ニフティ株式会社 の技術ブログ

Version Catalogを使ってみましょう

💡はじめに 🐘 Gradleの進化 🧩 課題解決 💻 Groovy DSL → Kotlin DSL → Version Catalog 💫 成果 💡はじめに こんにちは。ニフティ株式会社のLinです。 台湾出身のモバイルアプリエンジニアとして、社内で「マイ ニフティ」の Android および iOS 版の開発を担当しております。 今回は、Gradle

とりあえずでDockerイメージにAlpine Linuxを選択するのはやめましょうという話

はじめに 本番用Dockerfileには軽いからAlpine Linuxを使おう!という話はよく聞きますが、リスクがあるので何も考えずに使うのは避けましょう、というお話です。 Alpine Linuxを使う意味 イメージサイズの減少 「軽量」LinuxなのでこれがAlpine Linuxを使う最大かつ唯一の理由だと思います。 ただし現実的にイメージサイズに差があるか?というと、大きな差はないです。 debian-slim

ニフティのデータ基盤を紹介します

はじめに はじめまして。ニフティ株式会社の鹿野です。 この記事ではニフティのデータ基盤をご紹介いたします。 データ基盤とは データ基盤は、部署を横断して複数のデータを集約する場所です。 サービスやプロダクトを横断してデータを活用することで、顧客体験やビジネス価値を向上させることを目的として活動しています。 データ基盤の構成 採用している技術

8/8 InnerSource Gathering Tokyo 2024に当社エンジニアが運営参加いたします

インナーソースコミュニティであるInnerSource Commons Japanが2024年8月8日にInnerSource Gatheringを日本初開催いたします。 イベントの詳細、参加につきましては下記ページを参照ください。 https://gatherings.innersourcecommons.org/tokyo-2024/ 当社では、今回運営参加する基幹システムグループの芦川、小松を中心にインナーソースの推進活動をしております。活動の様子につきましては、 イ

Amazon RDS for MySQLのマイナーバージョンアップグレードに失敗した話

はじめに 先日、Amazon RDS for MySQLのマイナーバージョンアップグレードに失敗したのですが、調べても情報が見つからなかったので情報共有のために記事にしました。 経緯 先日、AWSからこんな通知がありました。 [アクションが必要です] Amazon RDS for MySQL は、2024 年 3 月 29 日にマイナーバージョン 8.0.31、8.0.29、8.0.28 を廃止します | [Action Required] Amazon RDS for MySQL is deprecating min

Amazon EventBridge API 送信先を利用してAWS Amplifyで配信している静的ページの定期リビルド機構を組んだ話

はじめに こんにちは。ニフティ株式会社の添野です。 AWS Amplify で配信している静的ページに対する定期リビルド機構を組む必要があったので、その際に Amazon EventBridge API 送信先 を利用した話を共有します。 背景 社内のとあるサービスで利用する静的ページの配信基盤にAWS Amplifyを採用しており、そのページの中には定期的に変わるコンテンツが存在します。その仕様の

ZapierでX投稿するAPIを呼び出して結果をSlackに通知してみた

はじめに こんにちは。ニフティ株式会社の並木です。 今回は「Zapier」でAPIを呼び出し、実行結果をSlackに通知する方法についてご紹介いたします。 背景 以前「 Zapierを使ってRSSフィードの更新をトリガーにしたTwitterへの自動投稿機能を作ってみた 」で紹介した方法で、RSSフィードの更新をトリガーにしたX(旧Twitter)への自動投稿機能を作成したのですが、上記記事の「

AWSのコスト削減を試した話(EC2編)

はじめに こんにちは。ニフティに新卒で入社して多分6年目の佐々木です。今回はAWSのサービスの一つである EC2 についてコスト削減を行う方法を紹介します。 以前ご紹介したコスト削減手法ついては、以下のブログ記事をご参考ください。 CloudWatch編 S3編 CloudFront編 背景 ニフティではサービス基盤にAWSを活用しており、コスト削減のためにサービスのインフラ効率を追求

これから始めるエンジニアの一歩!必読のアドバイス集

はじめに 「春からエンジニアだけど何もわからなくて不安。どんな準備をしたらいいのだろう?」 そんなお悩みを抱えている人達に向けて、ニフティのエンジニアが書き上げたブログの中から新米エンジニアに是非読んで頂きたいブログを厳選しました。 このブログには以下の内容が書かれています。 新米エンジニアにおすすめな汎用的な技術書 業務効率化方法 新人

データに基づく意思決定

マイ ニフティ というニフティ会員向けアプリのチームで、スクラムマスターを務めている西野です。 スクラムマスターとしてPO(プロダクトオーナー)のサポートが十分にできているか課題を感じており、去年PO向けの研修を受けてきました。研修中、POとして振る舞ってみると「意思決定の怖さ」を感じるシーンが多くあり、それをきっかけとして「効果的な意思決定

8時間勉強で第二種衛生管理者に合格した体験談

はじめに こんにちは。宮永です。 友人が勉強し始めるというのでノリで受験してきました。申請書取り寄せから免許申請まで一連の体験談を書いていきます。 先に白状すると、8時間勉強で合格したのは私の事前知識が関係しています。勉強面以外の工程が他の資格と比べてかなり特殊だったので、これから受験する人の参考になればと思います。 ※2024年4月から受験申

Terraformからcargo lambdaを使って、Rustアプリケーションを高速にデプロイする

ニフティのN1! Machine Learning Product Engineer 中村です。 最近はRustを書いていて、TerraformとRustの組み合わせでの知見がネット上にないなと思ったので書き残します。 TerraformでLambdaのデプロイを完了させる 業務利用からプライベート開発に至るまで、自分自身はLambdaのデプロイは多くをTerraformで完結させています。 Terraformにアプリケーションコードを含めたくないという声があ

Docker Compose v1 が GitHub Actions で使えなくなった件

基幹システムグループ N1! オートメーションスペシャリストの南川です。 今回は、Docker Compose v1 ( docker-compose コマンド) が GitHub Actions の Ubuntu と Windows のイメージで使えなくなった件について説明します。 背景 2024年4月3日の朝に、以前紹介したDockerイメージのビルド失敗を通知するGitHub Actionsのワークフローが失敗しているのを確認しました。 GitHub Actions で Docker イメージ

【インタビュー】ニフティのオプションサービス開発エンジニアってどんな人?【オプション後編】

前回の記事では、ニフティのオプションチームで働く社員に、業務内容やチーム環境についてインタビューを行いました。 今回はインタビューの後編をお届けします。前編はこちらの記事をご覧ください。 【インタビュー】ニフティのオプションサービスを開発しているチームに仕事について聞いてみました!【オプション前編】 オプションチームではどんなスキルが

【インタビュー】ニフティのオプションサービスを開発しているチームに仕事について聞いてみました!【オプション前編】

自己紹介 T.Mさん 新卒5年目で、サブリーダーをやってます。入社時からオプションサービスの開発運用を担当していて、現在は常時安全セキュリティ24や@ nifty セキュア・プライバシーなどのセキュリティサービスを中心に、おしゃべりなども担当しています H.Sさん 同じく新卒5年目で、@nifty ADクリーナーのバックエンド、インフラ中心に開発を行っています。オプション