「品質管理」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「品質管理」に関連する技術ブログの一覧です。

製造イノベーションの強化:AI と生成 AI の Centers of Excellence (CoE) がモダナイゼーションを推進する方法

本記事は、2024 年 7 月 5 日に公開された記事「 Empowering Manufacturing Innovation: How AI & GenAI Centers of Excellence can drive Modernization 」を翻訳したものです。 はじめに 機械学習(ML)、人工知能(AI)、生成 AI(GenAI)などのテクノロジーは、労働力を強化しながら、効率的で持続可能な製造業の新時代を切り開きます。AI を製造業に適用できる領域には、予知保全、欠陥検出、サプ

今のうちに知っておこう。2038年問題

こんにちは。最近、開発者⇒テストエンジニアとなりました、だいだいです。 早速になりますが、皆さんは「2038年問題」ってご存じでしょうか? え、「2000年問題」じゃないの? と思われる方もいらっしゃると思いますが、違います。「20”38”年問題」です。 今回は、昔大きく話題になった「2000年問題」よりも深刻になり得そうな「2038年問題」について、他の似た

「RAKUS Tech Conference 2024」を8/7(水)14:00~に開催します!

RAKUS Tech Conference 2024とは? 開催概要 開発本部長メッセージ RAKUS Tech Conference 2024の見どころ 本イベントを視聴・参加するメリット!! 申込特典! タイムテーブル 過去のRAKUS Tech Conference RAKUS Tech Conference 2022 RAKUS Tech Conference 2023 参加者からのフィードバック ご参加お待ちしております! 技術広報のyayawowoです! 今年も ラク ス開発本部主催の技術カンファレンス、「RAKUS Tech

生成 AI を活用して工場の稼働率低下の原因分析を行う

みなさん、こんにちは!製造業のお客様を中心に技術支援を行っているソリューションアーキテクトの山田と新澤です。 AWS Summit Tokyo が 2024 年 6 月 20 日(木)、21 日(金)の 2 日間、幕張メッセにて開催されました! 大盛況のまま無事イベントを終えることができました! 製造業向け展示ブースでどのようなデモが披露されたかについては以下の予告ブログもご参照く

TPI NEXT®を活用したテストプロセス改善

ソフトウェア品質の向上に向けた活動は終わりの無い、息の長い取り組みです。 活動の成果を出すためには開発現場任せにせず、計画的・組織的なプロセス改善を行う取り組みが王道です。 本書では、そのような取り組みに活用できるテストプロセス改善モデルの一つ、「TPI NEXT」の概要をご紹介します。 テストプロセス改善の課題 テストプロセス改善には下記に示す

ジョブチェンジを行うことによるメリットの紹介

みなさん、はじめまして。たけちゃんです。 私はこれまで2回のジョブチェンジを経験しており、現在は第三者検証会社にてテスト業務を中心に様々な案件に携わっています。本ブログではジョブチェンジを実施してきた経緯とメリットについてお伝えできればと思います。 これまでの経歴について 私はこれまで以下のジョブチェンジを行ってきました。 勤務先 勤務年

E2Eテストをシフトレフトしてdevelopブランチでの自動テスト実行時間を80%短縮した話

QAの山下です。 QAグループという名前で横断組織として手動&自動テストやツール開発、プロセス改善など仕組みづくりに取り組んでいます。 今回は LIFULL HOME'S の開発で実行されているE2Eテスト(リグレッションテスト)をシフトレフトし、実行時間を80%短縮した話を紹介します。 ざっくり何をやったのか 大規模なリポジトリでのdevelopマージ後のE2Eテストの9割をPR上

QAがスクフェス新潟に参加して学んだこと

こんにちは。QAのくぼぴー( @kubop1992 )です。 2024年5月10日にスクフェス新潟に参加したので、そこで学んだことを書いてみようかと思います。 スクフェス新潟とは スクラムフェス新潟 は、スクラムと名を冠していますが、同時にテストや品質について興味のある方が多く参加されています。 コンセプトとしては以下のような内容を扱います。 特に以下のようなテーマに興

SECIモデルを活用したAWSでのプルリクエスト権限の委任と品質管理

本記事は 【プルリクウィーク】 5日目の記事です。 💻 4日目 ▶▶ 本記事 ▶▶ 6日目 📚 はじめに こんにちは!最近また子どもたちがバナナハマり期に入っていて、バナナのスケーリングが間に合っていない志水です。前回のハマり期は一気にスケーリングさせたタイミングで食べなくなり、一人でコツコツ食べる羽目になったので、今回のバナナスケーリング戦略(BSS)

JISさんぽ (02)  JIS Z 8522:2022「人間工学-人とシステムとのインタラクション-情報提示の原則」

こんにちは、QAコンサルタントのツマミです。 皆さま、先日JIS ※1 スキーのツマミが報告しましたコラム、 JIS Z 8520:2022「人間工学-人とシステムとのインタラクション-インタラクションの原則」 はご覧いただけましたでしょうか。「インタラクションの原則」を知ってくださった方に是非お勧めしたいJISがありまして、またしても出張ってまいりました。 JISさんぽ (01)

AppSheet の導入戦略ベストプラクティス

本記事では、Google のノーコード開発ツールである AppSheet の管理者向けに、導入戦略のベストプラクティスをご紹介します。 はじめに AppSheet とは 当記事について 開発モデルの選択 集中開発 ハイブリッド開発 市民開発 ガバナンスモデルの策定 導入企画のステップ 1. ステークホルダーを特定する 2. 実行チームを組織する 3. 目標と優先順位を決定する 4. ゴールを定義し

トレーサビリティを制する者は品質を制する!~IT業界におけるトレーサビリティを解説~

こんにちは! テストエンジニアのマツキョーです! 「トレーサビリティ」という言葉をご存知でしょうか? トレーサビリティは英語の「trace」と「ability」を繋げた造語で、日本語では「追跡可能性」のように翻訳されます。元々は製造業の品質管理の概念として生まれたもので、部品から製品までの各製造工程で品質を管理するための手法です。近年では、IT業界に

会津大生が ABEMA のインターンシップで動画技術とクラウドでスポーツクリッピングの効率化に貢献した話

はじめに こんにちは!会津大学学部2年の伊藤優汰です。私はユオレイ ( Xは@yuorei71、Gi ...

【第9回】目に見えにくいプロセス管理こそ品質達成の鍵

本連載ではプロジェクトマネジメントの全体像と、プロジェクトを成功させる上で最低限抑えるべき知識と技術はもちろん、プロジェクトを炎上させないための技術やコツをお伝えしたいと思っています。 みなさんのプロジェクトが今以上に充実し、笑顔でプロジェクト終結を迎えられるよう一緒に学んでいきましょう。 第9回となる今回のテーマは「プロジェクトの品
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?