線形回帰入門(Excel) 午前の部

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 35,500円
現金支払い
2人 / 定員5人

イベント内容

データ分析の基本は線形回帰の仕組みを理解することです。そのためには数理統計学を学ぶ必要があり、大変な時間と労力を必要とします。

本セミナーでは、理論的な理解は最低限にとどめ、エクセルを用いて、線形回帰のもつ仕組みと意味を簡単な例を用いて、実体験しながら理解していきます。


第1部:はじめに

・ 回帰分析のイメージと誤解の解消

・ 回帰の意味

・ どのように回帰係数をもとめるのか、どのような方法があるのか?

・ 最小二乗法を最尤法の違いをエクセルで理解する


第2部:理解を深める 

・ 質的データと量的データの回帰分析

・ 線形の意味


■本セミナーに参加して修得できること

線形回帰のもつ可能性が理解できます。エクセルシートを用いて視覚的に理解していきます。

今までにない発想で線形回帰をとらえることができます。

■受講対象者

統計に関して「超初心者」の方を対象としています。学生時代に統計学を学んだが覚えていない方、統計学が日々の仕事、研究に役立つのか分からない、統計分析をしたいがどうすれば良いかわからない、部下の統計分析を理解したい、データ分析の本質を理解したい方などが対象です。

■ノートブックパソコンは持ち込みが原則です。

PCには事前にExcelがインストールされている必要があります。

参考文献:

「統計学入門」東京大学出版

「統計学基礎」(日本統計学会編)東京図書、

「目で見て分かるデータ分析」アマゾンkindle出版予定


【講師紹介】Quasars22 Private
Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,。主な著書に「Python3ではじめるシステムトレード」(2016,パンローリング)。主な論文に「金融市場の安定、多重性の増加、取引戦略の役割」企業研究第30号(2016年3月)、「シンガポールの金融ビジネスの可能性とそれを支えるシステム」企業研究第29号(2015年8月)がある。主な訳書に「シュワッガーのテクニカル分析」(1999、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。