トラッキング技術勉強会

イベント内容

トラッキング技術勉強会とは

現実の人物の動きを記録するモーションキャプチャーの技術は以前は業務用の機材が一般的でした。しかし(業務用に比べて)安価なVR機器の登場、KinectやIMU等のセンサーデバイス、スマートホン、AIによる画像認識の発展により民生品でも人の動きや表情が「トラッキング」できるようになってきました。 この勉強会は「トラッキング」に関してこんなの作ったよとか、こんな風に使ったよ等を自慢をする勉強会です。

イベントの配信ページ(YouTube Live)

アーカイブ https://youtu.be/ySPpJCfAW_Y

参加枠

  • 一般の参加者向けの枠です。
  • 登録等なしでご参加いただけますが、人数感把握のため参加申し込みいただけると幸いです。

タイムテーブル

時間(予定) タイトル 発表者
19:00 オープニング、この勉強会について 運営
19:05 スマホだけで全身モーキャプ、iOSアプリTDPT
https://youtu.be/kKNcyTqybjA
Yukihiko Aoyagi
@yukihiko_a
19:20 パーフェクトシンク案内 はいぬっか
@hinzka
19:35 MMD自動トレース~推しを手軽に動かしたい~
https://youtu.be/G5vsifn88No ,
https://www.nicovideo.jp/watch/sm38871463
miu
@miu200521358
19:55 ダンサー視点で見るトラッキングとパフォーマンス
https://speakerdeck.com/ugogon/dansakarajian-tatoratukingutopahuomansu-nil-toratukinguji-shu-mian-qiang-hui-ririi
りりぃ(RIRI-)ダンスゲーム世界チャンピオン/VIVE公式アンバサダー
@ugogon
20:15 デモを交えながら知るハンドトラッキング
https://speakerdeck.com/karukaru808/demowojiao-enagarazhi-ruhandotoratukingu
karukaru
@_karukaru_
20:35 Haritoraのような安価なIMUモーキャプの特性と考慮点について
https://speakerdeck.com/izm/haritorafalseyounaan-jia-naimumokiyapufalsete-xing-tokao-lu-dian-nituite
izm
@izm
20:55 アバターを活用したプレゼンのかたち
https://drive.google.com/file/d/16FzeboRQZ-Drds_9-qbkgbfGDwdSkVnA/view?usp=sharing
こまちゃん
@COMACHAN_MAN
21:10 トラッキングできたらアバターを動かしたい!
https://speakerdeck.com/sh_akira/toratukingudekitara-abatawodong-kasitai
あきら☎@VMC0.49
@sh_akira
21:25 MocapForAllと空き家総研の目指すところ
https://speakerdeck.com/kenjiasaba/mocapforalltokong-kijia-zong-yan-falsemu-zhi-sutokoro
麻場 健司/MocapForAll開発中
@KenjiASABA
21:40 終了 運営

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント