「GitHub」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「GitHub」に関連する技術ブログの一覧です。

kind (Kubernetes IN Docker) でクラスタ構築時に済ませておきたいポート設定の基本

はじめに こんにちは!新卒1年目のTKDSです! 今回はkindで任意のポートをローカルマシンのポートに マッピング する方法を紹介します. 実際にkindでclusterを作成して動作確認をしながら進めます. はじめに kindとは default 設定でのCluster構築 Cluster作成 deploymentとNodePortの作成 kindの設定ファイルの作成 設定したポートにアクセスする まとめ kindとは コンテナを使用して, k

バージョンアップしんどい!!って思ったから仕組み化した話

どうも、職人です! バージョンアップ?なにそれおいしいの? バージョンアップの何が辛い? メインタスクとの兼ね合い そのライブラリがどこで使用されているか バージョンアップをして問題ないだろうか バージョンアップするときの面倒な作業 どこを効率化できるだろうか Dependabot Dependabotを導入した結果 あれ、このライブラリ既視感あるな... GitHub Actionsで過去のPR

インフラチームのネットワーク業務紹介

はじめましてニフティ株式会社インフラシステムグループインフラチームの松居と申します。以前、 福田から紹介をしていたインフラチーム 内でご紹介していた ②ネットワークを担当するチーム について今回はご紹介させていただきます。 私はニフティには中途で入社し、それ以来ネットワーク一筋、16年ほど携わっております。ネットワークと一口に言うとかなり広

開発環境をGCP上に作りたい&Terraform管理したい

SREチームの島です。最近Terraformを書いてるのですがまだまだ理解不足なところもあり日々試行錯誤しています。 今日は開発環境をTerraformで作成した話をします。 背景 複数人でGCP上で動くアプリを開発したい 各自がローカルで変更したソースを動作確認できる環境を作りたい やりたいこと 各自がローカルで変更したソースを動かせる環境をGCP上に作りたい 全部ローカル

今日からできる!Reviewerから求められるレビュー依頼術

こんにちは、おのぽんです。 Tweets by onopon_engineer   最近ダイエットをしているのですが、甘いものが大好きなので常日頃食べたい気持ちはあるものです。 そんな中でも、脂質を抑えられるけど食べれるおやつはなんだろう?と考えてたどり着いたものは「カステラ」でした。 カステラは脂質は低い一方でタンパク質や炭水化物の含有量も一定あるので、腹持ちが良く

【イベントレポート】Kubernetes活用の手引き 私たちの基盤構築・運用事例 Lunch LT

はじめに こんにちは。ブランドソリューション開発本部WEARバックエンド部SREブロックの山岡( @ymktmk )です。 2024年1月25日にFindy社によるオンラインイベント「Kubernetes活用の手引き 私たちの基盤構築・運用事例 Lunch LT」が開催されました。このイベントでは、株式会社メルカリさん、株式会社MIXIさん、LINEヤフー株式会社さんから一人ずつ、弊社からも私がLTをしてきま

myTOKYOGAS内製化ジャーニー ~ エンジニアゼロからの挑戦 ~

こんにちは、 東京ガス のCX推進部デジタル マーケティング グループでテッ クリード をしております中島です。 東京ガス では「myTOKYOGAS」のリニューアルプロジェクトにおいて、事業組織内に内製開発チームを立ち上げ、2023年11月にサービスインまでやり遂げました。今では自動テストやCI/CDの稼働はもちろんのこと、内製開発チームにて2週間1スプリントでの アジャ

TensorIoT と AWS 上で炭素会計ソリューションを構築する方法

炭素会計とは、組織の事業活動に関連する温室効果ガス (GHG) 排出量を、各種の排出源からのカーボンフットプリントを特定して、定量化、そして報告する方法を指します。 これらの排出源には、現場での活動からの直接排出 (スコープ 1)、購入したエネルギーからの間接排出 (スコープ 2)、サプライヤや顧客を含むバリューチェーンからの排出 (スコープ 3) が含まれます

【GitHub】チームの情報粒度を揃えるためのissue formsテンプレートの作り方

はじめに こんにちは。フロントエンド開発課に所属している新卒1年目のm_you_sanと申します。 今回はissue formsを使って GitHub Issuesのテンプレートを作成する方法について、紹介したいと思います。 はじめに issue formsとは?導入するメリットは? 作り方 まとめ issue formsとは?導入するメリットは? issue formsは、 GitHub 上で提供される GitHub Issuesに入力フォームを追加する機能

AWS Inferentia と AWS Trainium を用いた、AWS SageMaker JumpStart によるコスト最適化された Llama 2 モデルのファインチューニングとデプロイ

この記事は、 Fine-tune and deploy Llama 2 models cost-effectively in Amazon SageMaker JumpStart with AWS Inferentia and AWS Trainium  を翻訳したものです。 本日、 Amazon SageMaker JumpStart における AWS Trainium および AWS Inferentia インスタンスを使用した Llama 2 推論とファインチューニングのサポートの提供を発表できることを大変嬉しく思います。SageMaker を通じて AWS Trainium および AWS Inferentia ベースの

セキュリティカンファレンス「JSAC2024」に参加してきた話(聴講編)

こんにちは、NTT Com イノベーションセンターのNetwork Analytics for Security(NA4Sec)プロジェクトです。Team NA4Secでは2024年1月25日・26日に開催されたセキュリティカンファレンスJSAC2024に参加しました。この記事では、聴講した中で特に印象深かった講演について紹介します。 また、Team NA4Secでは2件の講演についても登壇しており、その内容は セキュリティカンファレンス「JSAC

OpenCommitをGitHub Actions上で実行してコミットメッセージを自動生成する

初めに ISID X(クロス) イノベーション 本部 の三浦です。 日に日に生成AIへの依存を深める日々を過ごしています。 今回は、OpenAIの API (デフォルトモデルはgpt-3.5-turbo-16kです)を利用したOpenCommitという OSS を使用しましたのでご紹介いたします。 コミットメッセージ生成ツールとなります。 OpenCommitとは? 公式ページ https://github.com/di-sukharev/opencommit 実行イメージ ChatGPT4

自動シャットダウンソリューションを使ってAmazon SageMaker Canvas のコストを最適化する方法

Amazon SageMaker Canvas は、様々な機能を備えたコーディング不要の機械学習 (ML) と生成 AI ワークスペースです。見やすい画面とコーディング不要のインターフェースにより、世界中のお客様が ML テクノロジーをより簡単に採用し、いろいろな課題を解決できるようになりました。 これは、SageMaker Canvas が ML のワークフロー全体をカバーできていることに起因します。データ

Half-Year Anniversary of the Launch of KINTO FACTORY: A Path of Challenge and Learning

Introduction Hello, I am Nishida, a backend engineer at KINTO FACTORY. It has been six months since the launch of KINTO FACTORY, and I would like to talk about the problems we encountered since we started operating the service, mainly involving its release and system monitoring, and what we have learned. About KINTO FACTORY I will give a brief overview of KINTO FACTORY's service. The service allows you to update functions and items such as hardware and software that are appropriate for your
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?