「人工知能」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「人工知能」に関連する技術ブログの一覧です。

AWS Summit Japan 2024に参加しました

この記事は every Tech Blog Advent Calendar 2024(夏) 23日目の記事です。 こんにちは 開発本部データ&AIチームでデータエンジニアを担当している塚田です。 今回は先日行われたAWS Summit Japan 2024に現地参加する時間が取れましたので、 昨日の「Kotlin Fest 2024 に ひよこスポンサー として参加してきました!」に引き続きイベントレポートですが、個人的に印象に残ったことや聴講

AWS ITトランスフォーメーションパッケージ ファミリー(ITX)– 生成AIの土台となるデータ活用を支援し、パートナーと連携した支援を拡充。さらに、 公共のお客様の大規模なクラウド移行を支援する、新たな包括的クラウド移行支援プログラムを開発

みなさん、こんにちは。シニアマイグレーションスペシャリストの富松です。 AWSジャパンでは、AWSへの大規模なシステムの移行を実現し、ひいてはお客様のデジタルトランスフォーメーションをサポートする 「 AWS ITトランスフォーメーションパッケージ(ITX) 」を2021年に、2022年には内容を強化・拡大した「 AWS ITトランスフォーメーションパッケージ2.0(ITX2.0) 」をリ

インフラ未経験がガッツリ触って得た学び

はじめに 2024年4月から1ヶ月、株式会社MG-DXでバックエンド開発に参加させていただいた谷口健 ...

Audio-Mambaを使った音声分類

こんにちは、AIチームの戸田です 今回は近年Transformerの次のアーキテクチャになるのでは?と話題の状態空間モデル、Mambaを使った音声分類を試してみたいと思います。 Mamba Mambaは近年主流となっているTransformerの次のアーキテクチャとして期待されているモデルの一つです。LLMの文脈で目にすることが多いのですが、音声を扱う Audio-Mamba や、画像を扱う Vision-Mamba などの

組み込みソフトウェアにおける開発・改善の高速化への取り組み

組み込みシステムは、家電製品や医療機器、空調機、自動車といった特定の機能を提供するために設計されたハードウェア及びソフトウェアを指します。このブログでは、AWS Summit Japan 2024 の製造業ブース内で展示される「仮想化で組み込みソフト開発・改善の高速化」のデモについて説明します。組み込みソフトウェア開発における課題と、AWS クラウドの導入による課題

コンタクトセンター全体を見渡す Amazon Connect の分析とレポート

「重要なものすべてが測定できるわけではなく、測定できるものすべてが重要であるわけでもない」この言葉は、成功を測定するための適切な指標とレポートを選択する難しさを表しています。これは、特にコンタクトセンターに当てはまります。コンタクトセンターを成功させるには、平均処理時間 (AHT) や離脱率などの標準指標を分析し、顧客生涯価値 (CLV) などの専門

【徹底解説】Document Intelligenceを利用してRAGを構築する【セマンティックチャンキング】

こんにちは、サイオステクノロジー の佐藤 陽です。 今日は Azure の AI サービスである Document Intelligence を利用した RAG システムを構築してみたいと思います。 PDF データを独自データとした RAG を構築したい! Document Intelligence とか Azure AI Search ってどうやって使うの? セマンティックチャンキングって何? といった方は最後までご覧ください! はじめに こちらの サンプ

B2BサービスにおけるSPAのリロード戦略について考えてみた

はじめに AI 在庫管理のフロントエンドの開発を主に担当している鳥海です。 今回は AI 在庫管理のフロントエンドでシングルページアプリケーション (以下、SPA) における強制リロード戦略を考え、実装したので、 AI 在庫管理での強制リロードの仕組みについて、変遷を交えながらご紹介させていただければと思います。 なぜリロード戦略が必要なのか?: SPA におけるア

AI創薬【ビジネス成長のためのAI用語】

AI創薬【ビジネス成長のためのAI用語】 2024.6.14 株式会社Laboro.AI リードマーケター 熊谷勇一 用語解説 AI創薬とは、AIを活用して新しい医薬品を開発することを指します。従来、創薬には時間などの膨大なコストがかかり、新薬が市場に出るまでに多大なリソースを要しました。しかしAIを活用することにより、化合物の設計やドッキングシミュレーション(低分子・生体

誰でも簡単に生成 AI を活用! AWS Japan メンバーが作った PartyRock アプリ集

はじめに 昨今、生成 AI の進化が目覚ましく、さまざまなコンテンツを生成できるようになってきました。このような生成 AI の活用シーンを、誰でも簡単にアプリケーション化して共有できるようになったのが、AWS の新しいツール「 PartyRock 」です。PartyRock では、自然言語による画面操作だけで生成 AI を組み込んだアプリを作成し、URL を共有するだけで誰とでも利用で

寄稿:JFE エンジニアリング株式会社による生成 AI を利用した業務効率化の取り組みをご紹介

本稿は、JFE エンジニアリング株式会社による生成 AI を活用した業務効率化の取り組みについて、プラットフォーム開発をリードされた 上野 晶鋭 様、 武内 数馬 様より寄稿いただきました。 イントロダクション JFE エンジニアリング株式会社 (以降、当社) は、エネルギー、環境、社会インフラ、産業機械など幅広い分野でプラントや構造物のEPC(設計・調達・建設)、

Interop Tokyo 2024 〜​NTTグループ先端5G技術を結集したShowNetへの貢献〜

はじめに こんにちは、イノベーションセンターの梶江、原田、佐瀬、江崎、山田です。 NTTコミュニケーションズ株式会社 (以下、NTT Com) は、日本最大級のネットワーク展示会である 「Interop Tokyo 2024(会場:幕張メッセ、会期:2024年6月12日〜14日)」 において構築されるShowNet 1 に対し、昨年に引き続き 2 コントリビューターとしてローカル5G(以下、L5G)システムを提供

Geminiへの長文リクエストでResponseValidationError

G-gen の佐々木です。当記事では、Gemini Pro に長文のリクエストを送信した際に発生することがある ResponseValidationError について解説します。 当記事で使用する環境 事象 原因と解決方法 原因 原因の詳細 解決方法 当記事で使用する環境 当記事では、以下の記事で作成した Gradio の UI を使用するチャットボットの画面を用いて説明を進めます。 blog.g-gen.co.jp このチャットボッ

AWS で構築する生成 AI マーケティングポータル

はじめに このシリーズの前回の記事で、私たちは「 生成 AI のマーケティング戦略への適用: 入門編 」でマーケティング戦略に対する 生成 AI の変革的な影響を検討し、「 From Prompt Engineering to Auto Prompt Optimisation 」で Amazon Bedrock などのサービスを使用してマーケティングコンテンツの作成を強化するプロンプトエンジニアリングの複雑さを掘り下げました。 また、大規模
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?