TOP

量子ゲートモデルシミュレータでgroverサーチアルゴリズム+QASM+python

イベント内容

8/11(金)にゲートモデルをざっくりと学んだ内容のつづきで、
実際に量子ゲートモデルのクラウドベースのシミュレータを活用して
種々のアルゴリズムを解いて見る会です。

今回主に解くのは有名なGrover's search alogorithmというものです。
時間があればShorの因数分解も取り扱いたいと思います。 Shorは12/8に扱いたいと思います。 おって内容はこちらで追記させていただきます。

また、ゲートモデルを記述するQASMという言語を学びます。 また、早くもpythonが標準言語化してきたので、 他社の量子コンピュータのSDK関連でのpythonの開発環境などを紹介します。

シミュレータは現在開発中で、
仕様はクラウドベース、ログイン必要、
ログイン方法やベータ版の公開はこちらの勉強会の前に登録された方々にメール等でお送りします。
IBM Qなどを使用します。

当日ハンズオン

当日はIBM Qもしくはrigettiを使用してpythonのsdkを実際に叩いて見るという手を動かすことをやります。
実際にやってみたい方はPCを持参の上、pythonの使える環境を用意いただき、
40-60分ほど手を動かす時間を取りたいと思います。

場所

勉強会の場所は本郷三丁目ラボカフェです。

よろしくお願いいたします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2017/11/17(金)
18:30〜20:30
参加者
44人 / 定員50人
会場
ラボカフェ本郷三丁目
東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7F

注目のポジション