作るだけの「なんちゃってAI」から実際に活用と成果につながるAIとは ーAIブームの裏側で着実に成果をあげるNECチームの最新事例ー

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 159人

イベント内容

概要

AI導入は全てを解決する魔法ではありません。
さまざまな業務課題を解決するためにAIを活用するケース(活用したいというニーズ)は
非常に増えており、導入を始める企業も多くなっています。

一方、導入したAIを成果に繋げていくため「AI活用の循環と整備」の必要性が高まっています。
NEC AIチームは、その循環モデルを回していくための企業のデータを整備、管理していく「データガバナンス」
AIそのものを整備、管理していく「AIガバナンス」、
分析モデルそのものの運用を整備する「MLOps」が必要と提唱しています。

※参加用URLは申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:45

AIブームの裏側で着実に成果をあげるNECの最新事例

若松 直哉
社会の様々な領域でAI活用が広がり続けています。しかしその一方で、「導入したが利用されなくなった」「データの質が低く利用できない」など様々な苦労の声も聞かれます。 本セミナーでは、NECが、AI活用の課題をどのように考え、どのように取り組んでいるかをご紹介します。
19:45〜19:55 Q&A

※タイムスケジュールは変更の可能性があります。

登壇者

若松 直哉
日本電気株式会社
AIアナリティクス事業部
2008年入社(転職) プロセス業向けSIのPMとして活動。入社前はプラント制御メーカにて、鉄鋼・石油石化等のプラントの制御システム開発導入に従事。2014年~ AIア事(旧BD戦)に異動し、データサイエンティストとして活動(インバリアント分析:プラントの異常検知を中心)。 AI品質(「AI品質ガイドライン」)の施策や分析プロセスの策定など、分析に関わる共通化業務も行う。

参加対象

  • データサイエンティスト
  • データエンジニア

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

開催グループに関連するコラム

AIブームの裏側で着実に成果を上げた、NECのAI活用と最新事例とは?

AIブームの裏側で着実に成果を上げた、NECのAI活用と最新事例とは?