「UX」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「UX」に関連する技術ブログの一覧です。

AWS Supply Chain は ESG データコンプライアンスを簡素化します

組織は、広大なグローバルサプライチェーンを横断してサステナビリティコンプライアンスを維持するという複雑な課題に直面しています。従来の電子メールやバラバラなメッセージングツールを使用して、世界中のサプライヤーからデータを収集し、そのデータの正確性を監査することは非効率で間違いが発生しやすいです。組織が現代のサプライチェーン環境の中で

AWS Supply Chain は ESG データコンプライアンスを簡素化します

組織は、広大なグローバルサプライチェーンを横断してサステナビリティコンプライアンスを維持するという複雑な課題に直面しています。従来の電子メールやバラバラなメッセージングツールを使用して、世界中のサプライヤーからデータを収集し、そのデータの正確性を監査することは非効率で間違いが発生しやすいです。組織が現代のサプライチェーン環境の中で

AWS Glue Studio でデータ準備を使用してデータを統合し、コラボレーションする

7月9日、 AWS Glue Studio Visual ETL でのデータ準備オーサリングの一般提供を開始することをお知らせします。これは、ビジネスユーザーとデータアナリスト向けの新しいノーコードデータ準備ユーザーエクスペリエンスで、スプレッドシートスタイルの UI を備えており、AWS Glue for Spark でデータ統合ジョブを大規模に実行します。新しいビジュアルデータ準備エクスペリエンス

ふるさと納税を福利厚生や組織活性化に活用できる2つの秘策

こんにちは、SHIFT DAAE(ダーエ)戦略部の荒木です。同部にてマーケティングアドバイザー、ふるさと納税サービス「まん福」の統括担当を経て、現在は地方創生、 自治体向けの新規企画などを担当しています。 この記事はこんな方におすすめ

Anthropic の Claude 3.5 Sonnet モデルが Amazon Bedrock で利用可能に: Claude 3 Opus よりもさらにインテリジェンスが強化され、コストは 5 分の 1 に

Anthropic が Claude 3 をリリース してからまだ 3 か月ばかりです。Claude 3 は最先端の人工知能 (AI) モデルファミリーであり、ニーズに合ったインテリジェンス、速度、コストの適切な組み合わせを選択することを可能にします。 6月20日、Anthropic は、近日リリース予定の Claude 3.5 モデルファミリーの最初のリリースである Claude 3.5 Sonnet を発表しました。 Amazon Bedrock で Claude 3.5 S

AWS はルートユーザーと IAM ユーザーにパスキー多要素認証 (MFA) を追加します

セキュリティは Amazon Web Services (AWS) の最優先事項であり、6月11日、お客様の AWS アカウントのセキュリティ体制を強化するのに役立つ 2 つの機能をリリースします。 まず、ルートユーザーと AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー向けに、サポート対象の 多要素認証 (MFA) のリストに パスキー を追加します。 次に、ルートユーザーに MFA を適用 し始めました。最も機密性

文系エンジニアがUX検定基礎を受けてみた -過去問がない試験の勉強方法-

こんにちは!HCM事業部製品企画開発部の小林です。 今回は、私が2024年3月に受験したUX検定基礎についてご紹介します。 最近はUIUXが重要視されつつあり、力を入れていきたいと思っている組織も多いのではないでしょうか。UIUXに少しでも興味がある人はぜひ最後まで読んでみてください! UX検定基礎とは なぜ受けようと思ったのか UX検定基礎の勉強方法 受験と結果 今回

AWS 分析サービスがデータへのユーザーアクセス、アクセス許可設定、監査を効率化

AWS IAM アイデンティティセンター の最近導入された機能として、 信頼されたアイデンティティ伝播 に基づいた新しいユースケースが発表されました。 一般的に使用されているビジネスインテリジェンス (BI) アプリケーションである Tableau でエンドユーザーのアイデンティティを Amazon Redshift に伝播できるようになりました。これには 3 つのメリットがあります。エンドユ

Amplify Functions: TypeScript を用いた AWS Lambda 上のサーバーレス関数の作成

AWS Amplify は、Gen 2 における Function の一般提供を発表できることを喜ばしく思います。Amplify Functions は TypeScript を使って定義、作成、使用されます。これらは、カスタムクエリやミューテーションのハンドラーであっても、認証リソースのトリガーであっても構いません。Amplify Functions の実態は、 AWS Lambda によって提供されていますが、Amplify を使えばアプリと同じコード

Catoで業務通信がブロックされてしまう事象の解決策!~SWGで誤分類されたサイトを管理者で修正する機能~

どうも、Catoクラウドを担当している佐々木です。 Catoを使っていると、業務でアクセスするドメインが、CatoのSWG(Secure Web Gateway)機能でブロックしているカテゴリに 誤って分類され、通信できない!ということが時々ありますよね。 今回は、そんな問題が発生した場合の新しい回避策 カテゴリの手動修正  を紹介します。   ※画⾯は2024年2⽉時点のものです。機

Amazon OpenSearch Service の設定変更が、新たな視認性の改善でより簡単に追跡可能に

Amazon OpenSearch Service は、ワークロード固有の要件を満たすための複数のドメイン 設定 を提供しています。標準的なサービス運用の一環として、これらの設定を定期的に更新する必要がある場合があります。最近、Amazon OpenSearch Service は設定変更をより効果的に追跡できるようにする 視認性の改善 を行いました。詳細でより説明的な設定ステータスを導入することで、アラ

デザイナーの祭典 Adobe MAX JAPAN 2023参加レポート

はじめに 社会人2年目となったUXデザイナーのT.Tです。 私の所属しているデジタルテクノロジー戦略本部ではIT特化している組織として日々体制が変わり、組織が大きく成長しています。 その中で、社外の有償セミナーやイベントに対しても補助が手厚いと知り、外部研修受講制度を利用してデザイン部のメンバーとともに4年ぶりに対面イベントとして開催された「Adobe

Amazon CloudFront と Amazon S3 の WEB サイトにカスタムエラーページを追加する [AWS CloudFormation]

こんにちは、広野です。 記事の概要はタイトル通りです。もはやこなれたソリューションだとは思うのですが、AWS CloudFormation とセットで扱っている記事は少ないようだったので上げておこうと思います。先日、本件が入用になって作成したテンプレートを簡略化しました。 やりたいこと Amazon S3 バケットをオリジンとした AWS CloudFront の WEB サイトに、404 などの HTTP エラ

Guardrails for Amazon Bedrock は、お客様のユースケースと責任ある AI ポリシーに合わせてカスタマイズされたセーフガードの実装に役立ちます (プレビュー版)

責任ある人工知能 (AI) 戦略の一環として、 Guardrails for Amazon Bedrock (プレビュー版) を使用して、ユースケースと責任ある AI ポリシーに合わせてカスタマイズされたセーフガードを実装することで、ユーザーと生成系 AI アプリケーション間の安全なやりとりを促進できます。 AWS は、教育と科学に焦点を当てて、開発者が責任ある AI を AI ライフサイクル全体に統合できるよ

エンジニア目線で考えるサービス設計

この記事は、 ニフティグループ Advent Calendar 2023 14日目の記事です。 はじめに こんにちは。会員システムグループの渡邊です。 最近、あるサイトのリニューアルプロジェクトを担当しており、その中で私はエンジニアですがサービス設計にも携わる機会がありました。 そこでエンジニアがサービス設計に積極的に参加することには多くのメリットを感じたので、今回は紹
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?