【日立×MATLAB】AIとロボットを活用した生産ライン最適化 ~シミュレーションからROS連携、IoTシステムの実現まで~

イベント内容

【日立×MATLAB】AIとロボットを活用した生産ライン最適化

~シミュレーションからROS連携、IoTシステムの実現まで~

ご登録はこちらから

https://jp.mathworks.com/company/events/webinars/upcoming/advanced-robotics-solutions-for-smart-factory-3719250.html?s_eid=PEP_26497

概要

AIとロボットを活用した生産ラインの最適化についてのソリューションをご紹介いたします。

MATLAB®およびSimulink® はアルゴリズム開発、データ解析、可視化、数値計算のための統合開発環境です。近年は、AI分野の機械学習やディープラーニングなどの認知アルゴリズムから自律ロボティクス分野の判断・意思決定アルゴリズムまで幅広いソリューションを強化しています。アルゴリズム設計からモデリング、シミュレーション、仮想テスト、自動コード生成、実装までの一連の開発プロセスを単一環境で実現し、開発を加速します。

IoT技術の進展に伴い、製造現場などに設置された製造機器やロボットから各種データを収集・分析し、生産性の向上や故障率の低減など、多様な経営課題を解決することが期待されています。MathWorksは株式会社日立製作所 研究開発グループ デジタルPFイノベーションセンタ様と共同で、IoTプラットフォームLumadaとMATLABを連携させ、予知保全やフリート管理、車両管制、生産ライン管理など、お客さまの課題解決に向けた取り組みを進めています。

本セッションでは株式会社日立製作所 西山 博泰様をお招きし、 LumadaとMATLAB連携による車両管制システムや生産ライン最適化についてのお取組みをご紹介いただきます。続いて、MathWorksからROS/ROS2連携やAI、ディープラーニング、強化学習などの自律アルゴリズム開発、JetsonなどへのエッジAI実装まで含めた最新ロボティクスソリューションについてご紹介いたします。

MATLABおよびSimulink 、Lumadaをご存知の方も、そうでない方もご覧いただける内容です。ぜひご参加ください。

タイムスケジュール

時間 内容
14:00〜14:15 IoT、AI、ロボティクスの新技術を活用したスマートファクトリーのトレンド 
MathWorks Japan
ロボティクス・自律システムインダストリーマネージャー
能戸 フレッド
本セッションでは幅広くスマートファクトリー関連のトレンドや最新MATLABおよびSimulinkソリューションをユーザ事例を交えてご紹介いたします。
14:15〜14:45 LumadaとMATLAB連携によるIoTシステムの実現
日立製作所
研究開発グループ デジタルPFイノベーションセンタ
西山 博泰
日立は、LumadaのIoTプラットフォーム活用によるOT x ITの強みを生かしたデジタルソリューションの展開を加速させるため、MATLAB/SimulinkとROS、Node-RED(ビジュアルプログラミングツール)を連携したIoTソリューション構築環境を開発しました。マスカスタマイゼーション時代に向けて自動化・省力化が求められている工場内物流や生産ライン最適化をユースケースに、OTに必要な高度な物理モデリングや制御ロジックと、ITを活用した業務管理システムを連動させ、自動管制システムおよび生産ライン最適化システムを迅速かつ容易に実現できることをご紹介いたします。
14:45〜14:55 Q&A, 休憩
14:55〜15:25 ROSとMATLABによる効率的なAIエッジ開発ワークフロー
MathWorks Japan
シニア アプリケーションエンジニア
木川田 亘
MATLAB および Simulinkを活用することで、短期間で移動ロボットやロボットアームの自律アルゴリズムを開発し、ROS / ROS2のエコシステムに統合することが可能です。これにより短期間でエッジAIのプロトタイピングを実現できます。
ROS / ROS2連携とRaspberry PiおよびJetsonへの実装自律搬送車の実装例 (LOAMなどのLidar SLAM)ロボットアームの実装例 (物体姿勢推定、点群処理、軌道計画、PLC連携)
15:25〜15:35 Q&A, 終了

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者



西山 博泰(にしやま ひろやす)

日立製作所 研究開発グループ デジタルPFイノベーションセンタ 主管研究員

1993年筑波大学大学院工学研究科電子・情報工学専攻博士課程修了。同年株式会社日立製作所入社。スーパコンピュータ向けコンパイラ、アプリケーション実行基盤、プログラム解析などの研究開発に従事。近年はIoTプラットホームに関する研究開発およびOSS活動に従事。 博士 (工学)

能戸 フレッド(のと ふれっど) 

MathWorks Japan ロボティクス・自律システムインダストリーマネージャー

2006年から、米国航空防衛会社ノースロップグラマンでモバイルロボティクスや無人航空機などの制御システム研究・開発をGNCエンジニアとして務める。2012年にMathWorksにアプリケーションエンジニアとして入社。2018年から現職。多業界の無人・自律システム開発に対するモデルベース開発の推進に尽力している。

木川田 亘(きかわだ とおる)

MathWorks Japan アプリケーションエンジニア

電気メーカーにて画像処理LSI、画像センサー開発に従事。2014年にMathWorks Japanにアプリケーションエンジニアとして入社し、主に画像処理、信号処理、ディープラーニング、自動運転、自律ロボットに関係する技術領域を担当している。


ご登録はこちらから

https://jp.mathworks.com/company/events/webinars/upcoming/advanced-robotics-solutions-for-smart-factory-3719250.html?s_eid=PEP_26497

参加費

無料