「GPU」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「GPU」に関連する技術ブログの一覧です。

週刊生成AI with AWS – 2024/5/13週

みなさん、こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの小林です。 AWS Summit Japan はすでに登録いただいておりますか?6月20日(木)-21日(金)の2日間にわたって、幕張メッセで開催される日本最大のAWSクラウドを学ぶイベントです。もちろんそれだけではありませんが、お客様の生成AIに関する関心の急激な高まりを受けて、AWS Summit Japanでも生成AIをコンテンツの柱として設

「あの写真どこいった?」を画像認識で解決してみる

はじめに はじめまして、こんにちは。 フォルシアの基盤技術部でエンジニアをしている太田と申します。 突然ですが、みなさまはスマホ、デジカメ等々で写真を撮ることは多いでしょうか? 写真をよく撮られる方にあるあるのお悩みの一つに「あの写真どこ?」となることがあるかと思います。 今回はそんなお悩みが解決するような「文章による画像検索機能」を作成

KubernetesでGPUを使用する

こんにちは。サイオステクノロジーの塙です。 今回はKubernetes をベースとしたプラットフォームでGPUを扱っていくための手法について解説してみます。 概要 直近では特にAIや機械学習(ML)に関する話題が増え、これらの分野を活用したソリューションの実現を図る組織も多いのではないでしょうか。 これらの分野の計算リソースのためには、GPUが必要となってきます。 そ

さくらのクラウド高火力プランでGoogle Colabを使う

はじめに さくらのクラウドには、機械学習やディープラーニング(深層学習)に最適なGPUサーバを利用できる「高火力プラン」があります。 本記事では、Googleが提供している開発環境であるGoogle Colaborato […]

Amazon Bedrock ワークショップ に参加しました!

はじめに こんにちは!トモニテにて開発を行なっている吉田です。 今回は先日参加した Amazon Bedrock ワークショップに参加させいただいたのでそこで学んだことについて紹介します! ワークショップは AWS 様からエブリー向けに開催いただきました。 Amazon Bedrock とは Amazon Bedrock は、高性能な基盤モデル (Foundation Model) の選択肢に加え、生成 AI アプリケーションの構築に必

Amazon SageMaker JumpStartによるエンドポイントデプロイのベンチマークと最適化

大規模言語モデル (LLM) をデプロイする場合、機械学習 (ML) の担当者は通常、モデルサービングのパフォーマンスの 2 つの測定値に注目します。1 つ目は 1 トークンの生成にかかる時間で定義されるレイテンシー、二つ目は 1 秒あたりに生成されるトークンの数によって定義されるスループットです。デプロイされたエンドポイントへの単一のリクエストは、モデルレイテ

LLMで英会話の練習をしたい

皆さん、お疲れ様です。ニフティ基幹システムグループの山田(山田一族)です。 突然ですが、皆さんも昔は英語を話せるようになりたいと思っていませんでしたか?私も昔はそう思っていた時期がありました。 英語を話せるようになりたいと思って、かれこれ8年ぐらいは通勤時の電車内で BBC放送 のpodcastを聞いています。ですが一向に英語を話せるようにはなりませ

AWS における生成 AI インフラストラクチャ

この記事は、 Generative AI Infrastructure at AWS を翻訳したものです。 生成 AI モデルの構築やトレーニング、そして正確で洞察に満ちた出力の予測と提供には、大規模なインフラストラクチャを必要とします。 大規模言語モデル(LLM)や基礎モデル(FM)が生成する高品質の合成テキスト、画像、その他のメディアの出力には、大量のデータが必要です。 まず、モデルのトレー

Kubeflow Pipelines の local 実行で開発効率を上げる

はじめに AI Team MLOps エンジニアの西原です。2024 年 1 月にローカル環境で Kubeflow Pipelines を実行するドキュメントが公式から 公開 されました。今回はそのドキュメントを参考にローカル環境で Kubeflow Pipelines を実行する方法を紹介します。 はじめに Kubeflow Pipelines とは kfp を使った開発の課題 kfp を手元の開発環境で実行する ローカル環境でコンポーネント実行 アーティフ

AWS上の高度運転支援システム(ADAS)のためのモジュラー機能設計

このブログは、 Modular functions design for Advanced Driver Assistance Systems (ADAS) on AWS を翻訳したのものです。 過去 10 年間で、多くのプレイヤーがディープニューラルネットワーク(DNN)を使った自動運転車(AV)システムを開発してきました。これらのシステムはシンプルなルールベースのシステムから進化し、先進運転支援システム(ADAS)や完全な自動運転車へと変わってきて
3D, GPU, AWS

AWS上の高度運転支援システム(ADAS)のためのモジュラー機能設計

このブログは、 Modular functions design for Advanced Driver Assistance Systems (ADAS) on AWS を翻訳したのものです。 過去 10 年間で、多くのプレイヤーがディープニューラルネットワーク(DNN)を使った自動運転車(AV)システムを開発してきました。これらのシステムはシンプルなルールベースのシステムから進化し、先進運転支援システム(ADAS)や完全な自動運転車へと変わってきて
3D, GPU, AWS

日本語CLIP 学習済みモデルと評価用データセットの公開

はじめに 基盤モデル がAIの新潮流となりました。基盤モデルというとやはり大規模言語モデルが人気ですが、リクルートでは、画像

必要なぶんだけ GPU を使いたい。Kubernetes でやってみよう

こんにちは、ホシイです。 貧乏性なので、仕事中はたいてい費用のことを考えています。 今回は、機械学習インフラにも関連する記事です。AI に関しては SQUARE ENIX AI 技術ブログ もありますので、ご興味がありましたらぜひご覧ください! GPU をお安く、好きなときに好きなだけ利用したい AI の話題花盛りの昨今、アプリケーションで GPU を利用する機会も増えてきまし

AWS Inf2の導入による音声感情認識の爆速化とコスト削減

こんにちは、 RevComm Research Dept. Development Groupの id:tmotegi です。趣味は積読と日本酒を嗜んでおります。昨日は 仙禽の雪だるま を飲みました。現世で2度目のアドベントカレンダーなので緊張します。 この記事は RevComm Advent Calendar 2023  、15日目の記事です。昨日の記事は豊崎さんによる「 CodemagicでFlutterアプリをビルドする 」でした。 私達のチームは、 チームトポロジー
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?