WESEEK, Inc.
フォロワー 91人
株式会社WESEEKは、システム開発のプロフェッショナル集団です。 UIデザインからサービス運用のためのネットワーク・インフラ構築まで、すべて自社で開発を行っています。 受託開発や自社サービス開発など、幅広いプロジェクトに取り組んでおります。 【現在の主な事業】 1:通信大手企業の業務フロー自動化プロジェクト 2:ソーシャルゲームの受託開発 3:自社発オープンソースプロダクト「GROWI」「GROWI.cloud」の開発

WESEEK, Inc. のブログ

Nextのstandalone機能のビルドサイズを通常ビルドと比較する

どうも、インターンの手塚です。今回は、Next.jsのstandaloneという機能に焦点を当てた記事を書こうと思います。standalone機能がビルドサイズをどれだけ小さくするのかを確認してみましょう。 目次 standalone機能とは standalone公式ドキュメント // next.config.js module.exports = { output: 'standalone', } 公式ドキュメントにもあるように、 next.config.js に上のように書くことで standalone

Sphinxでi18nなドキュメントを作成するときのナレッジ:解決編

こんにちは、 ryosuke です。 今回は、 以前に取り上げた、ドキュメント作成ツールである Sphinx を使って、多言語の文章を作成する際に、困った点とその解決手段についての続編です。 この記事では、「解決方法」の話をします。 前回の記事は「 Sphinxでi18nなドキュメントを作成するときのナレッジ:課題編 」です おさらい: 翻訳作業時の課題 前回の記事では翻訳作業にお

WordPressのdocker imageをアップデートした時に遭遇したLDAPのトラブルと対処方法

こんにちは、システムエンジニアの kouki です。 この記事では WordPress のアップデートをした時に遭遇した LDAP のトラブルとその対処法について紹介します。今回は端的にまとめていますので、調査経緯に興味がある方は気づくまでに至った「調査ログ」も見ていただけると幸いです。 トラブルに遭遇した環境 WordPress 内で miniOrange が提供している「 LDAP Login for Intranet Sites

【音声認識】Python x CMU Sphinx で音声認識入門

皆さんこんにちは! WESEEK ソフトウェアエンジニアの 増山 です。 今回のブログでは、Python と 音声認識ライブラリ CMU Sphinx を使って簡単な音声認識をやってみます。 目次 ソースコード 動くコードは https://github.com/hakumizuki/python_sphinx_sample にあります。 こちらのレポジトリをベースに説明していくので、実際に手元で動かして見たい方は git clone https://github.com/hakumizuki/python

【VictoriaMetrics】時系列データを上書きしたように見せる

皆さんこんにちは! WESEEK ソフトウェアエンジニアの 増山 です。 今回のブログでは、時系列データベース VictoriaMetrics でデータを上書きしたように見せる方法を解説します。 VictoriaMetrics をまだご存知ない方には こちらの記事 で入門していただくことをおすすめします。 目次 VictoriaMetrics ができないこと そもそも VictoriaMetrics は v1.80 の時点では時系列データの上書きを

【HTML】input タグでエンターを押したときに変換かどうかを分岐する

要求 React の以下のようなコンポーネントがあり、 onKeyDownHandler で"文字の変換を確定したときのエンターキー押下"と"それ以外のエンターキー押下"を区別したい。 const Component = () => { const onKeyDownHandler = (e) => { if (e.key === 'Enter') { // これだと全てのエンターキー押下でこのブロックに到達する } }; return <input onKeyDown={onKeyDownHandler} />; }; 解決法 onCo

React DnD でネストされたコンポーネントをドラッグできないようにする

要求 React DnD でネストされたコンポーネントがあるとき、子要素の範囲をドラッグしようとしてもドラッグされないようにすること。 const Child = () => <div style={{width: 25, height: 25}}></div>; // この要素が存在する部分ではドラッグできないようにしたい const Parent = () => <div style={{width: 50, height: 50}}><Child /></div>; 解決法 Child コンポーネントを以下のように

GitHubから直接開くVisualStudioCodeが便利

はじめに こんにちは WESEEK でわりと何でもやっている haruhikonyan です。 皆さんは日々 GitHub 使ってますでしょうか?仕事では GitHub やその他を使っている方でもエンジニアであれば GitHub でコードを見たりすることはあると思います。 しかしなかなかコードの全文検索がうまくいかなかったり、見たいだけなので clone するまでもなくちょっとした作業とかをしたいこともあ

データポータルのコネクタを作り、REST APIからデータを取得する

こんにちは takayuki です。 Google データポータル は、Google が提供するサービスを中心に様々なデータソースを利用して、ダッシュボードの構築ができます。 データソースが用意されていないものでも自分でコネクタを作成して、 Google データポータルにデータを取り込めます。コネクタは Google Apps Script で記述し、 Web API、 CSV 、 JSON 、 XML 、Apps Script Services 、 JDBC API などか

GA4+GTM+データポータルでページのスクロール率を測る

こんにちは takayuki です。 Google Anatlytics 4 (以下、GA4) 、 Google Tag Manager (以下 GTM) 、 Google データポータル で、サイトのスクロール率を計測し、確認できる環境を構築する方法を紹介します。 本記事は、 GA4 を対象としています。 ユニバーサル アナリティクス を利用中の場合は、先に GA4 へ移行 してください。 はじめに完成形を紹介すると、下記のようなものを構築

Ubuntu 20.04 で Keepalived を同一筐体で用いて冗長構成/負荷分散する

はじめに こんにちは、WESEEK にてエンジニアをしている藤澤です。 この記事では keepalived と real server を同一筐体にのせ、 VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol) による冗長構成, LVS による負荷分散を行う方法について解説します。 冗長構成/負荷分散を行う方法はいくつかありますが、今回は keepalived を使って実現します。 keepalived のメリット/デメリット keepalived を使うメリット

【Javascript】調べたい単語を入力すると wikipedia の検索結果が返ってくる LINE Bot を作る

調べたい単語を入力すると wikipedia の検索結果が返ってくる LINE Bot を作る 概要 GROWI エンジニアの 宮沢 です。今回は、LINE bot を開発することができる、line-bot-sdk-nodejs と Javascript で wikipedia の情報を取得できる WIKIJs を組み合わせて、調べたい単語を入力すると、Wikipedia の検索結果が返してくれる LINE bot を作ってみたいと思います。 LINE Messaging API SDK について 今回利用す

【JavaScript】正規表現リテラルと RegExp クラス

皆さんこんにちは!WESEEK ソフトウェアエンジニアの 増山 です。 今回はブラウザ上で実行される JavaScript の正規表現がテーマです。正規表現リテラルと RegExp クラスは何が違うのか、どんなメリットデメリットがあるのかについて解説します。また、ブラウザ上で実行する際の注意点についても説明します。 目次 はじめに JavaScript の実行環境は主にサーバーサイドで使わ

WordPress REST APIでブログ一覧ページを作成する

はじめに 今回の記事では WordPress REST API を使用して、ホームページにブログの一覧を表示する方法をお伝えします。 ブログの一覧を表示するだけでなく、投稿日時で絞り込んだり、カテゴリーで絞り込む方法についても詳しく解説します。 前半は WordPress REST API の解説を行い、後半は WESEEK ホームページの WordPress REST API を用いたブログページの実装を紹介します。 WordPres

【管理者必見】業務効率化のためのGROWIカスタマイズ方法

はじめに こんにちは、システムエンジニアの かおり です。 今回は、弊社が提供するナレッジ共有サービス「GROWI」のカスタマイズ方法について取り上げます。 これから GROWI を組織に導入しようとしている方や既にGROWIを運用している管理者向けの記事となっています。 ワクワクするような自分好みの GROWI にカスタマイズしたり、作業効率アップに役立てていただけれ
1234