹介します。
<プロフィール>
2010年にKDDIに入社。研究部門とサービス企画部門で電力関連の研究開発およびサービス企画に携わり、auでんきアプリではプロダクトオーナーを担当。現在は、研究部門(KDDI総合研究所へ出向)で行動変容に関する研究開発に従事。

image
「(仮)HoloLensで変わる行動のカタチ」
株式会社ホロラボ・中村薫 Alt text image

<セッション内容>
Microsoft HoloLensを使用した行動の分析とそこから変わる行動についてお話しします
<プロフィール>
株式会社ホロラボ CEO
Microsoft MVP & RD
著書「HoloLens 2 入門」など

image

「Beatrust における、タグを中心とした使えるプロフィール」
Beatrust・白川達也 Alt text Alt text image

<セッション内容>
Beatrustでは、「人々の経験や強みを可視化して、自由に繋がり、協業・共創できる環境を作る」というミッションのもと、人々のプロフィール情報を集積・構造化・可視化し、それをもとに組織内のメンバーが自由に助け合い情報共有できるためのサービスなどを開発・提供しています。

Beatrustのサービスの根本は人に関する情報を整理・可視化したプロフィール情報ですが、多種多様な業界・業種・国籍などに由来するユーザーがおり、各ユーザーにどのようにして最適なサービスを提供することができるかは大きな技術的課題です。

本講演では、Beatrustが取り組む課題の面白さやインパクトと、それを解決するための技術的な取り組みについてお話します。
<プロフィール>
NTTデータ数理システム社にて数理最適化および機械学習技術の研究開発に従事。その後 2016 年より ABEJA, Inc にて Researcher として、 Deep Learning を中心とする機械学習技術の研究開発および社会応用に携わる。2020 年、Beatrust にML Leadとして入社。

https://note.com/beatrust/n/ne63297b9c546

参加対象

  • エンタープライズのエンジニア(地方、都市問わず)
  • エンタープライズエンジニアの仲間を見つけたい方
  • 行動変容、機械学習、データ分析に興味のある方
  • Tech-onに興味のある方

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加は一切お断りしております。
※ 欠席される場合は、一人でも多くの方にご参加いただける様お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

参加費

無料

ハッシュタグ

#TechOn東京