TECH PLAY Blogs

挑戦し続けるテックカンパニーの技術ブログ

「TECH PLAY Blogs」では様々な企業やコミュニティが発信する技術ブログの更新情報をまとめてお届けしています。
プログラミングやインフラ、アーキテクチャといった技術情報はもちろん、マネージメントや開発プロセスなどIT業界で働く皆様のヒントや刺激になる情報が日々蓄積されています。
知りたい分野がある場合はタグから選択して絞り込むこともできますし、気になる企業やグループはお気軽にフォローしてみてください。
TECH PLAYに会員登録していただくと、週に一回技術ブログの更新情報をまとめたメールをお届けします。

nestjs/swaggerで生成したOpenAPI 3.0の定義ファイルを使ってReDocにWebhookの項目を表示させる

みなさんこんにちはエンジニアのEadaedaです。 皆さんのチームではAPIドキュメントの生成に何をお使いですか?UniqysチームではReDocを使っています。 nestjs/swagger を使ってコントローラーから生成したOpenAPIの定義ファイルを与えるだけでリッチなドキュメントを作ってくれるのでいい感じです。 github.com プロダクトの開発をすすめるうちに、Webhookに関するドキュメントも必

#NestJS #TypeScript 

Goプログラム実行時間の短縮

こんにちは。生産プラットフォーム開発部の中嶋です。生産プラットフォーム開発部はアパレル生産のDXを進めている部門です。具体的には服作りのIT化を含めたアパレル生産の効率化の促進と「生産支援」のシステムを主にGoで開発しています。今回はその運用の中でGoプログラムの実行時間をどのように短縮したのかを紹介します。 目次 目次 学べること・解決できるこ

#Docker #Ubuntu #Go #SRE #インフラ #プログラミング #ネットワーク 

Apache Hudi を用いてレコード単位で削除可能なデータレイクを構築した話

2022/05/25
Yahoo!広告のデータレイクに Apache Hudi を導入し、削除・更新が可能なデータレイクを実現した事例を紹介します。

#AWS #オンプレミス #Presto #Apache Spark #Apache #Avro #SQL #Hadoop #機械学習 #データ分析 

カケハシをデータドリブンな組織に!全社横断的なデータ基盤を組成しました!

こんにちは、カケハシでデータ基盤チームの開発ディレクターをしている松田です。 2022年に、「カケハシはデータについて本気で取り組んでいくぞ!」と意気込み、 全社横断的な組織としてデータ基盤チームを組成しました。 今回はそのデータ基盤チームについてと今後の取り組む重点的課題について紹介して、 本気度を感じてもらえればと思っています。 全社横断

#Redash #DX #データ分析 

データカタログを作成してZOZOTOWNデータベース定義をまとめた話

こんにちは。ZOZOTOWN開発本部 バックエンド1ブロックの山本です。普段はZOZOTOWNのバックエンドやマイクロサービスAPIなどの開発に携わっています。 ZOZOTOWNは膨大なデータを有しており、テーブルやカラムの数も膨大です。しかし、ER図やテーブル定義に関するドキュメントは手動で更新されていたため情報遅れが生じ、信頼性が低いものとなっていました。 本記事ではそ

#Ruby on Rails #Python #MySQL #SQLServer #Vue.js #データベース #Microservices #アーキテクチャ 

オライリーの技術書全巻導入〜開封の儀

2022/05/24
こんにちは。技術広報(的なこと)を行っているあきです。 エンジニアなら誰でも知っているオライリーの技術書。書店の技術書コーナーで個性的な動物がずらりと並んでいるのを見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。 「すぐに必要というわけではないけど、気になる本がたくさんある」という声が多いですよね。ということで、飯田橋のテックセンタ

ZOZO Tech Talk #7 - Android

こんにちは、ZOZO CTOブロックの @ikkou です。 ZOZOでは、5/23に ZOZO Tech Talk #7 - Android を開催しました。 zozotech-inc.connpass.com 本イベントは、これまで夕刻に開催してきたMeetupとは異なり、ランチタイムに開催する「ZOZO Tech Talk」シリーズです。ZOZO Tech Talkでは、ZOZOがこれまで取り組んできた事例を紹介していきます。 第7回はネイティブアプリ開発の中で、特にAndroidにフォーカス

#Android 

【CI/CD】Bitrise、Fastlaneで取り組むiOSアプリ

はじめに こんにちは、 id:FM_Harmony です。 ラク スの一部サービスでは iOS 向けのアプリを提供していますが、 今回はそれに関連して、 iOS アプリ開発 のCI/CDについてまとめてみました。 これから iOS アプリ開発 のプロジェクトを始められる方、 既にあるプロジェクトにCI/CDを導入する方の参考になれば幸いです。 なお、「CI/CDとは?」といった部分に関しては、過去の記

#iOS #Android #fastlane #React Native #Flutter #Git #PaaS #MR #Jenkins #テスト 

「新しいおうち探し」のためのAIアシスト検索 〜 Yahoo!不動産の技術紹介

2022/05/23
Yahoo!不動産におけるAIアシスト検索が、クラスタリングや深層学習といった手法を使って、どのように実現されているのかを紹介します。

#Deep Learning #フロントエンド #テスト #機械学習 

"ピープルアナリティクス"のcertificationを取得しました!

みなさん、こんにちは。コーポレート本部コーポレートHRユニット人事部の今村と申します。 私自身、人事部ではここ10年ほどは人材開発、組織開発にどっぷり関わってきたのですが、今年から「ピープルアナリティクス」というテーマに取り組んでいます。 「HRアナリティクス」とか「データドリブン人事」とか表現はいろいろありますが、要は 「人」に関する取り組

#アジャイル #数学 

SentryのPerformance MonitoringでCore Web Vitalsの監視を始めた話

2022/05/20
こんにちは。クルーズ株式会社CTOの鈴木です。 以前の投稿で「 フロントエンドのエラー監視Sentyを導入した話 」でSentry導入の話をしましたが、コアウェブバイタルの監視についてもSentryで最近行うようになったため事例共有をしたいと思います。 Core Web Vitalsの重要性 2021年に Google は、Webページのユーザー体験(UX)の向上を目指して、Web Vitalsという概念を導入すること

#Google Analytics #Laravel #CSS #CDN #フロントエンド 

kubie ctxでコンテキストを切り替え、より安全にk8sでの作業を行おう

2022/05/20
はじめに こんにちは WESEEK でわりと何でもやっている haruhikonyan です。 今やデファクトとなりつつある kubernetes(以下k8s) ですが読者の皆様は k8s のオペレーションをする際のコンテキスト切り替えはにはどういったものを使っていますでしょうか。 以下のようなものがあると思います。 デフォルトの kubectl config use-context 割と使っている人が多そうな kubectx そして今回紹介

#Kubernetes #テスト 

【オンラインMeetup イベントレポート】ZOZO Tech Talk #6 - iOS

こんにちは、ZOZO CTOブロックの @ikkou です。 ZOZOでは、5/16に ZOZO Tech Talk #6 - iOS を開催しました。 zozotech-inc.connpass.com 本イベントは、これまで夕刻に開催してきたMeetupとは異なり、ランチタイムに開催する「ZOZO Tech Talk」シリーズです。ZOZO Tech Talkでは、ZOZOがこれまで取り組んできた事例を紹介していきます。 第6回はネイティブアプリ開発の中で、特にiOSにフォーカスした

#iOS 

シラバス改定後初のJSTQB ALTA試験受けてきた #1

2022/05/19
こんにちは。2回目の登場、ゆうゆうです。 1回目からだいぶ時間がたちましたね。気が付くと新年度から早1か月以上が経過。私も新生AGESTのメンバーとして新たなスタートをきりました。なにごとも新たに始めるのはいろいろ大変だけど、わくわくもいっぱいです。1年後に自分たちの会社がどんな会社になっているか、今から楽しみです。 JSTQB Advanced Level テストアナリ

異分野の知見を活かす、DevOpsの実践: Learning from Other Fields

冒険。ロマン。 船はその文明、文化における最新技術の結晶 と水中(船舶)考古学は伝えます。今の時代ならば宇宙分野もそうかもしれませんね。昨年2021年の12月、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げられています。望遠鏡に代表される新しい「観測手段」が新しい発見を導くことは常に期待されていますし、 機械部品が少ないだけ故障の心配も少ない 面も興味

#SaaS #テスト #設計