他人のコマンド操作って、勉強になるよね?☆インフラ女子の日常 vol.11

トレンド
他人のコマンド操作って、勉強になるよね?☆インフラ女子の日常 vol.11

2人で本番環境の設定作業をしてるとありがちなこと

こんにちは、なつよです。
皆さんは、他の人のコマンド操作を見たことがありますか?
私はしょっちゅう見ています。

今回は、本番作業をするときの話です。
本番環境の設定変更などを実施するときは、2人で作業にあたることが多いです。
主に以下のような目的があります。

ダブルチェックでコマンド誤りを防ぐ

操作係がコマンドを打つ前に、チェック係がコマンドをチェック実行します。例えばrsyncコマンドの場合だと、/(スラッシュ)の有無で結果が大きく変わってしまうため、事前にレビューを受けた作業内容だとしても、実行直前のダブルチェックは重要です。

想定外の事態が起こってもパニックになりにくい

一人で作業していると、想定外の事態が起きた時にパニックになって、手が止まってしまうことも…。2人で作業していると、片方がパニックになっても、もう片方も一緒にパニックにならない限り、冷静に作業を進めることができます。

これ以外にも、副次的なものとして他人のコマンド操作を見ることで勉強になるという効果もあります。

UNIX系やLinux系のサーバーだと、一つの目的を達成するためにいろいろなコマンドの組み合わせ方があるので、「そんなやり方があるのか!」と漫画のシーンのようにびっくりすることも多いです。


インフラ女子の日常バックナンバー


<著者プロフィール>

なつよさん☆インフラガール

なつよさん☆インフラガール@infragirl755

ISPのサーバのお守りをしているインフラガールエンジニア。
#インフラ女子の日常 を描いてます。
Blog: http://infragirl.hatenablog.jp/

おすすめのコラム