「アジャイル」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「アジャイル」に関連する技術ブログの一覧です。

生成 AI ワークロードにおけるレジリエンス設計

レジリエンスは、あらゆるワークロードの開発において重要な役割を果たしており、 生成 AI ワークロードも例外ではありません。生成 AI ワークロードを開発する際には、レジリエンスの観点における独自の考慮事項があります。組織の可用性と事業継続性の要件を満たすためには、レジリエンスを理解し、優先順位を付けて対応することが不可欠です。本ブログ記事で

BDDはアジャイルに向く ― アジャイルコーチから見たBDD

振る舞い駆動開発(BDD)は品質向上や、テスト自動化の役に立つアプローチです。またアジャイルなソフトウェア開発やプロダクト開発に取り入れるのもとても有効ですが、期待できる効果は少し違ったものになります。本記事ではアジャイルコーチとして、アジャイルなチームにBDDを紹介するという立場で、働きや効果について考えてみます。 なおBDDについての素晴らし

"ギャルマインド" からサーバントリーダーシップのなんたるかを学んだ話

はじめに こんにちは!メンバーズの大和です! 昨年の6月にエンジニア => スクラムマスターへとロールチェンジをしまして、現在は 「公開!尊敬!勇気!確約!集中!」 と叫び続ける毎日を送っています。

◆Sqripts会員をご招待◆3.7開催|QA業界のパイオニアが語る!アジャイル・AI時代の品質保証の今

イベント概要 市場の不確実性・リリーススピードなどモノづくりにおける課題の多様化・仕組みの高度化など、開発現場では様々な変化が求められる時代になっています。もちろんテスト・QAにおいてもスピード感やAIの活用がより求められるようになってきています。 本イベントではQA業界のパイオニア3名が”アジャイル・AI時代における品質保証の今”というテ

Riot Games の AWS へのグローバル移行最終章 〜 最後のデータセンター閉鎖に向けた準備

このブログは 2023 年 11 月 27 日に Doug Buser 氏によって執筆された内容を日本語化したものです。原文は こちら を参照して下さい。 AWS re:Invent にて、Riot Games のグローバルインフラストラクチャとオペレーションの責任者である Brent Rich 氏が、同社が 2024 年初頭で完了予定の数年にわたるグローバル規模なデータセンター廃止の取り組みの最終段階にあることを発表しまし

Regional Scrum Gathering Tokyo 2024に参加しました(エンジニア編)

タイミーのyama_sitter、須貝、小林です。 国内最大級の アジャイル 、 スクラム 関連のイベント「Regional Scrum Gathering Tokyo 2024(RSGT2024)」 が1/10〜1/12の3日間にわたって開催されました。 2024.scrumgatheringtokyo.org タイミーには世界中で開催されるすべての技術系カンファレンスに無制限で参加できる「Kaigi Pass」という制度があります。 productpr.timee.co.jp こちらの制度を利用して

Regional Scrum Gathering Tokyo 2024に参加しました(スクラムマスター編)

タイミーのmaho、ShinoP、りっきーです。 国内最大級の アジャイル 、 スクラム 関連のイベント「Regional Scrum Gathering Tokyo 2024(RSGT2024)」 が1/10〜1/12の3日間にわたって開催されました。 2024.scrumgatheringtokyo.org タイミーには世界中で開催されるすべての技術系カンファレンスに無制限で参加できる「Kaigi Pass」という制度があります。 productpr.timee.co.jp こちらの制度を利用して今

第14回 さまざまな方法論 − リーンスタートアップ・DevOps

この連載は、登場して20年が過ぎ、成熟期を迎えつつある「アジャイル開発」を解説します。アジャイル開発については、世の中にたくさんの書籍や情報があふれていますが、アジャイルコーチとして10年以上の現場経験をもとに、あらためて学び直したい情報を中心にまとめていきます。 第14回目のテーマは、リーンスタートアップとDevOpsを解説します。 この内容はUdemy

スポンサーとしてRSGT2024を盛り上げてきた

こんにちは、カケハシのVPoEの湯前( id:yunon_phys )です。2024年1月10日から12日まで開催されたRegional Scrum Gathering Tokyo(RSGT)2024に、カケハシはゴールドスポンサーとして初参加しました。本エントリはスポンサーとして参加に至った経緯と当日の様子を書きます。 スポンサードはコミュニティへの還元のため カケハシはこれまでほぼ全てのプロダクト開発にスクラムを導入し、

組織内での AWS CDK 利用拡大のためのベストプラクティス

企業はクラウド移行の加速を常に追求しています。Infrastrcture as Code (IaC) は、クラウドリソースを効率的に自動化および管理するうえで不可欠です。 AWS Cloud Development Kit(AWS CDK) を使用すると、お気に入りのプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャをコードとして定義し、 AWS CloudFormation を使用してデプロイできます。この記事では、組織内での CDK の採用を加速

製造現場でデータドリブンとクラフトマンシップは交わるのか?

こんにちは。元メーカー生産技術出身でAWSへ転身した、変わり種ソリューションアーキテクトの岩根と黒田です。 ものづくり白書2023 では、日本の製造業について「我が国の生産現場は、高度なオペレーション・熟練技能者の存在によって、現場の最適化・高い生産性に強みを持つ」と分析しており、熟練技能者がクラフトマンシップを発揮して高い現場力を維持してい
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?