「SaaS」に関連する技術ブログ

企業やコミュニティが発信する「SaaS」に関連する技術ブログの一覧です。

目標や宣言に対する進捗を可視化する取り組み

初めまして。結婚指輪・婚約指輪のクチコミサイト 「Ringraph」 でエンジニアをしているふじしーと申します。 この記事は先日社内で開催された 「WP HACK DAY」 での開発内容や、エンジニア、デザイナー横断での開発での学びを共有できればと思います。   目次 課題 作成内容 開発での学び 最後に   1.課題 社内ハッカソン、WP HACK DAYでは「クリエイターの一体感作り

AWSジャパン、大学発スタートアップ創出支援に向けて 慶應義塾大学イノベーション推進本部と連携

日本政府は成長と分配の好循環を目指す「新しい資本主義」の実現に向けて、社会課題の解決に取り組むスタートアップがそのドライバーであると捉えスタートアップへの支援を強化し、持続可能な社会を目指しています。さらに、スタートアップ育成5か年計画の中では、グローバル市場での優位性という観点から非言語技術の創出を目指し研究開発型スタートアップへ

2023 年の e コマース アプリ マーケティングに関する AppsFlyer レポート

アマゾン ウェブ サービス (AWS) リテール コンピテンシー パートナーであり、マーケティング測定プラットフォームの AppsFlyer が、 2023 年版の e コマースアプリマーケティングレポート を公開しました。 このレポートは、e コマースアプリの分野を席巻する最新のトレンドと洞察について詳しく説明し、世界 20 か国のベンチマークと、市場ごとのインストール数、リマー

マルチクラウド戦略を策定するための実証済みのプラクティス

エンタープライズストラテジストである私は、マルチクラウドのトピックが、混乱、誤った確信、暫定性をはらんだ多くの議論の中で取り上げられていることに気づいています。企業は、マルチクラウドアプローチを決して採用しないようにというメッセージや、「どの企業もマルチクラウドに切り替えている」のだからマルチクラウドアプローチが必要だ、という相反

【開催報告】アップデート紹介とちょっぴり DiveDeep する AWS の時間 第三十三回 (8/31)

みなさんこんにちは! アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 ソリューションアーキテクトの前田です。 2023 年 8 月 31 日に「第三十三回 アップデート紹介とちょっぴり DiveDeep する AWS の時間」をオンラインで開催しました。本イベントは、AWS の数あるアップデートの中から「すぐ使える、運用に役立つ、あったらいいなと思ってた、おもしろい、重要」なものをピッ

共通ID基盤開発の裏側:OIDCとビジネス要望のギャップ

はじめに 対象読者 主なキーワード 共通ID基盤プロジェクトについて なぜプロジェクトを開始したのか? 共通ID基盤構築の要件 共通ID基盤の技術選定 認証基盤に関連する技術群 どの技術を使うべきか? アーキテクチャの検討 隠れたサービス要件の発覚 サービスに求められる要件について OIDCで必須のOPへのリダイレクト OIDCとサービス要件の不一致 別の方法を探る 1. 主

CatoクラウドのCASBについて

  Catoクラウドの「 CASB 」について解説します。 CASBは、Catoクラウドでは標準搭載機能ではなくセキュリティオプションとなります。サービス体系については以下を参照ください。 Catoクラウドのサービス体系について Catoクラウドのサービス料金を含むサービス体系、オプションやマネージドサービスについて紹介します。 blog.usize-tech.com 2023.08.17   CASBとは CASBとは

【開催報告】Amazon QuickSight Roadshow 東京 2023

2023 年 8 月 4 日に「 Amazon QuickSight Roadshow 東京 ~ QuickSight におけるデータドリブン経営、SaaS 組み込み、そして生成系 AI ~ 」を開催しました。真夏日に沢山の方々にお越しいただき、物理開催ならではの盛り上がりを再認識しました。丸一日かけて Amazon QuickSight に特化したコンテンツをお届けしました。本ブログでは各発表内容を紹介します。 オープニング・ Amazon QuickSig

人魚ラプソディ(mermaid入門)

ALT View on Twitter 長男が藤本タツキの短編にハマっていて喜んでいいのかわかりません。 本稿は、藤本タツキ論ではなく、図解ツール mermaid をauウェルネス開発チームで利用した際のtipsです。 mermaidとは JavaScriptベースの図解ツールです。 ライブエディタ も提供されています。 プラットフォームは、開発に欠かせない各種SaaSでのサポートも進んでおり、notionを導入している

AWS at VMware Explore US 2023 Recap: デジタルトランスフォーメーションを加速させた6年間

2023年8月、 Amazon Web Services(AWS) は VMware Explore US 2023 にグローバル・ダイヤモンド・スポンサーとして参加しました。この4日間のイベントはラスベガスで開催され、エキサイティングな発表、インサイトに満ちたセッション、ネットワーキングの機会で溢れていました。 このイベントは、 AWS のパートナーである VMware と共に、お客様のデジタルトランスフォーメーション

デジタル庁 梅谷晃宏氏/山本教仁氏、登壇。AWS re:Inforce 2023の講演内容をサマリーでお届けします

こんにちは!アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社(AWS Japan)のパブリックセクターチームです。 今回のブログでは、2023 年 6 月 13 日(火)・14 日(水) にカリフォルニア州 アナハイムで開催された「AWS re:Inforce 2023」における、梅谷 晃宏 氏(デジタル庁 エグゼクティブアドバイザー)、山本 教仁 氏(同 シニアエキスパート)の講演内容をダイジェストでご紹介しま

マルチテナントな SaaS プロダクトを作り始めている話

背景 DELISH KITCHEN 開発部で小売向き合いの開発に携わっている大村 ( @kosukeohmura ) といいます。 エブリーでは リテールメディアの構築・提供を通して小売様を支援していく 構想を掲げており、 retail HUB という枠組みでいくつかの SaaS プロダクトを開発・提供しています。開発のフェーズとしてはまだまだ未成熟な部分も多いのですが、今回はその中でもマルチテナントな Sa

ドメイン知識をフル活用した「あと払い(Pay ID)」の新規開発

導入 BASEでは、2023年3月頃に「あと払い(Pay ID)」というBNPL(Buy Now Pay Later)のサービス提供を開始しました。BNPLとは、いわゆる後払い決済のことで、今回、BNPLのシステムを一部内製化した上で、世の中にリリースしました。BASEとしては「決済手段を内製化する」ための第一歩であり、ありがたいことに国内の決済業界で、少しばかり話題になりました。 リンク先:2023/4

プロダクト開発未経験なプロダクトマネージャーがモバイルアプリのリプレイスを成功させた話

はじめに コミューン株式会社でプロダクトマネージャーとして働いている岡上と申します。 コミューンでは「あらゆる組織とひとが融け合う未来をつくる」をビジョンとして掲げ、「commmune」と「SuccessHub」のプロダクトを提供しています。 「commmune」はオンラインコミュニティプラットフォームをノーコードで作成できるSaaSです。toB/toC問わず、スタートアップからエン

プロダクト開発未経験なプロダクトマネージャーがモバイルアプリのリプレイスを成功させた話

はじめに コミューン株式会社でプロダクトマネージャーとして働いている岡上と申します。 コミューンでは「あらゆる組織とひとが融け合う未来をつくる」をビジョンとして掲げ、「commmune」と「SuccessHub」のプロダクトを提供しています。 「commmune」はオンラインコミュニティプラットフォームをノーコードで作成できるSaaSです。toB/toC問わず、スタートアップからエン
技術ブログを絞り込む

タグから技術ブログをさがす

TECH PLAY でイベントをはじめよう

グループを作れば、無料で誰でもイベントページが作成できます。情報発信や交流のためのイベントをTECH PLAY で公開してみませんか?