第9回 Language and Robotics研究会

2022/11/12(土)10:30 〜 12:00 開催
ブックマーク

イベント内容

Language and Robotics 研究会について

これまでの活動についてはこちらをご覧ください:https://sites.google.com/view/language-and-robotics/

2017-2019頃に活動しており、コロナ以降休止していたLanguage and Robotics研究会(LangRobo研究会)を再開する運びとなりました。 自然言語処理分野とロボティクス分野の近年の融合と発展は著しく、身体を持つエージェントが人間と自然言語でコミュニケーションしながら環境内を動いたりといった研究も両分野において多く見られるようになってきました。言語におけるロボティクスの導入やロボティクスにおける言語の導入の価値は今後も高まっていくことが期待されます(詳しくは文献[1]をご覧ください)。 LangRobo研究会は、今後の自然言語処理とロボティクスの融合をどのように進めていくのが良いかを議論する交流の場として活動していきます。

[1] Survey on frontiers of language and robotics

第9回研究会

今回のLangRobo研究会では、理研GRPの吉野幸一郎先生から最近のご研究についてご紹介いただきます。

  • 講演者:吉野 幸一郎先生 (RIKEN GRP/NAIST)
  • 発表タイトル:実世界の事物と紐づいた対話機能を持つロボットを目指して
  • 概要:近年の深層学習技術の進展により、言語処理の技術は格段に進化し、これまで扱うことが難しかった常識なども扱うことができるようになってきた。しかし、こうした深層学習に基づく言語のモデルは、未だ実世界の事物と言語表現との接続が出来ているとは言い難い。本講演では、実際に実世界の事物と紐づいた対話機能を持つロボットの開発のため、理研のガーディアンロボットプロジェクトで研究を行っている内容について紹介する。
  • オンライン開催(参加登録後にzoom linkを共有します)

タイムスケジュール

時間
10:30 - 10:40 オープニング
10:50 - 11:35 講演(45分)
11:35 - 11:50 QA(15分)
11:50 - 12:00 クロージング

質問形式

  • 質問の受付方法は未定ですが、口頭もしくはzoomのチャット欄、Slidoを用いて受け付ける予定です。
  • 口頭で質問される際は各自でミュートを外していただき、質問を行ってください。
  • zoomもしくはSlidoによるチャットでの質問に対する発表者の回答について追加の質問がありましたら、適宜zoomのチャット欄または口頭にて反応をいただけると幸いです。

注意事項

  • 質疑応答の時間を除き、発表中、発表者以外の方は原則ミュートでお願いいたします。ミュートになっていない方を見つけたときは、運営側でミュートさせていただくことがあります。
  • チャット、口頭問わず、誹謗中傷を禁止します。
  • 今回から、zoomの講演は録画させていただきます。(2022.11.10 追記)

共催

立命館大学R-GIRO「記号創発システム科学創成:実世界人工知能と次世代共生社会の学術融合研究拠点

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント