「Tableau」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「Tableau」に関連する技術ブログの一覧です。

Amazon Connect 分析データレイクでカスタムコンタクトセンターのインサイトを簡素化

分析はコンタクトセンターの成功に不可欠です。顧客エクスペリエンスの各タッチポイントのインサイトを取得することで、パフォーマンスを正確に測定し、変化するビジネスニーズに適応することができます。一般的なメトリクスは Amazon Connect コンソールにありますが、ビジネス固有のニーズに基づいてレポートを作成するために、より詳細な情報やカスタム要件が必

AWS 分析サービスがデータへのユーザーアクセス、アクセス許可設定、監査を効率化

AWS IAM アイデンティティセンター の最近導入された機能として、 信頼されたアイデンティティ伝播 に基づいた新しいユースケースが発表されました。 一般的に使用されているビジネスインテリジェンス (BI) アプリケーションである Tableau でエンドユーザーのアイデンティティを Amazon Redshift に伝播できるようになりました。これには 3 つのメリットがあります。エンドユ

ニフティのデータ基盤を紹介します

はじめに はじめまして。ニフティ株式会社の鹿野です。 この記事ではニフティのデータ基盤をご紹介いたします。 データ基盤とは データ基盤は、部署を横断して複数のデータを集約する場所です。 サービスやプロダクトを横断してデータを活用することで、顧客体験やビジネス価値を向上させることを目的として活動しています。 データ基盤の構成 採用している技術

What's new with BigQuery(Google Cloud Next '24セッションレポート)

G-gen の西島です。本記事は Google Cloud Next '24 in Las Vegas の2日目に行われた Breakout Session「 What's new with BigQuery 」のレポートです。 他の Google Cloud Next '24 の関連記事は Google Cloud Next '24 カテゴリ の記事一覧からご覧いただけます。 セッションの概要 BigQuery data preparation(Preview) BigQuery workflows(Preview) BigQuery continuous queries(Preview) Cross-region disaster recovery(Preview) Query accelerati

SlackでTableau Vizを自動配信:データへの関心を高めるための実践ガイド

はじめに この記事は Safie Engineers' Blog! Advent Calendar 2023 13日目の記事です。 こんにちは。データ分析基盤グループでデータアナリストをしているワンです。 データ分析基盤グループに関しては、下記の記事で詳しい情報が掲載されています。この分野にご関心がある方は、ぜひご一読ください。 engineers.safie.link データを活用したビジネス改善とビジネスサイドとの連携強

Appビルダー試験に2回落ちた話。Day.9

★SHIFTGroup技術ブログ(公式note)でアドベントカレンダー★ SHIFT公式ブロガーによるブログ版アドベントカレンダーで、SHIFTらしい多彩な最新記事をクリスマスまでの25日間に毎日お届けします! SHIFT公式アドカレ2023まとめ記事 SHIFT公式アドカレ2022はじめます SHIFTGroup技術ブログTOP 昨日の記事は、 『 2023年CAT・TD総括! 』 でした。いかがでしたか?さて本日はこちら! は

Amazon Mexico FP&A が財務分析で QuickSight を活用

本記事は Amazon Mexico FP&A の Gonzalo Lezma によるゲスト投稿です。 メキシコの財務計画と分析(FP&A)チームは、 Amazon Mexico に関連する計画、分析、報告について、Amazon の CFO と経営陣に戦略的サポートを提供しています。私たちは、すべてのビジネスグループの内部損益(P&L)レポートなど、主要な財務成果物を作成および管理します。また、月次予測見積もり、年間運

Data Catalogを徹底解説!

G-gen の杉村です。Google Cloud のメタデータ管理ツールである Data Catalog を解説します。 概要 Data Catalog とは Data Catalog の機能 データカタログの利点 メタデータとは データ検索機能 検索方法 クエリの構文 メタデータ管理機能 Data Catalog が自動収集するメタデータ Google Cloud 以外のカタログ化 テクニカルメタデータとビジネスメタデータ テクニカルメタデータ ビジネスメタ

What is データ分析基盤

こんばんは。データ分析基盤グループ所属の大室です。 セーフィーではデータドリブン経営を推進すべく、2021年頃からデータ分析基盤のシステム開発が始まり、2022年に専門の組織「データ分析基盤グループ」が立ち上がっています。 システムも組織も産声を上げたばかりのデータ分析基盤。本記事ではその歴史や背景、組織やアーキテクチャにスポットライトを当てた

ユーザベース、データ分析活用を業務の意思決定に活かす仕組み創りを推進──Tableauを使ったデータ可視化・分析研修を開催。

こんにちは。ユーザベースTech Brandingチームです。 先日社内で開催したセルフサービス型BIツールであるTableauを使った「データ可視化・分析研修」の様子をイベントレポートとしてまとめました。 新型コロナウイルスの流行、自然災害、AI技術の急激な進化──環境が目まぐるしく変化し、将来の予測が難しい現在のビジネスにおいて、データドリブンな意思決定や業務改

AWS ライフサイエンスエグゼクティブシンポジウム 2023 のハイライト: データへのアクセスとインサイトの活用

この記事は “ Highlights from the AWS Life Sciences Executive Symposium 2023: Unlocking access to and insights from data ” を翻訳したものです。 5 月 15 日にボストンで AWS ライフサイエンスエグゼクティブシンポジウム を開催しました。そこで、 「データへのアクセスとインサイトの活用」 をテーマにしたトラックを私がリードしました。100の組織から集まった300人以上のライフサイエンス担当

Tableau DATA SABERにチャレンジした話

はじめに マイナビ内でTableau DATA Saber認定制度に挑戦された3名に、師匠(前編)・弟子(後編)それぞれの立場で2作に分けて体験記を書いていただきました。 本記事では後編・弟子についてお届けします。前編・師匠については こちら をご覧ください。 自己紹介 ご覧いただきありがとうございます。データソリューション統括部 データ活用推進1課のT・SとS・Sです。2

データドリブン文化の推進のためにTableau DATA Saberを取得し、弟子を育成した話

はじめに マイナビ内でTableau DATA Saber認定制度に挑戦された3名に、師匠(前編)・弟子(後編)それぞれの立場で2作に分けて体験記を書いていただきました。 本記事では前編・師匠についてお届けします。 自己紹介 ご覧いただきありがとうございます。データソリューション統括部 データ活用推進2課のI・Rです。 この度マイナビのデータドリブン文化醸成の足がかり

LIFULL主催の技術勉強会 Ltech 『#23 LIFULLにおけるSalesforce活用事例について語ります』開催レポート

こんにちは!LIFULLのエンジニアで、Ltech運営チームの河西です!今回は 2023年2月21日(火)に開催した『Ltech#23 LIFULLにおけるSalesforce活用事例について語ります』についてレポートします。 Ltechとは 株式会社LIFULL主催の、技術(エンジニアリング・テクノロジー)をテーマにしたイベントの総称です。 特定の技術に偏らず、様々な技術をピックアップしていきます。 Session1

NIFTY Tech Talk #8 ニフティのデータ分析を語る会を開催しました!

はじめに こんにちは!新卒入社4年目の松下です。管理会計・データ分析ユニットで購買データやお客様の声のデータ分析をしています。 先日「NIFTY Tech Talk #8 ニフティのデータ分析」というイベントを開催しました。その様子をご紹介します。 イベント概要 NIFTY Tech Talk は、ニフティ株式会社の社員が主催するトークイベントです。 本イベントではニフティ社員が業務を
123
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?