3/6 今の開発言語だけでは将来が不安な方へ【Python】の講座と学習テキストが無料!

2024/03/06(水)18:00 〜 20:00 開催
ブックマーク

イベント内容

今の開発言語だけでは将来が不安な方へ【Python】の講座と学習テキストが無料!

30代以上の中堅エンジニアの方から「1つの言語を極めてきたが、新しい言語が次々と登場し、次世代のエンジニアにおいていかれるような気持ちになっている」という相談をよく受けることがあります。

若い頃は、業界への情熱もありキャッチアップも積極的に行えていたけれど、仕事の責任や業務内容が忙しくなるにつれ、それも難しくなり、学習する時間もとりにくい...でも、なんとかしなければ、キャリアのアップも見込みにくい状態

そんな方に向けて、キャリアアップのきっかけとなるような講座ができないかと、「Python」の無料講座を開講することにしました。

もちろん、後々は有料コースへご登録いただきたいという意図はございますが、まずは、当講座の良さを知っていただかなければ始まらないと思っております。無理なプログラムのご案内などは一切行っておりませんので、気軽に雰囲気を確かめにきていただければ幸いです。

2030年には従来型IT人材は衰退傾向

IT市場の規模が右肩上がりに増加しているなか、みずほ情報総研株式会社の『IT人材需給に関する調査』では、2030年には『従来型IT人材』は衰退傾向となり、システムの請負開発や運用・保守を担う人材は余剰する可能性があると言われています。

一方で、2030年に約80万人規模で不足するといると言われているのは『高度IT人材』や『先端IT人材』です。

なかでも、AIや機械学習、IoT技術などを扱うことができる先端IT人材は、より顕著に人材不足の傾向があらわれています。

「最も使う」プログラミング言語は「Python」

今、ビジネスシーンで幅広く使用されているプログラム言語「Python」は、AI(人工知能)開発やデータサイエンティストの需要増加で、需要・人気が年々高まっています。

最も使うプログラミング言語では「Python」利用が1位(※日経クロステック「プログラミング言語利用実態調査2023」)という結果になるなど、今後さらに需要が高まる市場価値の高いプログラム言語です。

現在Pythonを扱える人材はまだ多くないうえ、先端IT人材不足の傾向がみられることから、今Pythonを身につけることで、今後更なるキャリアアップにつながる可能性があります。

そこで、当講座も汎用性の高い「Python」をテーマとし、今後も幅広く仕事を続けていくためにPythonを学んでいただきたいと思っています。

本講座は、大学で講師歴・エンジニア歴が20年のベテラン講師が担当。Pythonを教えるのはもちろん、今の仕事についてや、今後のご自身のキャリアについて悩んでいることがあれば、気軽に相談していただければと思います。

開催場所
GARAGE Coworking Space@Waseda (早稲田大学正門から1分)〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町518 早稲田玉井ビル 3階

リアル開催がオススメな理由

新しいプログラミング言語を始めるなら、直接教えてもらえる環境をオススメしています。独学やオンラインで始めた方からは、

「どれで始めればいいか迷う」
「これで合っているか確かめられない」
「エラーが解決できない」
「相談できない」

といったお声をよくお聞きします。

リアル開催なら、不明点やエラーが解決できない時に、すぐにプロの講師に質問することが可能。

聞きたいことをその場ですぐに聞け、途中で立ち止まることなく学べるので、本業をこなしながらでも効率よくスキルを身につけることができます。

独学で学べるか不安のある人や、オンラインだと集中できなさそう…と心配な方には、特にリアル開催がオススメです。

講座内容

◯データベース(SQLite,PostgreSQL)
◯WEBフレームワーク(Flask)
◯Bootstrap
◯Google AutoML vision
◯画像分類モデル作成
◯WEBアプリケーションのデプロイ
【使用言語】
Python

ご持参いただく物


ノートPC
Gmail

実行環境


実行環境がない場合はanaconda をinstall してください。

AIエンジニア養成コースのカリキュラム概要

制作者からのメッセージ
https://youtu.be/U_ZZPNJYDxY

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント