スマートキャンプ株式会社 の技術ブログ

内気な新卒エンジニアが1年を振り返ってみる

はじめに やったこと わかったこと 話す力・聞く力ってすごく大事かも いいね!!なところ たくさんアウトプットした 貪欲に学べた もうちょっとなところ 〇〇したい!〇〇じゃないですか?が言えるようになる 遠慮している 知識・経験不足 伝えたいことを簡潔かつ正確に伝える 適した言葉・表現を探しながら話している 見切り発車で話し始めている 入社エントリを読

スマートキャンプの魅力に惹かれてフリーランス半年で正社員になった話

ご挨拶 経歴とスマートキャンプに入社するまで 料理人からエンジニアへ エンジニアになってからスマートキャンプに入るまで 業務委託で 雑なメモをとる タスクの解像度を上げる 余力を残す (番外編)メモはちょっと楽しくなるようにとる 気づいたらスマートキャンプへ入社 入社した理由 入社してから変わったこと これから色々やってくぞーーー!!!! ご挨拶 こんにちは

準備いらずの読書会 - アクティブ・ブック・ダイアローグ®︎をリモートワーク向けにカスタマイズしてみた話

はじめに 想定読者 背景 ABDとは 進め方 メリット 実際の進め方 効果 参考: 実際に使った資料 まとめ はじめに 皆さんこんにちは、米元です。 ここ半年ほど生成AI等を用いた社内業務の生産性向上プロジェクトに取り組んでいますが、そのプロジェクトチームで最近試した勉強会がとてもよかったので紹介したいと思います。 想定読者 リモートワークでの勉強会の手法を

Vue3に完全移行した話 〜移行ビルドからの脱却〜

何をしたのか? やったこと 前提 0. ねんのためステップ1〜10を確認 1. braking changes x eslint 1-1. eslint-plugin-vueの導入 1-2. 自動修正 1-3. ルールの一時緩和 1-4. 残りを手動修正 2. Vue依存パッケージのアップグレード Nodeをアップグレードしておこう 3. Migrate Buildを除去 4. 動作確認 5. リリース おまけ: どれだけかかったの? おまけ: vue-i18nについて 〆 毎度どうも。 BALES CLOUD (以

マネーフォワードからこんにちは!ジョインして感じたスマートキャンプの魅力と、入社直後の取り組み7個

ご挨拶 これまでの経歴と出向に至るまで 新卒でSIerへ マネーフォワードへ転職 そして、スマートキャンプへ出向! スマートキャンプにジョインしてみて ユーモア溢れる開発チーム オンボーディングでの有り難いサポート 2ヶ月半でYATTEKITAこと チームジョイン後に意識して取り組んだ7つのこと 1. レスポンスのスピード感 2. Slackでのリアクション・スタンプ、ピアボーナ

新卒で入社したエンジニアの半年の振り返り

はじめに 私の仕事内容 新卒入社から半年間の振り返り キャッチアップが追いつかず、タスクが遅れる 心がけたこと 年齢差による意見の遠慮 心がけたこと ドキュメントによるコミュニケーションの難しさ 心がけたこと 成果 まとめ はじめに こんにちは!開発エンジニアの小宮です! 私は 入社エントリ で、述べたとおり、 23年新卒でスマートキャンプに入社し、早い

バージョンアップしんどい!!って思ったから仕組み化した話

どうも、職人です! バージョンアップ?なにそれおいしいの? バージョンアップの何が辛い? メインタスクとの兼ね合い そのライブラリがどこで使用されているか バージョンアップをして問題ないだろうか バージョンアップするときの面倒な作業 どこを効率化できるだろうか Dependabot Dependabotを導入した結果 あれ、このライブラリ既視感あるな... GitHub Actionsで過去のPR

エンジニアからデータアナリストへ転職したぼくの1年半のふりかえり

まえがきのまえがき まえがき 入社半年編 期待と不安の滑り出し BIへの不信感を払拭 既存を大事にしすぎた問題 各部署からのお使いクエスト 転職を機に新しくはじめたこと 半年のふりかえり SMARTCAMP AWARD 入社1年編 淡々とお仕事をこなす生活 エースの喪失 1年編をふりかえる SMARTCAMP AWARD 入社1年半まで さらに淡々とお仕事をこなす生活 業務幅の広がり 入社1年半ふりか

FourKeysを横へ広げる

はじめに 前提 FourKeysとは FourKeysを横に広げるとは 横に広げるために必要な要素 橋を作ってくれる協力者 FourKeysの目的を明確にする FourKeysが与える身近な効果を伝える FourKeysへの取り組みをしやすくし習慣化する 今後目指したいところ はじめに こんにちは!スマートキャンプ開発エンジニアの井上です。 スマートキャンプでは少しずつFourKeysを活用し始めており、その

React Hook Form と Zod で非同期バリデーションがしたいの!!

遭遇してしまった問題 解決策 おわりに こんにちは!! BOXIL SaaSのエンジニア兼テックブログチームの平社員をしているブラーバです。最近は働きが認められ、テックブログチームで確固たる地位を築きつつあるとかないとか...。 今回は以前公開した React Hook Form、Zod、Recoilを組み合わせたフォームを作る! にならい、React Hook FormとZodを使ったフロントエンド開発の第二弾で

Mojo🔥でllama2を実行してPythonと速度比較するモジョよ

挨拶 初めに 対象読者 実行環境 Mojoとは 現状のMojoの導入方法 MojoとPythonの実行時間の比較 Pythonのコード Mojoのコード 結果 Local LLMの実行 llama2.py llama2.c llama.mojoの実行時間の比較 llama2.py(Python) 実行コマンド 生成された文章 llama2.c(C) 実行コマンド 生成された文章 llama2.mojo(Mojo) 実行コマンド 生成された文章 結果 結論 挨拶 京都開発拠点でインターンをしてるぱんちです(a.k.a

RSpecの実行時間を短縮した話

はじめに まずは結果 遅かった要因と改善方法 対応1:生成するテストデータを減らした。 背景 対応 結果 対応2:観点外の処理をMock化し、テスト観点において不要な処理が実行されないようにした。 背景 対応 結果 対応3:テストの実行を並列化した。 背景 対応 なぜparalell_testsにしたか? 導入 ~ 手順 ~ 導入 ~ 困ったこと ~ 導入 ~ 並列数の決定 ~ 結果 今回の改善を通

最適なRailsアプリケーションのディレクトリ構造を目指して

はじめに 対象読者 理想のディレクトリ構成 取り組んだこと リファクタリングに至った背景 チームで決めたこと、行ったこと 現状把握 理想の構成 トライ 結局シンプルがいい デザインパターンを積極的に取り入れた結果 取り除いたもの Interactor Facade Query View Component Service リファクタリングしてどうなった? 小 ~ 中規模であれば おわりに はじめに こんにちは。 イベン

React Hook Form、Zod、Recoil を組み合わせたフォームを作る!

こんにちは、職人です! BOXIL SaaSとは 新規のフォームを作る React Hook Formとはなんぞや 基本的な使い方 Recoilとはなんぞや 基本的な使い方 Zodとはなんぞや 基本的な使い方 React Hook Form & Recoil & Zod を組み合わせると 苦労したこと 入力した値がRecoilのステートに保存されない select boxのonChangeが機能しない 今入力している項目以外の項目のバリデーションが実行されてし

フロントエンドテストのはじめかた

はじめまして、もしくはまたお会いしましたね。 BALES CLOUD (以下BC)エンジニアのてぃがです。 BCでは、最近フロントエンドのテストを始めました。 また、個人としても社内でフロントエンドのテストの普及啓蒙活動をやっております。 今回はこれらについてお話ししたいと思います。 ※注意※ はじめに 補記 BCはフロントエンドのユニットテストをどう始めたのか 1.