web.item.blog

挑戦し続けるテックカンパニーの技術ブログ

答えのない、マーケティング×AIの世界への挑戦

2021/10/05
答えのない、マーケティング×AIの世界への挑戦 2021.10.5 マーケティング・ディレクター 和田 崇 概 要 製品、価格、流通、広告。「マーケティング」という概念は非常に広い領域を指し、その対象範囲は多岐にわたります。顧客の体験価値を高めるために行われるあらゆるマーケティング活動に対して、AIはどのように活用できる可能性を持っているのでしょうか。今回

#オムニチャネル #デジタルマーケティング #ビッグデータ #機械学習 #Deep Learning #データ分析 #アルゴリズム #CS #設計 

AWS CDKによるデプロイ作業を高速にするには?

1日に飲むコーヒーはカップ3杯までと決めています。 プラットフォームチームのさだです。 デプロイが遅い 私たちのチームは、弊社の各サービスから利用される共通の認証基盤を開発し、またそのアカウント管理機能をユーザー向けに提供しています。本番環境をリリースするときは次のような手順でやっています。 リリース作業開始の社内アナウンス バックエンドを

#AWS 

Node.js|EventEmitterの使い方解説

2021/10/01
この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。 WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。 はじめに こんにちは、システムエンジニアのかおりです。本記事では、Node.jsのEventEmitterについてお話します。この記事で取り上げる内容は以下になります。 Event Emitter とは 何かの

#Node.js #React 

化学のような、AIと産業の融合。MIの新価値

2021/10/01
化学のような、AIと産業の融合。MIの新価値 2021.10.1 概 要 国内を代表する輸出産業の一つである化学業界では、近年、「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」をはじめとしたAI技術の活用が注目を集めており、研究における新たな付加価値の醸成や効率化を目指す動きが見られるようになっています。一方で、他国にシェアを奪われている領域も少なからず存在し、

#ロボット #IoT #データベース #機械学習 #設計 

【入社エントリ】巡り巡ってコミュニケーションに向き合うエンジニアのお話

ご挨拶 2021年9月にスマートキャンプ株式会社に入社しました林です! そろそろ入社して1ヶ月が経つので、入社した経緯や入社してみて感じたことを、熱のこもった自己紹介と共に振り返っていこうと思います。 ご挨拶 これまでの経歴 学生時代から就職まで 就職からスマートキャンプへの転職まで なぜスマートキャンプを選んだか コミュニケーション能力を鍛えられそ

#Node.js 

ミイダスにCTOを設置した背景と、これから取り組んでいくこと

皆さん、こんにちは。2021年8月よりCTOに就任したyuji.otaniです(7月まではVPoEでした)今回の記事では組織にCTOを設置した背景と、これから取り組むことについてお話します。なぜCTOを設置したのか

#チームビルディング #プロダクトマネジメント 

クラウドコラボレーションサーバ「Collabora Online」を構築してみた(2) 〜構築方法とコミュニティ〜

この記事は、2021年8月28日(土)に行われた オープンデベロッパーズカンファレンス(ODC)2021 Online での セミナー を記事化したものです。 はじめに 前回の記事 では、Collabora Onlineの概要や使うメリットを説明しました。それに続いて今回は、Collabora Onlineの構築方法や、開発コミュニティの体制などを紹介します。 システム要件 Collabora Onlineのシステム要件は条件によって違っ

#MySQL #Linux #Apache #Docker #Nginx #GitHub #Kubernetes #ネットワーク #OSS #セキュリティ 

Rails|CanCanCanの使い方解説

2021/09/30
この投稿は、弊社が提供するWESEEK TECH通信の一環です。 WESEEK TECH通信とは、WESEEKのエンジニアがキャッチアップした技術に関する情報を、techブログを通じて定期的に発信していくものです。 はじめに 今回の記事では Rails の権限管理 gem である CanCanCan について、導入手順と機能の解説を行います。導入手順を飛ばして機能の解説を読みたい方はこちらを押してください。

#Ruby on Rails #Ruby 

【MIIDAS, Tech team Interview】VPoE 大谷 - 目の前の課題に全力で取り組み続ける 私が歩むキャリアと目指す未来 vol.3

MIIDAS, Tech team Interview は、ミイダスで働く開発組織の人々に「担当業務や働くモチベーション、今後のキャリアや目標」など具体的に聞いていくシリーズ。第三回目は、ミイダス VPoEの大谷が歩んできたキャリアと目指す未来について。これまでに取り組んできたこと、どのように壁を乗り越えてきたか、など具体的な話を聞きました。vol.1 https://note.com/miidas_tech/n/n02e883db9d1

#キャリア 

画像認識技術、サービスの自社利用

セーフィーでCTOをさせて頂いている森本です。 なぜ顔認証で勤怠管理をすることに 実際のニーズ 実際にやってみた内容 1. 電子錠のリモート開閉 2.顔認証によるドアの解錠管理 1-1.セーフィー対応カメラによる解錠管理 1-2.タブレットによる解錠管理 1-3.細かなチューニング 3.顔認証による勤怠管理 最後に 久々の投稿となってしまいました。 先日の記事 で顔認証で勤怠管

#Android #API 

To Get the Best Out of a BERT Model

2021/09/29
To Get the Best Out of a BERT Model − BERTモデルを最大限に活用する − 2021.9.27 Machine Learning Engineer Zhao Xinyi (※このコラムでは、当社が開発した機械翻訳モデルによる日本語訳を各セクションに掲載しています。翻訳文は、その性能を実感いただくことを目的に、いくつかの用語を置き換える以外は人手による修正は行なっておりません。そのため、一部文章に不自然な箇所も含

#MeCab #GitHub #TensorFlow #テスト #Deep Learning #アルゴリズム #数学 

Acronis実践的なバックアップ

Acronis Cyber Protect Cloud を使用した実践的なバックアップの取得方法を、エージェントのインストールや計画の作成方法の説明を通して、ご紹介します。 エージェントの配置(サイレントインストール) Acronis Cyber Protect Cloudはエージェントベース(※エージェントレス環境もあり)で動作します。エージェントはAcronis Cyber Protect Cloudのコンソール上よりダウンロードすることがで

#Windows #Linux #ネットワーク #設計 

インシデントふりかえりの6つのポイントとふりかえりガイド

インシデントのふりかえりをしたくても、そもそもやり方がわからない、ネットの記事が乱立していて適切かどうかわからない方は多いでしょう。このガイドでは、効果的なインシデントふりかえりにあたり、6つのポイントを記述しています。 ふりかえり6つのポイント ふりかえり後に学びが増えている 得られた知見を共有できている ふりかえり後に仕組みが改善でき

既存RailsアプリをSSO化して本番環境で活用した話(後編)

2021/09/28
この記事は、2021/9/16 に行われた WESEEK Tech Conference の内容のうち、後編の「OpenID Connect 基盤で複数のバックエンドの認証、認可を統一した話」の部分をまとめた記事となります。 目次 実現したこと まず、最初に本記事で実現したことをご紹介します。 認証認可部分の実装をサービスの外に出し、共通化した どのようなサービスに対しても、OIDC 基盤と nautilus 上にあるユ

#Kubernetes #Ruby on Rails #API #tmux #OSS #OpenID 

Document Analysisのオープンデータについて

2021/09/27
はじめに テキスト情報から自然言語処理の機械学習モデルを構築する際には文字列データのみが解析の対象になりますが、文書全体から情報を抽出するモデルを構築する際には、文書レイアウト情報が重要になります。 通常の自然言語処理とは異なり、文書レイアウト情報は画像も入力の対象として想定されるため、文字の位置を表すBounding Box等がアノテーションとして