「Python」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「Python」に関連する技術ブログの一覧です。

Meta の Llama 3 モデルが Amazon Bedrock でご利用いただけるようになりました

4月23日、 Amazon Bedrock で Meta の Llama 3 モデルが一般発売されたことを発表します。Meta の Llama 3は、 生成 AI アプリケーションを構築、実験、責任を持ってスケールする事ができるように設計されています。新しい Llama 3 モデルは、推論、コード生成、およびインストラクションチューニングの改善により、幅広いユースケースをサポートできる最も優れたモデルです。 Meta

Ruby gem を AWS CodeArtifact に追加する

Ruby デベロッパーは、 AWS CodeArtifact を使用して gem を安全に保存および取得できるようになりました。CodeArtifact は、 gem や バンドラー などの標準のデベロッパーツールと統合されています。 アプリケーションでは、ネットワークアクセス、暗号化、データ操作などの一般的なタスクに再利用可能なコードを提供し、多数のパッケージを使用して開発を加速することがよく

LLM に表データを読み解かせたかったので、ちょっと試してみた

AI事業本部 協業リテールメディア Div. の青見 (@nersonu) です。2023年11月に ...

エブリーは Go Conference 2024 にプラチナGoルドスポンサーとして協賛いたします

はじめに Dev Enableチームの羽馬( @NaokiHaba )です。 この度、エブリーは2024年6月8日(土)に開催される『Go Conference 2024』に、プラチナGoルドスポンサーとして協賛することになりました! gocon.jp エブリーでは、Go言語を積極的に採用し、様々なプロジェクトでその力を発揮しています。今回の協賛を通して、さらなるGo言語コミュニティの発展に貢献できればと考えております。

OSSを使った社内LLMツールの爆速開発と運用

みなさんこんにちは! ワンキャリアでテックリードをしている高根沢(X: @p0x0q_jp )です! 今回は、ワンキャリア社内で使っている社内LLMツールについて、ご紹介できればなと思います。なお、わかりやすく説明するために、合同勉強会をイタンジさんと実施したときのスライドを用います。

Python アプリのモニタリングを Amazon CloudWatch Application Signals (プレビュー) で実施

AWS は re:Invent 2023 で Amazon CloudWatch Application Signals を発表しました。これは Java アプリケーションの健全性をモニタリングして理解するための新機能です。本日、Application Signals が Python アプリケーション のサポートを開始したことをお知らせします。 Application Signals を有効化することで、コード変更なしで Python アプリケーションに AWS Distro for OpenTelemetry (ADOT) を導入できる

QAもエンジニアもしたい器用貧乏の私は、チームにどんな価値を提供できるのか

こんにちは。ソフトウェアエンジニアのくぼぴー( @kubop1992 )です。 2023年9月1日より、カケハシのMusubi 開発チームにジョインしました。(もう半年も経っている!)。 初めてテックブログを書くので緊張しますが、昨年より大規模なリファクタリングを行い、その中でサーバサイドエンジニアとしての役割と、QAエンジニアとしての役割を担うことがあり、二足の草鞋を履

最新!この2週間でもっとも読まれた記事|2024.4.23~5.6 PV数ランキングTOP10

/ 📢 このたび独自ドメインになりました \ こんにちは!「SHIFTGroup技術ブログ」編集部のノザワです。 いつもご覧いただきありがとうございます! 今年の春の大型連休もあっという間に終わってしまいましたね。 疲れを癒したり、リフレッシュされた方も多いのではないでしょうか? 10連休で海外旅行からインスタ投稿されるのを眺めて羨ましいな~なんて思ったり

Amazon Bedrock の Knowledge Base で文字変換をやってみた

はじめまして。SCSK渡辺(大)です。 シティーハンターの実写映画が面白かったので続編を熱望しています。 今回は、 Amazon Bedrock の Knowledge Base で 文字変換 をやってみました。 Pythonのreplaceメソッドを使えば簡単に文字変換することが出来るのですが、敢えてBedrockのKnowledge Baseを使いました。 まだまだ修行中の身ですので間違いが多々あるかもしれませんが、暖かい目で見

Amazon Bedrock で利用可能になった Cohere Command R および R+ でスケーラブルなエンタープライズグレードの生成 AI ワークロードを実行

2023 年 11 月、Amazon Bedrock で 2 つの新しい Cohere モデル (Cohere Command Light と Cohere Embed English) が利用可能になりました 。4月29日、 Amazon Bedrock にさらに 2 つの Cohere モデル (Cohere Command R と Command R+) が追加 されたことを発表します。 組織は、エンタープライズデータソースに保存されている情報を安全に操作するために、 生成人工知能 (生成 AI) モデルを必要としています。Comm

BigQuery のテーブル定義書を自動生成してみた

はじめに こんにちは、クラウドエース データソリューション部所属の木村です。 BigQuery でテーブルスキーマの変更や新しいテーブルの追加を行うたびに、ドキュメントの更新作業にうんざりした経験はありませんか?手動での更新は時間もかかり、ミスも起きやすいです。「これが自動でできたら楽なのに」と思ったことは、私だけではないはずです。 そこで、今回の

Cloud Runの最小インスタンス数をスケジュールベースで自動スケーリングする

G-gen の佐々木です。当記事では、Cloud Run の最小インスタンス数を、特定の時間帯で自動的にスケーリングさせる処理を実装していきます。 前提知識 Cloud Run について Cloud Run のコールドスタート サービスレベルの最小インスタンス数の設定 構成 スケーリングの対象となる Cloud Run サービスのデプロイ 各種ファイルの準備 作成するファイルについて Cloud Functions にデプロ

Knowledge Bases for Amazon Bedrock がメタデータフィルタリングをサポートし検索精度向上

AWS re:Invent 2023 にて、 Knowledge Bases for Amazon Bedrock  の一般提供を発表しました。Knowledge Bases for Amazon Bedrock では、Retrieval Augmented Generation (RAG) をマネージドで提供し、 Amazon Bedrock の基盤モデル (Foundation Model; FM) を自社のデータに安全に接続できます。 RAG ベースのアプリケーションでは、生成された応答の正確性は、基盤モデルに提供されたコンテキストに依存します。基

BigQuery DataFrames と Vertex AI Pipelines による機械学習パイプライン構築

はじめに こんにちは、クラウドエース データソリューション部の松本です。 普段は、データ基盤や MLOps を構築したり、Google Cloud 認定トレーナーとしてトレーニングを提供しております。 クラウドエース データソリューション部 について クラウドエースのITエンジニアリングを担う システム開発統括部 の中で、特にデータ基盤構築・分析基盤構築からデータ分析まで
技術ブログを絞り込む

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?