人と社会に寄り添う商品開発~成功する7つのポイントをお伝えします~

2023/03/15(水)15:00 〜 17:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費
オンライン(Zoom)
先着順 無料

イベント内容

人と社会に寄り添う商品開発~成功する7つのポイントをお伝えします~

概要

人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~

【1】プレトークから開発者の人柄を知れる!
【2】花王の紙おむつ「メリーズ」から学ぶ顧客志向の心得
【3】 潜在ニーズを発見し検証する7プロセスの進め方

タイムスケジュール

時間 内容
14:30〜 受付開始
15:00~15:10 【1】プレトーク
☆KANDA×MAEDA和気あいあいプレトーク!☆
15:10~15:50 【2】花王の紙おむつ「メリーズ」で学んだ顧客志向の心得
~元開発者が語る顧客の心を掴む商品企画・開発の考え方~
登壇者:前田 和之
15:50~16:40 【3】具体的事例で学ぶNeo P7
~商品企画の最強ツールをわかりやすい事例で解説~
登壇者:神田 範明
16:40~17:00 【4】質疑応答
ご案内(資格講座:商品企画士、商品開発・新規事業開発支援のWAKUラボ)
質疑応答

登壇者

前田さん_顔写真.png

前田 和之

JMLA・WAKULABO上級アドバイザー
JMLA商品企画士マスター
元花王開発マネージャー

【2】15:10~15:50
花王の紙おむつ「メリーズ」で学んだ顧客志向の心得
~元開発者が語る顧客の心を掴む商品企画・開発の考え方~


「お客様が最も大事」と解ってはいるが、現在の取組みは顧客志向になっているのだろうかと課題意識をお持ちの方は多いと推察します。
私はかつて花王の紙おむつ「メリーズ」で大改良を打ち出すも惨敗!を経験しましたが、その後商品企画七つ道具(P7)の開発システムを導入してどん底からV字回復に成功した体験があります。

この開発システムには、
① 顧客ニーズを定量化するしくみ
② 独創的で魅力的なアイデアを効率よく創出するしくみ
③ 顧客ニーズと技術シーズを体系化するしくみ
という特長があり、得られた結果に沿って商品力の向上を重ねたことにより、継続的な成長軌道に乗せることができたのです。

今回は特に「顧客の心を掴む商品企画・開発の考え方」の勘どころをお伝えして、皆様の今後の取組みのヒントになれば幸いです。











神田先生_顔写真.png

神田 範明

一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)会長
JMLA・WAKULABO チーフアドバイザー
成城大学名誉教授

【3】15:50~16:40
具体的事例で学ぶNeo P7
~商品企画の最強ツールをわかりやすい事例で解説~


奥深い所に隠れているために見出せないニーズ=「潜在ニーズ」を発見するのは容易なことではありません。
しかし、これこそが顧客を感動させる素晴らしいヒット商品創造の大きなポイントなのです。
それは、人々や社会に深く寄り添って、見聞きすること、感じることを鋭く洞察することから得られる「仮説」を打ち立てることから始まります。
Neo P7(新・商品企画七つ道具)とは、顧客の生活や行動・思考からザクザクと潜在ニーズを発見し、アイデアを大量に生み出し、正確に検証するやり方です。
最高にシステマティックであるがゆえに、この方法での失敗はあり得ません。

まずは本セミナーでNeo P7の全体像をリアルに把握してみて下さい。企画・開発業務を根本から改善したいあらゆる規模・業種の企業の皆様、企画・開発職に転職・就職されたい皆様に広くお奨めいたします。

まさに目からウロコの連続!感動の50分です。






参加対象 ◆このようなことを考えている方や探している方に役立ちます。

  • アイデアが出ない
  • 売れる商品開発のためのヒントを探している
  • アイデアの検証方法を探している
  • 新規事業が当たるかどうかわからない
  • 商品開発/事業開発のリソース(資源)が不足している
  • 外部の人とコラボレーションして新しい発想を得たい
  • 社員の商品開発力を強化したい
  • 独自技術から次の主力となる商品を開発したい

参加費

無料

主催

一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)
『WAKU WAKU 創造 LABO』事務局

お申込みいただきましたら、日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)・WAKU WAKU 創造 LABO(WAKUラボ)事務局より受付メールを差し上げますのでご確認ください。よろしくお願いいたします。




関連するイベント