PHPのインストール方法の解説

PHPのインストール方法の解説
公開
PHPの開発をおこなうためには、PHPの開発環境をPCにインストールする必要があります。この記事では、PHPのダウンロードからインストールまでの手順を解説していきます。初めてPHPをインストールする人でもわかるよう、丁寧に解説しているのでぜひご覧ください。

PHPの開発をローカルでおこなうためには、PHPのインストールとApacheなどのWebサーバーのインストールが必要となります。
今回はPHPをWindowsのローカル環境で実行するための手順について、PHPのインストールから設定方法までを解説していきます。 PHPのインストールが初めてのかたにもわかりやすいように画像を用いて解説しているのでぜひご覧ください。

PHPのダウンロード

まずは以下の公式ページからPHPをダウンロードします。
https://windows.php.net/download/

上記URLを開くと以下のような画面が表示されます。

このページでは様々なバージョンのPHPをダウンロードすることができます。今回は最新バージョンのPHPを選びますが、どのバージョンでもダウンロード方法は同じです。
バージョンを選んだら、「VC15 x64 Non Thread Safe」、「VC15 x64 Thread Safe」、「VC15 x86 Non Thread Safe」、「VC15 x86 Thread Safe」という4つの選択肢からダウンロードするものを選びます。
まず、どれを選べばいいかを説明していきます。

「VC15 x64」と「VC15 x86」の違いは、64bit用か32bit用かということです。ダウンロードするPCのOSが64bitであれば「VC15 x64」、32bitであれば「VC15 x86」を選びましょう。
Windows10では、[設定]>[システム]>[バージョン情報]を開き、「システムの種類」という項目からbit数を確認することができます。

次に「Thread Safe」と「Non Thread Safe」の違いですが、これは使用するWebサーバがマルチスレッドに対応しているかどうかに合わせて選択します。
選択の一例ですが、WebサーバーとしてApacheを使うことを考えているのであれば「Thread Safe」、IISを使うのであれば「Non Thread Safe」を選びましょう。
今回は使用するWebサーバーをApacheと想定して「Thread Safe」を選択します。

ダウンロードするものを選んだら、[Zip]をクリックするとダウンロードが開始されます。

PHPのインストール

ダウンロードしたZipファイルを展開し、Cドライブ直下に配置し、任意の名前、今回は「php」に変更します。

C:\php

次に「php」フォルダ内に「php.ini」という設定ファイルを作成します。「php」フォルダ直下にある「php.ini-production」をコピーし、「php.ini」と名前を変えて「php」フォルダ直下に配置します。

C:\php\php.ini

これでPHPのインストールは完了です。

PHPの設定

ここからはインストールしたPHPを動かすための設定を解説していきます。

環境変数の設定

PHPを使うにあたって、環境変数を設定しておくと便利です。環境変数を設定することで、コマンドプロンプトを使ってPHPコマンドを実行する際に、長いコマンドを打つ必要がなくなります。
今回は、環境変数「Path」にPHPの実行ファイルが置かれているディレクトリまでのパスを設定しましょう。

Windows10では、[設定]>[システム]>[バージョン情報]を開き、「システム情報」をクリックします。

システム情報画面が開くので、画面左側から[システムの詳細設定]をクリックしシステムのプロパティを開きます。

「環境変数」をクリックし、「ユーザー環境変数」にあるPathをクリックし[新規]をクリックします。「環境変数名の編集」画面が開かれるので[新規]をクリックし、先ほどCドライブ直下に作成した「php」フォルダのパス(C:\php)を入力し[OK]をクリックします。
なお、Cドライブ以外にインストールした場合やフォルダ名に「php」以外の名前を付けた場合は入力するパスも合わせて変更してください。

これで環境変数の設定は完了です。

PHPの動作確認

ここまででPHPを使うための準備は整いました。PHPが正しくインストールされているかをコマンドプロンプトから確認してみます。
まずはコマンドプロンプトを起動してください。Windows10の場合はスタートメニューから「cmd」と検索することで見つけることができます。

コマンドプロンプトを開いたら以下のコマンドを入力しエンターキーを押してください。

php -v

これはPHPのバージョンを確認するコマンドです。以下のようにPHPのバージョンが表示されればPHPが正常にインストールされています。

PHP 7.2.6 (cli) (built: May 23 2018 20:51:04) ( ZTS MSVC15 (Visual C++ 2017) x86 )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

おわりに

今回はPHPのダウンロードからインストールまでの手順を解説してきました。
この記事がPHPの開発を始めるかたのお力になれれば幸いです。


この記事のキーワードに関する勉強会・イベントを探す

TECH PLAYでは、ITエンジニア向けの勉強会・イベント情報を提供しています。
興味のある方はぜひご参加ください。


フォロワー19,530人
TECH PLAYでは、ITに関わる様々なイベント・勉強会・講演会・交流会・カンファレンス・セミナーなどの情報を集約し掲載しています。

テクノロジーと共に成長しよう、
活躍しよう。

TECH PLAYに登録すると、
スキルアップやキャリアアップのための
情報がもっと簡単に見つけられます。

面白そうなイベントを見つけたら
積極的に参加してみましょう。
ログインはこちら

タグからイベントをさがす