IoT

イベント

注目のイベント

WEBセミナー:【『AIとロボットを活用した省力化ソリューション』(3/1)【NAL主催:ファーストフライデーセミナー第7回】
オープンハードテラス オンライン #0b10001010 (第138回)
福井アイデアソン&ハッカソン ~面白くて、楽しい、自分と地域に役立つアプリを作ってみよう!~ #参加無料 #U29 #未経験者の方歓迎 #非エンジニア歓迎
鋳造IoTLT Vol.8(リアル開催・ハイブリッド)
【無料・オンライン】自動車サイバーセキュリティ最新情報 ~ISO/SAE 214343認証取得のためのセキュア開発の秘訣
3/6 今の開発言語だけでは将来が不安な方へ【Python】の講座と学習テキストが無料!

マガジン

技術ブログ

【はじめてのIoTシステム構築】会社のロッカーの様子を遠隔から確認できる仕組みを作ってみた

はじめに はじめまして。クラウド&ネットワークサービス部 データプラットフォームビジネス推進部門で IoT Connect Mobile Type S (以下 ICMS)の販売推進を担当している、櫻井幸大です。普段はICMS/モバイル回線の開発~運用を担当しているのですが、今回はOJT(別部署で勤務をする社内研修)のためICMSの販売推進として記事執筆をすることとなりました。 今回は、 ICMSを

マルチアカウント戦略を用いて AWS 上にスケーラブルなマルチテナント IoT SaaS プラットフォームを構築する方法

この記事は How to build a scalable, multi-tenant IoT SaaS platform on AWS using a multi-account strategy の日本語訳です。IoT Specialist Solutions Architect の新澤雅治 が翻訳しました。 IoT デバイスとサービスの相互作用を決定する IoT SaaS プラットフォームの構築を自分ではなく顧客が行う場合、単一のクラウドアーキテクチャをすべてのシナリオに最適化できないということがすぐにわかります。こ

AWS IoT Core でProtocol Buffers を使用してスマートアプリケーションを構築する方法

Protocol Buffers の概要 Protocol Buffers (Protobuf)は、構造化データをシリアル化するためのプラットフォームに依存しないアプローチを提供します。Protobuf は JSON に似ていますが、軽量で処理が速く、お好みのプログラミング言語でバインディングを自動的に生成できる点が異なります。 AWS IoT Core は、何十億もの IoT デバイスを接続し、何兆ものメッセージを AWS サービスにル

動画

書籍