リードエンジニアから学ぶMedPeerのプロダクト開発

イベント内容

イベント概要


メドピアは、ヘルステック(医療×IT)領域で社会的インパクトのあるプロダクト開発に日々挑戦しています。
全社リモートワークが継続される中、開発チームを牽引するテックリードのエンジニアが、最速でリリースした開発の裏側や技術Tipsについて紹介します。日々の開発における課題をどう乗り越えたのか、gemの紹介や技術選定、実装の話などをしながらRails開発の知見を深めましょう!

イベント詳細


日時 :2020年7月30日(木)18:00~19:40(開場:17:50)
場所 :オンライン(Zoomを使用)
Zoomの配信URLは、当日参加者の皆さまにconnpassよりお知らせいたします。
no-reply@connpass.com からのメールが迷惑メールフォルダ等に入らないよう、ご注意下さい。

こんな人におすすめ!

  • チームを牽引している立場として開発課題を抱えている方
  • リードエンジニアに必要な技術や開発ノウハウを学びたい方
  • Rubyでの開発において新たな知見を深めたい方
  • そろそろ自分のキャリアを見つめ直したいアラサーエンジニアの方

タイムテーブル

時間 テーマ 発表者
18:00 opening
18:10 「新規事業におけるAPI開発をよしなに進める方法」 櫻井 貴央 (@shibadog39)
18:30 「JSON APIとサービス高速化」 草分 裕也 (@lni_T)
18:50 休憩
19:00 「アラサーエンジニアの生存戦略」 榎本 敏丸 (@toshimaru_e)
19:20 「Railsアプリ開発の事例紹介」 正徳 巧 (@sinsoku_listy)
19:40 closing

※内容は直前で変更されることがあります

スピーカープロフィール

櫻井 貴央(@shibadog39)「新規事業におけるAPI開発をよしなに進める方法」


2019年1月にメドピアへ入社。サーバーサイドエンジニア。クリニック向け新規事業「kakari for clinic」のリードエンジニアとしてサービス開発に従事。

仕様の流動性が高く開発スケジュールがタイトになりがちな新規事業において、API開発をいい具合に進めるための取り組みについて紹介します。 スキーマ駆動の開発フローの話をメインに、技術選定・実装のtipsについてもお話します。

草分 裕也(@lni_T)「JSON APIとサービス高速化」


2019年4月にメドピアへ入社。前職では2012年よりRails製BtoBサービスの設計・サーバサイド開発に従事。 現在は医師のクリニック開業を支援するサービス「メドピアクリニックサポート」のリードエンジニアを担当。

開発したサービスのパフォーマンス悪化から改善までのアプローチと、 改善のための調査(JSON Serializerの比較検討、選定基準) を紹介します。

榎本 敏丸(@toshimaru_e)「アラサーエンジニアの生存戦略」


SI、海外・国内スタートアップを経て2019年8月メドピア入社。 前職ではWeb事業の開発リード・エンジニアリングマネージャを担当。 現在は2019年末にローンチしたMedPeer Channelのリードエンジニア。

もはや若手ではなくなったアラサー・エンジニアに頭を擡(もた)げる問題はさまざまあります。 技術者としての成長限界(35歳定年説)、キャリアデザイン(マネージャーvsスペシャリスト)、老害化... 本発表ではアラサーエンジニアの諸問題に対してどう考え、どう立ち向かってゆけばいいのかのヒントとなるような発表ができればと考えています。

正徳 巧(@sinsoku_listy)「Railsアプリ開発の事例紹介」


2019年12月にメドピアへ入社。 社内のRailsアプリを横断的にレビューしたり、開発環境のDockerの設定を改善したり、TerraformでAWSの環境を弄ったりしています。

5月にリリースした「first call for オンライン診療」の開発環境や使っているgemについて紹介したいと思います。

メドピア株式会社

現役医師が経営するヘルステックカンパニーとして、国内医師の3人に1人が参加する「MedPeer」を運営。医師がチャットで相談に答える「first call」や管理栄養士が食生活をアドバイスする「ダイエットプラス」など、ヘルスケアサービスも提供しています。開発ブログ見てね!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。