AWSでできることとメリット

プログラミング
ネット通販で有名なAmazonが提供するクラウドサービスAWS(Amazon Web Services)を利用するメリットと、AWSの代表的なサービスであるAmazon EC2、Amazon S3、Amazon RDSの概要を紹介します。
AWSでできることとメリット

Amazonと聞くとネット通販をイメージしますが、実はクラウドサービスも提供しています。さまざまな企業が導入していて、任天堂もスマホゲームの配信にAWSを利用しています。
また、企業だけでなく、CIAやNASAなどの政府機関でも採用されるサービスとなっています。
Amazonが提供するAWS(Amazon Web Services)の概要やできることをまとめました。

AWS(Amazon Web Services)とは

AWS(Amazon Web Services)は、Amazonが提供するクラウドサービスです。2006年から提供されており、クラウド市場の中で高いシェアを占めています。

クラウドサービスは提供サービスによって下記のIaaS、PaaS、SaaSに分類できますが、AWSで提供されるサービスは主にIaaSとなっています。

  • IaaS(Infrastructure as a Service) インターネット経由でサーバーやネットワークなどのインフラを提供する。 OSやミドルウェア、ソフトウェアをこちらで用意する。

  • PaaS(Platform as a Service) インフラに加えてOSやミドルウェアを提供する。 ソフトウェアを構築・稼動させるためのプラットフォームを提供する。ソフトウェア開発向け。

  • SaaS(Software as a Service) インフラ、OSやミドルウェアに加えてソフトウェアを提供する。 インターネット経由で提供されるソフトウェアの必要な機能を利用する仕組み。

スピードとコスト削減

サーバーを自前で構築するオンプレミスでは機器の選定や調達に時間がかかりますが、クラウドサービスであれば導入から運用までの期間を短縮することができます。 また、オンプレミスではハードウェアやソフトウェアを購入する費用が掛かるのに対し、クラウドサービスではそのようなコストを削減できます。

システム導入後のことを考えても、保守管理のための人件費やセキュリティの維持にかかるコストを抑えられます。セキュリティ面ではAWSは複数の国際基準を満たしているため安全性が高いサービスといえます。災害等のトラブルが発生してもすぐにサービスが復旧できるため、災害対策としても利用できます。

規模を柔軟に変更できる

サーバーやストレージの規模を拡大・縮小できるというメリットもあります。コンテンツの配信でアクセスが集中する場合などで力を発揮します。 AWSは従量課金制を採用しており、必要な時に必要な分だけ容量を利用することができるため、コストの削減にもつながります。

AWSの代表的なサービスでできること

AWSにはたくさんの種類のサービスがありますが、ここでは代表的なサービスであるAmazon EC2、Amazon S3、Amazon RDSでできることを見てみましょう。

Amazon EC2

Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)はクラウド上でアプリケーションを実行するウェブサービスです。"Elastic"は「伸び縮みする」といった意味で、必要に応じてサーバーの規模の拡大縮小ができるという特長があります。数分以内にキャパシティーの増減を行うことができ、複数のサーバーインスタンスを同時に作動させられます。

また、Amazon EC2でサポートされるオペレーティングシステムにはAmazon Linux、Ubuntu、Windows Server、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、Fedora、Debian、CentOS、Gentoo Linux、Oracle Linux、FreeBSD等があります。

Amazon S3

Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)は様々なデータを保存できるストレージサービスです。99.999999999%の耐久性となるように設計されています。 これはAmazon S3に10,000,000のオブジェクトが格納されている場合で、オブジェクト損失が発生する率が10,000年に1度ということになります。コンテンツの配信やデータベースのバックアップなどに利用されています。

Amazon RDS

Amazon RDS(Amazon Relational Database Service)はクラウド上でデータベースを管理できるシステムです。 サポートされているデータベースエンジンはAmazon Aurora、MySQL、MariaDB、Oracle、SQL Server、PostgreSQLとなっています。 自動バックアップやデータベースのスナップショットにも対応しています。

まとめ

ウェブサイトの構築、バックアップ、ビッグデータの利用、IoTなどさまざまな場面で利用されているAWSのサービスについてメリットやできること、代表的なサービスについて見てみました。

業務のクラウド化でコスト削減ができるAWSを導入してみてはいかがでしょうか。


TECH PLAYでは、エンジニアの方向けに勉強会・イベント情報を提供しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。