TOP

AWSからGCPにビッグデータ処理を移行する理由とGCP・Dataflowの具体的な使い方

イベント内容

D3とは

創業以来、高い技術力と戦略的なUI/UXを武器に、世の中に価値あるサービスを生み出しているビズリーチ。
サービスの数が増えるにつれ、技術の幅が広がったため、そのスキルやノウハウを社内のみならず、
世の中のエンジニアやデザイナーとも共有すべく、
私たちは「D3(ディーキューブ)※」というプロジェクトチームを立ち上げました。
D3では、たくさんのイベントや勉強会を開催し、
世のエンジニア・デザイナーと共に、さらなる高みを目指します。
※D3=DESIGNER & DEVELOPER DIVISION

イベント説明

スタンバイ事業部で主にAWSを使用していましたが、最近、ビッグデータ処理をAWSからGCPに移行しはじめました。

今回は開発者の観点でAWSからGCPに移行する理由、なぜGCPなのかという話からGCPとGoogle Dataflowの具体的な使い方とGCPでのビッグデータ処理のメリットについてを共有させていただきます。

対象

  • Scala/Java エンジニア
  • BigDataに興味がある方
  • GCP/Dataflowに興味がある方
  • AWS、Sparkを使っているエンジニア
  • BigData処理について課題を感じているエンジニア

開催概要

  • 言語:日本語
  • 日時:2018/07/19(木)19:30〜21:00(19:15開場)
  • 場所:株式会社ビズリーチ 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 12F
  • 参加費:無料
  • 持参物:名刺1枚

登壇予定者

  • マイヤー ステファン (スタンバイ事業部リードエンジニア)

アジェンダ

  • AWSからGCPに移行する理由
  • GCPのビッグデータに関するサービス設計
  • Google Dataflow/Scioの使い方


※アジェンダは予告なく変更される場合がございます。

注意

  • イベント参加者によるスカウト等勧誘行為は禁止です。
  • イベントの写真を撮らせて頂く場合がございます。
  • イベントキャンセルが多い方はこちらで参加をお断りさせていただく場合がございます。
  • 参加登録時に入力していただいた名前・メールアドレスは今後ビズリーチのイベント開催等おしらせに利用させていただきます。
  • アンケート内容が適切ではない場合、キャンセルさせて頂く場合がございます。 ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/19(木)
19:30〜21:30
参加者
24人 / 定員24人
会場
株式会社ビズリーチ
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 12F

注目のポジション