NTT東日本×マイクロソフトが語るソフトウェア開発のいま! 「実例から学ぶ、開発内製化を推進する考え方とポイント」

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 197人 / 定員210人

イベント内容

概要

デジタル技術や先端技術の活用で速いスピードでイノベーションが生み出れる時代において、優れた事業やプロダクトを作るために「システム開発を内製化」し、事業開発とシステム開発を継続的に素早く改善し続けられる組織をつくる「開発内製化」に注目が集まっています。

一方、「開発の内製化の定義」は各社で異なる実態もあります。要件定義、設計、開発、テストまでの全ての工程を内製化する組織をつくることを内製化と呼ぶ組織もあれば、各フェーズをパートナーと組むチームとしての内製化を語る組織もあれば、機能は一部であるがシステム全体を把握・改善できることを内製化と定義する組織もあります。

今回のイベントでは、自社で開発組織内製化組織「DXラボ」を立ち上げているNTT東日本デジタルデザイン部と、開発内製化支援プログラムを開始し大企業のDX・開発内製化を推進している日本マイクロソフトとの2社対談で「開発内製化の実態」を語っていきます。

※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

自己紹介・各社の取り組み

ー「NTT東日本デジタルデザイン部の内製化の取り組みとDXラボの紹介」 下條 裕之氏
ー「マイクロソフトが提供する開発内製化支援プログラムの紹介」 金本 泰裕氏

19:25〜20:05

パネルディスカッション

#1 マイクロソフト・NTT東日本の2社が紐解く開発内製化の考え方
#2 NTT東日本の内製化に向けた実例(苦労と乗り越えてきた壁)
#3 これから始める内製化の進め方と成功のポイント

20:05〜20:20 公開Q&A
20:20〜20:30 アンケート回答

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

下條 裕之
LInkedIn
東日本電信電話株式会社
デジタル革新本部
デジタルデザイン部 担当課長
2006年入社。法人営業部などを経験後、2009年より研究開発センタにてスマートホーム分野の研究開発から商用サービス化までを牽引。2019年にデジタルデザイン部の立ち上げプロジェクトに参画。現在はAI/IoTを始めとしたデジタル技術戦略や人材育成、宇宙IoT・リモートワールド関連開発などの責任者として従事。マイバトラーを始めたとした開発を行うバーチャル組織であるDXラボの所長として、ソフトウェア開発内製化推進。
金本 泰裕
LInkedIn
日本マイクロソフト株式会社
マーケティング&オペレーションズ部門
Azureビジネス本部 プロダクトマーケティングマネージャー
大学を卒業後、NTT東日本に入社。同社およびグループ会社において主にWeb領域やデータ活用に関する新規事業を推進。また、在任中に日本IBM社にて、エネルギーマネジメント、クラウドゲーミング等、テクノロジーを活用した先進事業開発に携わる。その後、JR東日本にてSuicaデータを活用した新規事業をリード。現職の日本マイクロソフトではMicrosoft Azureのエンタープライズセグメントのビジネスオーナーとして戦略立案から実行までを担う。本業の傍ら、大手企業の新規事業担当者によるテクノロジーを活用した新規ビジネス創造を支援するビジネスコミュニティを設立。J-Startup Recommender。

参加対象

  • ITエンジニアを中心としたシステム開発に携わる方々
  • これから開発内製化を始めようと検討されている方々
  • ニューノーマル時代の働き方改革にお悩みの方々

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

本イベントは終了しました

類似しているイベント