CI/CD

CI/CDとは、Continuous Integration/Continuous Delivery(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)の略です。

ソフトウェア開発の手法のひとつで、コードの変更を自動的にビルド、テスト、本番環境などへデプロイすることであり、さらにそれを継続的に実施できるような状態にすることです。
CI/CDを導入することでソフトウェア配布の速度と信頼性を向上させ、手動による手間とエラーを最小限に抑えることで開発チームが開発した機能やバグ修正をより速く、より頻繁に配布できるようになります。

通常は何らかのツールを使用して自動化され、CircleCI、Jenkins CI、GitLab CI/CD、GitHub Actionsなどが人気です。

CircleCI - https://circleci.com/ja/
GitHub Actions - https://github.co.jp/features/actions

イベント

注目のイベント

NTTデータのITスペシャリストが語る "推しの技"ー金融領域でのクラウドネイティブ実現におけるポイントや生成AI活用などを解説ー
PayPay流、社内ITインフラ基盤の構築・運用術 ~クラウド環境下でのセキュリティとスピードを両立させるためには?~【PayPay Growth Tech vol.6】
【300名以上の開発組織必見!】開発パフォーマンス可視化・生産性向上の取り組み(大規模エンジニア組織の事例)セミナー
【スタートアップ注目!開発生産性可視化】開発パフォーマンス可視化・向上の取り組み「急成長スタートアップの生産性改善事例セミナー」
アジャイル開発エンジニア勉強会~各社の取り組みや課題から学ぶ会~
元CircleCI Databricks PagerDutyのエンジニアに聞く外資系への挑戦とリアル

技術ブログ

SentryでRailsアプリケーションのエラー監視を始めました

はじめに 初期設定 詳細設定 Slack連携とアラートの整備 CircleCIとの連携によるRelease Managementの活用 運用 今後について まとめ はじめに プラットフォーム部 SREチームのショウゴ( @shogo_452 )です。 最近、TUNAGの新たなエラー監視ツールとして「 Sentry 」を導入しました。 本記事では、Railsアプリケーションに対するSentryの導入事例について紹介します。 初期設定 まずは、 sentr

動画