「AWS」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「AWS」に関連する技術ブログの一覧です。

AWS Summit Japan 生成 AI で技能伝承!プロセス製造業デモのご紹介

こんにちは、元メーカー出身の Prototyping Engineer の鈴木です。 このページを開いていただいたみなさんは、きっと何らかの形で製造業に携わっていらっしゃると思います。 ものづくり白書2023 では、技能伝承に課題があることについて触れられていますが、みなさんの周りではいかがでしょうか。生成 AI はこの大きな課題を解決する可能性を秘めています。 この記事では

責任共有モデルを踏まえた管理目的と管理策の考え方ー次世代医療基盤法ガイドラインを参考にしてー

セキュリティは私たちにとっての最優先事項であり、お客様にとっても重要な関心事となります。一方、セキュリティのコントロール(管理策)が妥当性をもって評価されなければ、不要な管理策の導入や、ビジネスの進展の妨げとなる場合もあります。本Blogでは、医療のビッグデータ活用をうながす 「医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律

週刊AWS – 2024/5/20週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの根本です。 今週も 週刊AWS をお届けします。 みなさんAWS Builders Online Seriesをご存知でしょうか?初心者を対象とした AWS の基礎を幅広く学ぶことができるオンラインイベントです。 7月18日(木)に「AWS 基礎」「生成 AI」「モダンアプリケーション開発」をテーマとして開催されますが、週刊AWSを執筆する下佐粉もオ

Just Energy が Amazon Connect でコンタクトセンターの革新を加速

はじめに このブログ記事では、Just Energy 社が Amazon Connect を使用してクラウドベースのコンタクトセンターに移行した理由と、その移行が従来のコンタクトセンター基盤で直面していた課題の克服にどのように役立ったかを紹介します。Just Energy は、北米の大手電力および天然ガスの販売業者です。20 年以上の歴史を持つ Just Energy は、信頼性が高く手頃な価格のエネルギ

週刊生成AI with AWS – 2024/5/20週

みなさん、こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの小林です。 主にエンジニアの方向けのAWS公式ウェブマガジン、 builders.flash はご存じでしょうか?クラウドに関するベストプラクティスの解説や開発インタビューを掲載するウェブマガジンで、最近は世の中の興味の高まりを受けて生成AIに関係するトピックが増えてきています。執筆者はAWS社員はもちろん、社外

標準化システム データ連携についてAWSでの実装を考えてみた FTP編【ガバメントクラウド】

こんにちは、Enterprise Cloud部 ソリューションアーキテクト1課 宮形 です。 2023年から地方自治体様を中心としたガバメントクラウドにかかわるプリセールスやプロジェクトを担当しております。最近多くなってきたのが「標準化システム同士のデータ連携機能をAWSでどのように実装すればよいか?」というご相談です。本BLOGではAWSでの実装アーキテクチャ案についてご紹介

【CSPM】Prisma Cloud で AWS 環境をチェックしてみた

Prisma Cloudは、クラウド環境のセキュリティとコンプライアンスを一元管理するツールで、リアルタイムの脅威検出やリソースのチェックが可能です。 今回は、実際にAWS環境をPrisma Cloudに接続して、アラート内容を確認してみました。 Prisma Cloud から AWS に接続 11ステップあります。 ①Prisma Cloudに管理者権限でログインし、設定を押下します。 [作業場所:Prisma Cloudコンソー

Amazon Monitron とパトライト社の信号灯で、設備異常の予兆を逃さない保全を実現

2024年1月31日から3日間開催された IIFES (Innovative Industry Fair for E x E Solutions) にて、 パトライト社 のブースで Amazon Monitron とパトライト社製のネットワーク制御信号灯 NHV シリーズ との連携による現場改革の事例が紹介されました。このソリューションによって、設備異常の予知を逃さずに、より確実に現場の対応を実現できるようになります。展示物はパトライト社と AWS の

ALBがインターネットからアクセスするクライアントに対して、IPv6オンリー構成をサポートしました

アップデート内容 実際にALBを作成して試してみる Webコンソールからの作成 動作確認 ユースケース アップデート内容 今回のアップデートにより、インターネット向けのALBにおいてパブリックIPv4アドレス無しのALBを構成することが可能になりました。下記の図の通り、クライアント(ブラウザなど)とALBの間の通信をIPv6のみとしてALBを構成することができます。新規、既存
AWS

2024 年 4 月の AWS Black Belt オンラインセミナー資料及び動画公開のご案内

2024 年 4 月に公開された AWS Black Belt オンラインセミナーの資料及び動画についてご案内させて頂きます。 動画はオンデマンドでご視聴いただけます。 また、過去の AWS Black Belt オンラインセミナーの資料及び動画は「 AWS サービス別資料集 」に一覧がございます。 YouTube の再生リストは「 AWS Black Belt Online Seminar の Playlist 」をご覧ください。 Amazon QuickSight 埋め込みオプシ

ネットワーク API により通信ネットワーク機能を AWS のアプリケーション開発者に開放

API による通信ネットワークへのアクセス アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)は、現代のソフトウェア設計において不可欠な要素であり、マイクロサービスアーキテクチャの基盤です。過去1年間、世界中の通信事業者は、ネットワークを強化し、ネットワークサービスへのアクセスを可能とする API を提供することで、通信ネットワークのオブザー

Amazon CodeCatalyst で AWS Lambda の CI/CD 環境を構築する

こんにちは。ひるたんぬです。 春が終わりを告げ、夏が近づいてきましたね。 最近はニュースや新聞などで「今年は最も暑い」や、「観測史上一番の暑さ」「季節外れの暑さ」など、連日ホットな話題が報道されています。野菜やオリーブオイルも高騰が続いており、最近は手に取るのを躊躇してしまいます。 …ところで、皆さんは「夏」と「冬」、どちらが好きです

Eventarc を用いたイベントドリブンアーキテクチャ

はじめに こんにちは! FANTECH 本部 所属の川口です。FANTECH本部 では技術発信を強化 ...

カスタマイズした AWS MGN 起動後アクションと Amazon CodeWhisperer を利用したデプロイスクリプト

本記事は 2024年1月4日に公開された ” Custom Post-launch actions and Deployment scripting using AWS Systems Manager and Amazon CodeWhisperer ” を翻訳したものです。 このシリーズの パート 1 では、 AWS でのブルー/グリーンのテストとデプロイ について学びました。これは、デプロイが失敗した場合のロールバックプロセスを簡略化することで、アプリケーションの可用性を高め、デプロイのリス

AWS MGN の起動後アクションを活用してブルー/グリーンデプロイを促進する

本記事は 2024年1月4日に公開された ” Accelerating Blue/Green Deployments with AWS MGN Post-Launch Actions ” を翻訳したものです。 多くのお客様においてクラウド適用への方向転換が進んでおり、AWS に移行することによるメリットの認識が高まっています。 IDC が発表したホワイトペーパー には、AWS に移行したお客様は、運用コストを 51% 削減し、IT スタッフの生産性を 62% 向上させ、ダ
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?