DLLAB Japan Tour 2019 AI とIoTが出合う日: AI編@広島

イベント内容

Deep Learning Labとは?

Deep Learning Labとは、Chainerを提供するPreferred Networksと、Azure クラウドを提供するMicrosoft による、深層学習に関する「最新技術をビジネスで活用している事例」や「最新の技術動向」を共有することで、深層学習技術者の裾野を広げ、実社会での利用拡大を図ることを目的としたコミュニティです。

コミュニティご紹介資料はこちらです。 https://1drv.ms/b/s!ApdnOiBtVi9VlNoNnkNLWr9Oe89wAw

3度目の全国ツアー 6都市に増強して開始

JapanTour

Deep Learning Labは2019年も機械学習エンジニアの育成に取り組みます。機械学習の実用化を推進するために、学習部分だけでなく推論部分の重要性も上がってきており、その流れがAIとIoTの出会いにつながっております。その両者の技術を学べるようなハンズオンを全国で開催します。

ノンコーディングでできるAIアプリ開発

AIアプリ開発といえばエンジニアの仕事そう割り切っていた時代ももう終わりに近づいています。今回は非エンジニア・文系の方にも安心して参加することのできるテーマとなっています。AIの概念について学ぶイベントなどは数多くあります。しかし、概要は把握しても実際に手を動かしてみなければ理解は浅くなってしまうという問題点があります。

そこでハンズオン内ではAI(ディープラーニング)の開発のフローといった基礎的な概念の理解から実際にAIアプリの開発、デプロイ(Web上に公開)までを一気通貫して行い、AIに対する理解をより深いものにすることを目的としています。ハンズオンの終了時には顔認証アプリ画像認識を活用しての顧客情報収集アプリ(画像内の複数の顧客の年齢・性別の集計し、表示するアプリ)の2つのアプリケーションの作成を行い、更に完成したプロトタイプ(試作品)プロダクトをお持ち帰り頂けます

学ぶことが出来ること

  • ディープラーニングの基礎から実装までの流れを理解することができます。
  • ノンコーディングでアプリ開発を行うことができるようになります。
  • Microsoft Cognitive Servicesへの理解が深まり、様々な領域でAI活用を行うことができます。

こんな方が対象です

  • AIについて理解が概念にとどまり、自身で一度AIシステムを作成して理解を深めたい方
  • Microsoft Coginitiveサービスについて理解したい、活用方法を知りたい方
  • 文系出身・ビジネスサイドでAI、ディープラーニングについて未経験でAIがどのようなものか理解したい方

参加するために必要なスキルと推奨の事前予習

必要な事前準備

事前予習
事前予習は特に必要ありません

持ち物

  • PC

タイムスケジュール

時間 概要 詳細
12:30 - 13:00 開場
13:00 - 13:40 ディープラーニングの基礎 ・ディープラーニングの概要
・ディープラーニングの開発のフロー
・これからのAI事情と必要となる人材
13:40 - 14:10 Microsoft Cognitive Services ・Microsoft Cognitive Servicesの概要
・Microsoft Cognitive Servicesのデモ体験
14:10 - 14:20 休憩
14:30 - 14:45 Microsoft PowerApps ・Microsoft PowerAppsの概要
14:45 - 16:00 AIアプリ作成ハンズオン1 顔認証アプリ
- Face API(顔認証)
- PowerApps
16:00 - 16:15 休憩
16:15 - 17:30 AIアプリ作成ハンズオン2 顧客情報収集アプリ
- Face API(性別・年齢判別)
- PowerApps
17:45 - 19:00 懇親会

本イベントで収集された個人情報の取り扱いについて

日本マイクロソフト株式会社の個人情報保護方針に従って取り扱います。
https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/privacy/default.aspx

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント