神戸Pythonの会 Meetup #11

イベント内容

ねらい

近年O'Reilly社からPython関連の翻訳本が多数出版されるなど、 プログラミング言語Pythonへの注目度がにわかに高まっています。 業務システム、データ分析、機械学習、IoT、セキュリティ、 ウェブアプリケーションと活用される範囲が多岐にわたることも特徴です。 Pythonユーザーが集まり気軽に交流できる場をめざします。

対象

  • Pythonを趣味や業務で利用している方
  • pythonの理解を深めていきたい方
  • Pythonについて情報交換できる仲間が欲しい方
    ※学生・社会人問いません。初心者の方も大歓迎です。

今回のテーマ

Pythonにおいて、非同期にキューを蓄積して処理を実行したり、定期的に処理を実行することシチュエーションが出てくると思います。例えば、Webアプリケーションのバックエンドで動作するバッチ処理などが挙げられれます。今回は、そういった非同期処理を行うPythonのフレームワークCeleryを使って非同期処理を試してみたいと思います。

準備物

Wifi接続可能なPCの持参をお願いします。

※※※※Dockerを事前にインストールしてきてください。※※※※
Celeryを動かすためにRabbitMQというメッセージグサーバをインストールする必要があるのですが、これをインストールするのに一手間いります。今回の勉強会はCeleryを動かしてみることが目的ですので、できればこの面倒なインストール作業を避けて通りたいと思っています。そこで、長山の方でDockerFileを作っておきますので、Dockerの用意だけお願いできればと思います。

予定

時間 すること
19:00 - 19:15 今日やることの共有 自己紹介
19:15 - 20:00 Celeryを使った非同期処理 株式会社神戸デジタル・ラボ 長山 哲也
20:00-20:50 もくもく会(各自それぞれが課題をもちより、もくもくする時間です。)
20:50 - 21:00 わかちあい

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。